「捨てられない」

【密度120%研究室オーガナイズ】何でもかんでもプラスチックファイルに入れるなかれ

今年もやってもいりました。鳴門教育大学「男女共同参画子育て世代教授の仕事環境を改善するためのオーガナイズ」。

 

【お問い合わせフォーム】片付けサポート・インテリア相談・建築バース教室・片付け数秘オンライン、各種セミナー等のお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

おはようございます!

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

竹内真理のプロフィールはこちら

その他各種SNSはこちらから

https://lit.link/ecruplus

 

今年度も始まりました。

鳴門教育大学の研究室オーガナイス。

本日もユリチャンと二人で元気いっぱい出動しました。

 

今回のご依頼教授の部屋は「密度120%研究室」。

ほんとに、ほんのうっすい冊子すら、本棚のどこを探しても入らんのよ。

 

みっちみちなの。

 

そして、さらに手前に収納を増やし始めている。

教授の願いは「今使っている書類を置くスペースが欲しい」と言う事。

収納スペースがないから仕方なく

テーブルの上にどんどん置いちゃうのを防ぎたいんだって。

 

たしかに。

 

 

この密度120%な空間を、どのように片づけていくか。

今日はそんな話。

 

自分の現在地を知り理想を手に入れる「片付けの羅針盤」

毎月はじめにゆるーい手描きのニュースレターが届きます。片付けモチベアップにご活用下さい✨

 

■ 捨てるのが苦手ならは「箱詰め保管」で積み上げて。

わたしのイチ押し書類管理は「積み上げファイリング」ほとんどの書類は再び見る事はないとはいえ、すぐに捨てるのは勇気がいりますよね。時間と共にいつかはいらなくなる書類はこんな方法で楽々管理。

 

お話を聞く限り、どんどん増える書類に対して、排出する仕組みが出来ていないのが問題だと思った私達。

 

でも、捨てる決断が苦手という教授のために

「箱詰め保管で部屋の隅に積み上げる」という提案をする事に。

これなら捨てずに本棚にスキマを作る事が出来る。

 

こうしてなんとか

机の上に積まれた「今一番使う書類たち」を

ポン、と平積みできる空間を、

本棚のゴールデンゾーンに作りたいというのが

一番のねらいだ。

 

そのために、まずは作りやすいところから「スキマ」を作る。

 

捨てられないなら捨てなくていい。

まずは「分ける」。

使用頻度の低い書類はどれ?

 

 

■片付けはやるほどに「モノを見極める目」が育つ

 

残しておくべき書類は何?

 

「二軍書類保管BOX」を積み上げるスペースをどこにするか

どこから手を付けたら一番効率がいいか。

 

なにより

プロと一緒にやる事のメリットは

「今考えるべき事」を常に目の前に提示してくれるから、

迷う事なく、ひたすら「決断」のみに集中できる事。

 

「棚からモノを出す」「種類別にわける」「ゴミ処理をする」などの雑務を任せられるだけではなく

考え方のサポート

自分では気が付かない『こうすべき』の囚われを解除できる事かもしれない。

 

 

■密度を薄くする簡単テクニック「分厚いファイルを出来るだけやめる」

 

今回の作業で気が付いたのは

「ファイルでスペースを取っている」

と言う事。

 

 

書類の整理にはつい

ファイルに入れなきゃ・・・と思ってしまうけど、

 

蓋を開けてみれば、そこまで立派なファイルが必要ない事が結構ある

 

 

ただ閉じるだけでいいなら、

ぺらっとした一枚のクリアファイルではさむだけでもいいし

なんなら、穴をあけて、黒紐で閉じる昔ながらの方法でもいい。

しょっちゅう使う資料でないなら、これが一番省スペースかつ、低コストだ。

タイトルはラベルシールでつけて置けば十分。

 

封筒にガサっと入れて、立てて並べる゛だけのファイリング方式もある。

これらなら捨てる時も簡単なんだよ。

 

 

一般の家庭なら、そこまでして保管するような資料もないだろうけどね。

 

 

 

 

世の中にたくさん出回っている「収納グッズ」を活用するのはいいが

「なぜそれでなくてはいけないのか」をちゃんと考えている人が少ないような気がするんだ。

 

なぜこの大きさのケースにいれなきゃいけないのか。

ケースやファイルは本当に必要なのか。

今もその場所にそれがある必要があるのか。

 

ひとつひとつの事について「それは必要なのか」を問い続ける事でしか

スッキリライフは手に入らない。

 

 

ま、いつもじゃなくても、たまにでもいいんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の現在地を知り理想を手に入れる「片付けの羅針盤」

パース教室

【片付けクライシス】あなたはオタク?それとも一般人?前のページ

「ダメな母親としてのモデル」を見せる事のメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 「捨てられない」

    ライフオーガナイザーは「捨てろ」とは絶対に言わない。

    ほんとにね。【片付けのプロ」といえば、なん…

  2. 「捨てられない」

    「捨てられない」を研究するシリーズ

    やっぱりどうしても、片づけをしていたら「モノが捨てられない」という壁が…

  3. 「捨てられない」

    「ずっと飽きないモノ」と「すぐに魅力がさめるモノ」

    食器も一つの文化。ただ物が少ないだけじゃ、つまらないという一面もあるん…

  4. 「捨てられない」

    買い物上手のおしゃれママになるための、ちょっと本気の「衣替え」のコツ

    急に寒くなってきましたね💦急遽長袖を引っ張り出してきた人も多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. 収納実例

    【子供部屋の片付く仕組みづくり】空間が子供たちの「やる気」を作り出す!親がやるべ…
  2. メンタル

    【限界stayhome!】精神的ストレスを乗り越えるための「空手」プチテクニック…
  3. 未分類

    「平成」振り返りと、「私がライフオーガナイズで変化出来たこと」
  4. 賢い消費者になる

    【防災と片付け2】このレベルなら今すぐ出来る❗️防災持ち出し袋リストと食品庫の整…
  5. 家作り

    【家事楽・洗濯物問題】大人気!衣類乾燥機・乾太くんの意外な盲点
PAGE TOP