お片付け

ライフオーガナイザーは「命綱」!?恐怖【全出し】を乗り越えるために必要な「信頼の力」

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

~おうちと暮らしのセカンドオピニオン~展示場に行く前に!家作りの始まりを建築系片づけのプロ ライフオーガナイザーと一緒に考える愛ある「これからの家作り」コミュニティ

 

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

先日友人に誘われて、よくわからないままに

祖谷の山奥にあるアスレチックにいったんだけれども

命綱をつけて、高っかい木の上に作られたロープを渡っていくという

高所恐怖症真っ青のアスレチックでした・・・!

 

まあ、私、とくに高所恐怖症ではないので、

けっこう平気で難易度の高いアスレチックもホイホイとクリアしていけて

よくある「まだまだ若いもんには負けんぞ」と言うオヤジのような気持ちで、

「まだまだ若いもんには負けんな」と内心思いました。

 

■高い場所にあるロープを渡れるのは「命綱」という安心があってこそ

 

まるで忍者のように、堕ちたら絶対に死ぬ高さの狭い場所で、超平気でいられる自分が

「自分てすごい」と思ったけど、

これ、

命綱に対する絶大な信頼があってこそ・・・なんだよね。

 

別に命綱があっても、それで助かっているわけでもなく

ふつうに自分のバランスでアスレチックを超えているんだから

無くても出来るはずなんだけど

 

もしこの命綱が無かったら

「落ちたら死ぬ」という事で頭がいっぱいになって、

乗り越えられるアスレチックも、膝が震えて無理だろう。

つーか

その場所に行くまでも無理かもしれない。てか無理だ。

 

「これがあるから大丈夫」という安心感ってすごい力を引き出すなぁ。

 

■一人ではできない片づけができちゃうのは、ライフオーガナイザーという「命綱」があるから

 

もしかしたら、片づけが一人で出来ない理由って、

この「恐怖」との闘いなのかもしれない。

 

だって、片づけをしているときって、一時的にすんごい量の「モノ」が

全部表に出て、とんでもなく散らかるからだ。

 

どんどんどんどん、押し入れの中から

いろんな分類されていない、昔のモノが出てきて、

「どうすんの、この状態💦」みたいになってしまう。

 

途中で「これ、自分で片づけられるのかな」「このまま最後まで出来なかったら、この惨状をどうすればいいんだろう」

という恐怖に駆られたら

 

全部出す事など、不可能になって、

結局は「見て見ぬふり」をして現状を封印するしかなくなってしまう。

 

片づけに悩む多くの人は、たぶんそんな感じなのかもしれない。

 

 

■行動を制限しているのは「恐怖」

有名な「嫌のかずら橋」。こちらはもちろん命綱とか無いから、怖い人は結構へっぴり腰になる。きれいな川の水にうっとり。

恐怖という感情は命を守るために必要なものであって

悪いものではないけど、

片づけをするときに起きる一瞬の混乱状態を

「怖い」『元に戻らなかったらどうしよう』と感じてしまう気持ちが強いと

確かに片づけするのが難しくなるよね。

 

何時間も、何か所も、集中して片づけに取り組むのも

「途中で力尽きたら元に戻せない」という恐怖との闘いになる。

 

プロが一緒にいる事で

「どんなに大変な事になっても、最後はなんとか収めてくれるはず」

という安心感を持てるから

どんどん片づけが進むのだと思います。

 

 

「一人ではできなかった」とお客様がいつもおっしゃってくれるのは、

私が特別な収納テクニックを披露したわけでもなく、

一瞬で片付く魔法をかけた訳でもなく

ただ

一緒にいて、

モノを出してあげたり、分類のカテゴリーを決めてあげたり

ゴミの処理をしてあげたり、同じ仲間でわけてあげたり・・・と

そこまで大したことをしていくて

 

判断しているのは、当の本人だけ・・・なのに

 

そんなんだったら、自分一人でも出来るかも・・・的な感じだったりもするのに

 

「それでも、一人では無理だった」と言ってくださるのは

この

「命綱」的な役割を、私が果たしているから・・なんだろうな。

 

かずら橋名物、「でこまわし」。あまい田楽味噌とそば団子が最高においしい✨大好き♡

「潤滑油」だったり「命綱」だったり💨

まあまあ、地味なんですが・・・・

 

私を必要としてくれている人がいる限り、

どこにでも、いきますよ✨

 

 

今週末は、海を渡って淡路にも行きます。

楽しみだなあ✨

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. お片付け

    「使いにくいウォークインクローゼット」改善案竹内バージョン

    ウォークインクローゼットといえば基本的には枕棚&パイプハンガーがどーん…

  2. お片付け

    【STAY HOME】動画の背景でバレる!?到来、嘘のつけない時代。

    オンラインzoomとか、ティックトックとか、動画って油断するとリアルな…

  3. お片付け

    収納スペースはもっと減らせる!?引っ越し前後オーガナイズで気が付いた「収納グッズ信仰」の弊害

    この世の中で一番収納スペースを食っているのは、もしかして「収納グッズ」…

  4. お片付け

    ホンマルラジオでライフオーガナイズを叫ぶ。

    ホンマルラジオ。お友達の八重さんがパーソナリティだからと調子に…

  5. お片付け

    片付け・掃除のモチベーションを上げる方法を考えてみた。

    みんな「料理」は好きなんだけど、「片付け・掃除」はめんどくさい。その理…

  6. お片付け

    収納スペースがどんなに広くても、マインド次第では埋まるのは一瞬

    そこそこ床が見えないくらいのお部屋にお住まいの場合の対処法。■徳島…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    【バックヤード理論】『魅せる』と『くつろぐ』は今の日本では両立しない説
  2. 家作り

    【期間限定公開】散らかっても気にならない家の作り方。
  3. 未分類

    【祝✨開業5周年】エクリュプラス 5つの新キーワード
  4. 子育て

    【子育て】「親が一番わかっている」?子供の「本当」を見るために必要な親のスタンス…
  5. インテリア

    本物を見る目を持つ事と「片付け」の関係性
PAGE TOP