子供のお片付け

心配されると弱くなる?愛情のかけ方のベクトルの向き

子供を心配するのは親の役割?その愛情のベクトルの向きは、あなたの子供に対して適切なのか。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

本当の意味で『後悔しない家作り』に、ママの笑顔は必須条件!家作りに織り込むのが難しい「女性の気持ち」もしっかり考えてコストダウンも目指す家作りスキルアップコミュニティです。まずは無料Facebookグループにご参加ください✨

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

お友達ママが子供の反抗期で悩んでいました。

ホント―――に、深刻な感じで。

「勉強しないし、言う事も聞かない。いつも私は怒ってばかり。まりちゃんちはどうやって子育てした?」

 

■「怒る」と「信じる」どちらが子供を伸ばすのか

 

私の息子は、大手ゲーム会社に就職し、生き生きと働いています。

しかし、もともとは、ゲームとマンガに囲まれた汚部屋の住人でした。

 

こんな仕事をしている私ですが、その当時は息子の部屋の掃除にかんしては、放置してました。

それに実は、ここだけの話、ゲームの時間も規制していませんでした。

(息子は夜中に起きだしてゲームをしていたらしい・・・(-“-))

 

家事負担としては、食後の食器洗いを担当してもらっていました。

 

私が忙しくて時間も余裕もなかったから

子供をどうにかしようと、頑張るのをやめていました。

 

無駄に心配したりせず

無駄に怒ったりもせず

ただ「息子の個性」を認め、信じる事にしたんです。

 

 

今から思えば、かなりの賭けですが・・・

彼は彼なりに、「自分で生きていかないとだめだな」とどこかで思ったのか

ちゃんとした大人になってくれました。

私が頼りなかったのも、彼の自立には役立ったかもしれません。(←たぶん、これが一番大きい私の功績だと思う。)

 

どんな状態でも、息子の在り方をまるっと認め信じ否定しない。

親は薄目で(しっかりと見つめるとハラハラするから)

そっと見守るくらいでいいんじゃないか・・・というのが、私の考えです。

 

ちなみに、私のこのグダグダな子育て話を聞いた後、

悩んでいた友人は「なんか心が軽くなって肩の力が抜けたら、子供も少し反応が変わった」と

後日伝えてくれました。

私のアカン子育手の話が役に立ってよかった。

 

 

■「怒り」という感情を使うと、冷静さを失い判断を誤る

 

なぜそんな考え方になったかというと

自分が自分の親の口出しで、冷静さを失い、人生の判断を誤ったという手痛い失敗をしたからです。

 

心配のあまり、怒ったり、言う事を聞かそうとすれば、子供は反発して冷静な判断が出来なくなる。

 

 

それに、「心配」って、「不信」の裏返しでもあるから

親が自分に対して、「心配」して、「あれこれ口出し」してくると、子供は

「自分を信頼していないんだな」と悲しくなってしまうんです。

 

 

ほんとうに「心配」は親の愛情・・・なのかな??

 

子供が

一番自分の力を発揮できるような環境を作るためには

自分自身がどんな親であることなのか。

 

自分の子供時代の事を振り返ってイメージしてみるのもいいかもしれませんね。

最適な形は、子供によっても違うと思いますから。

 

 

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. 子供のお片付け

    子供に無駄に『お片付け劣等感』を抱かせない。

    こんにちは。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。…

  2. 子供のお片付け

    子供はほっといても育つ説

    息子が帰省中は、ついついちやほやと世話を焼く世間一般の母。…

  3. 子供のお片付け

    『早く片付けしなさい!』て、最近言わなくなったな。と思えるセミナーを開催します。

    節分も過ぎて、一年の始まりの日は真っ白な雪。心新たにスタートを切り…

  4. 子供のお片付け

    【持論】子供の片付けは「親子関係」が9割

    こんばんわ。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です…

  5. 子供のお片付け

    子供の片づけは「コミュニケーション8割」

    子供のおかたづけは、正直、どんな方法でもかまわない。大切なのはただ一つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    家族が手伝いやすい仕組み作りノウハウ集
  2. ファッション迷子の奮闘記

    【「思い込み」を手放せシリーズ】おしゃれはコンプレックスとの闘い!?プロに手持ち…
  3. 家庭科・エシカル消費

    目隠しはもう外していい。アフターコロナの世界「理想のゴールの明確化」パート2
  4. 「捨てられない」

    「片付け」から逃げたい!その心は「くさいモノに蓋」理論
  5. お片付け

    【甘かった!】引っ越し前オーガナイズは完璧にやるに限る。
PAGE TOP