家庭科・エシカル消費

お母さんのおにぎりは捨てられないのに、服は簡単に捨てられるのはなぜ。

服を買う楽しさを否定するつもりはないけど・・・

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

鳴門教育大学「エシカルファッション研究」は、

本当にいろいろと考えさせられる研究テーマです。

というのも、

地球的規模のエネルギー問題や、社会問題と、

私たちの日常があまりにもかけ離れていて、

 

情報として「アパレル業界の闇」の話を伝えたとしても、

すぐにはピンとこないし、

来たとしても

「とはいえ、私たちに出来る事なんて、ないしね」「安いほうがうれしいしね」

みたいな気持ちになります。

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』

 

わたしだって、結局はプチプラファッション愛用者であり、

「国産の良心的なアパレル会社の服しか着ませーーーん!」なんて、意思表明できませんし(´;ω;`)

時々の買い物で「わーい✨」みたいな気持ちを味わっている、

皆さんと全く同じようなライフスタイルを送っているのですから、

えらそうなことなど、言える立場では無いのです。

 

■とはいえ、「関係ない」で本当にいいの?

素敵なお洋服、いっぱい欲しいもんねー。

 

とはいえ、とはいえです。

 

このまま「でも仕方ないよね。私たちに出来る事なんて無いんだから」と

あきらめて、

頭の中からすっかりと「アパレルの闇」を忘れ去って、

プチプラの服や、

いや、プチプラの服でなくてもです。

 

服を大量に所有し、

そんなに着る事なく、クローゼットの肥やしにして

あまり着ないから、とアッサリ捨てる。

そして、また買う。

 

というサイクルを続けている事に、

胸も傷めないって、

 

それって、人間として、どうか・・・・!?という根本的な話でもあります。

 

「買う」という一瞬の快楽のために、

「服」というモノを無駄にしている事。

「安かったからいいじゃないの・・・」と思うかもしれませんが、

 

それは、農家の人が精魂込めて作ったお米を、

ザラザラと生ごみに捨てる以上の、

「ものすごい罰当たり」な事かもしれません。

 

米と服、比較しようはないけど、

想像するだけでも、

服をデザイン、企画する人、縫製工場で働く人、運搬などの移動距離でかかる石油や二酸化炭素排出、コットン等の材料の生産過程と使う農薬の量、布を作る段階で使用し汚染する水の量、労働環境の悪さによる社会的影響、過剰な在庫が生まれる流通の仕組み・・・

それらが、その安い価格の中に、ぜーーーんぷ含まれていて、なおかつ「アパレルトップは大儲け(坂本先生談)」

なんて、なんでそんな事出来るの?

 

どう考えても、そのプチプラ服生産に関わっている海外の人達は、賃金めっちゃ安いよね?

 

もし、「いや、私たちは服を作る仕事ですごく幸せに豊にくらしているよ」と言ったとしても、

 

その人達が作ってくれている、「服」を、

一回も着ずに捨てるとか、

 

おかあさんが作ってくれたおにぎりを、地面に落として踏みつけるようなもんよ?

 

服はミシンで作っているんだよ。だいたいのものは、まだ人の手で作っているんだよ。

細かいはみ出た糸を、ちまちまと人の手で切っているんだよ。

めんどくさいんよ。一枚作るにも。

 

工場の流れ作業だとしても、

すごい手間がかかっているはずだ。

 

それを「安いから」とかって、

 

お金の価値が、そのモノの価値とイコールだなんて、思ってしまっている自分の思考を

いったん疑ってみてもいいんじゃないの。

 

 

 

■エシカルファッション啓発は苦しいし、希望もないが私たちは目覚めなくちゃいけない

 

人生の楽しみの大きな部分を、「安くて新しい服をショッピングしてワクワクする事」で満たしている人に、

エシカルファッションの情報を伝える事は、とても気持ちのいい役割ではない。

 

それに、問題視されている大手アパレル会社だって、どんどん仕組みが改善されて、

今は素晴らしく変わっているかもしれない。ずいぶん「サスティナブル」という言葉も浸透してきているみたいだし。

 

それに、私は、

環境問題や社会問題をバリバリ啓発している団体が、絶対正しいと思っているわけでもない。

 

世の中はわからない事だらけだし、

何が正解で何が不正解かもわからない。

 

 

でもね。

 

 

おかあさんの作ってくれたおにぎりを、

地面に落として、あしで

踏みつけるのは、絶対に違うよね。

 

自分に必要なモノ以外の、多すぎる「モノ」を抱え込み、

感謝もせず、罪悪感も覚えず、安易に捨てる事は、

 

おにぎりを踏みつける行為と、どこも変わらないと私は思う。

 

 

必要なモノを、必要なだけ、感謝していただく。

 

 

これを豊かな国の人が当たり前に実践するようにならないと、

地球の資源は、すべての人には均等に行きわたらないような気がするから、

小うるさいようだけど、

今日も語りました。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

サービスメニュー

ずっと幸せに暮らす技術「住みこなすチカラ」って何?前のページ

エンプティカロリーと「服買いすぎ問題」と満足できないマインド次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    セカオワに見る「社会貢献」と「自分のため」

    何かにハマったら、猛烈にいろいろと調べまくってしまう一面を持つ私。ちな…

  2. 「捨てられない」

    「片付け」から逃げたい!その心は「くさいモノに蓋」理論

    多くの人が「片付け」を苦手、めんどくさい、逃げたい、と思う理由。…

  3. 家庭科・エシカル消費

    【自分ユニフォーム】試行錯誤の末の春のUNIQLO禁断の「色ち買い」

    今年も開催します!日本ライフオーガナイザー協会主催【Get O…

  4. 家庭科・エシカル消費

    【絡み合う糸】「家政学」と「オーガナイズ」と「SDGs」と

    こんにちは!ゴールデンウィークも明けて、ぼんやり頭を振り絞り、現実…

  5. 家庭科・エシカル消費

    【食品ロス削減の具体的アイデア】注意!特別な日のメニューと量

    こんばんは!徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。…

  6. 家庭科・エシカル消費

    家族が手伝いやすい仕組み作りノウハウ集

    ■徳島脱力系ライフオーガナイザー®・インテリアコーディネーター竹内真理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. 未分類

    「今年こそ!」達成できる目標の立て方、見つけました。
  2. お片付け

    変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援
  3. インテリア

    「仮住まいだから愛着がわかない」?
  4. 波動

    【コロナ離婚】家族内コミュニケーションの試練
  5. メンタル

    「お得」の裏側を考える。
PAGE TOP