家庭科・エシカル消費

【エシカルファッション】私はこうする!倫理的におしゃれを楽しむ方法

服を買いすぎる元凶は「おしゃれ着」だったわ。結論・少ない服でオシャレに見せる方法はこれしかない。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

コストを抑えながら、自分達にちょうどいい暮らしやすい家作りには準備が大切!今までにない家作りの考え方を三か月6回講座で学ぶうちカタ塾、第一期生募集開始しました!

 

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

時々重たい話をして、みんなのテンションを下げる私ですが、

昨日もこんなブログを上げちゃいました。

【どうなる?】これからのファストファッションと問われる「良心」

 

■もしかして地球温暖化以上?大量生産型アパレル産業

 

アパレル産業は、実はものっっすごく環境に負荷をかけています。

ブログに書いたように、縫製の現場での人の労働搾取だけではなく

生地の生産にもすごい量の「水の汚染」という問題があるし、

綿の生産による、農薬の健康被害や、土地の農薬汚染、もちろんこちらも水の汚染などもある。

生産した服の半分は売れずに捨てられている・・という話もあるようだ。

 

知れば知るほどに、

「服をめちゃ買って、めちゃ捨てる」ライフスタイルがヤバい事がわかってくる。

企業はどんどん買って欲しいから、

そんな事はおおっびろげに言わないし、

企業からCМを出してもらっているメディアもそんな事言えないから

ふつうにしていれば触れる事のない情報なんだけど。

 

みんながそれを知って、「やばいな」と思って、

服をたくさん所有している事は、無知の証~、最悪~!

なんていう倫理観がみんなの中にひろく広がれば、

世の中も変わるんだろうけど、

そうなるには、まだまだ時間がかかるだろう。

 

■エシカルファッション対策は「出来るだけ少ない服で生きる」事

刺激されまくる物欲に勝てるか・・・?

 

できる事は、知った人から、「大量消費社会」に対して、

「ん・・(-“-)」と思って出来る行動をとるしかないんだよ。

 

じゃあどうすればいいかって、

デザインも限られて、バカ高い「エシカルな服作り」をしている

良質のアパレルブランドで服を買う経済的余力がない

私みたいな一般庶民が、

今すぐ出来る事は、

「一枚の服を着る回数を出来るだけ増やす」事しかない

と私は思う訳。

 

■「おしゃれでいたい」気持ちと、「買わない」を両立させるには

 

日々、オーガナイズ現場で「実は着ない」もしくは「出来れば着たい」にカテゴライズされる服は

だいたいが「おしゃれ着」なんだよね。

 

でも、今ってお出かけ、減ってるし

イマドキの服って、どうもすそがひらひらしていたり、

ワンピースばりに丈の長いトップスが多いから

片づけ作業にも、普段着に着るにも、ちょっともたつく。

 

お客様の片づけをしていても、

「これはパパとのデートの時に着る服」カテゴリーがやたら多かったりして。

(おしゃれしてデートしたいと思わせてくれるご主人様がいる事自体すばらしい)

 

服を買うときの高揚感はそんな

「特別な時に素敵な自分でいたい」という欲求の裏返しであって、

逆に言えば、服に頼らず素敵な自分でいる事が出来たら、それでいいんだよね。

 

「常に違う服でなければおしゃれじゃない」

みたいな、昭和の「いつちょうら感覚」をなんとか手放す方法はないものか。

 

 

 

■骨格診断士・今柴セキュリティ部長の「パタリロクローゼット」

 

そこでヒントとなるのは、我らが徳島お片付けラボ唯一のおしゃれ番長・骨格診断士「今柴セキュリティ部長」の存在です。

 

今柴セキュリティ部長は、おしゃれを指南する「骨格診断士」でありながら、

手持ちの服が超少ない。(クローゼットはパタリロ並みに同じ服が並んでいると推測される。)

 

外で会う時も、家で会う時も、大概似たような

シンプルベーシックな、「自分にあった、スタイルがよく見える服」を着ている。

色もほとんどが「痩せて顔色がよく見える紺」と決めているっぽい。

 

でも、常に合わせている小物やバッグがいちいちおしゃれで、

ストールをさらっとまいたり(←これがなかなか真似できん)

ピアスが素敵だったりしていつもいい感じ。

 

まあ、このオシャレ感覚は

私たちのライフオーガナイザーの先輩である

小川智恵大先輩から吸収したことがベースになっているんだけども

智恵さんの激オシャレInstagramはこちら

 

これって、エシカルに生きるための、かなりのヒントになるんじゃないの?と私は思う訳。

 

 

■人生は楽しまなきゃいけない。でも同時に無関心でもいけない。

環境や社会問題に触れる事は、私も若いころは苦手でした。

飢えに苦しむ地域の人の事を考えて日々生きていたら、

罪悪感といたたまれなさで苦しくなるからです。

 

 

それに、豊かな日本に生まれた事が幸せで、

貧しい地域に生まれた人は不幸かと言えば、そうでもないかもしれなくて、

日本人の幸福度は、世界で見ても低いらしいし、

向き合うべき「課題」が違うだけという考え方もあります。

 

結局は、それぞれの人が、それぞれの地域で、

自分の人生の課題から、何を学ぶか、何に幸せを感じて、感謝して生きる事が出来るか

・・・なのかもしれません。

 

 

ただ、人間てのは、

自分で海に

お母さんのおにぎり🍙や、

青色の染料をどっぶどっぶ大量投入したりしたら

ものすごい罪悪感を感じて、

「そんなのだめだよ!」と思い、行動するであろうに、

知らないところで同じことをしていて、

それに自分が加担していても平気なんだよ。

 

だからやっぱり「知る事」は大事。

で、そこからどうするか・・・は、自分で考えてね✨

 

とりあえず、私はちえさんや、今柴セキュリティ部長路線で

「出来るだけ買わない」オシャレを楽しむ方向でやってみます!

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

サービスメニュー

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    買いすぎと「不安の心」

    もうすぐ11月23日、「食品ロスセミナー」東部編。…

  2. 家庭科・エシカル消費

    「使いかけの洗剤や化粧品のボトルがたくさんあって片付かない」の解決策

    使いかけの化粧品や洗剤って、どうしてる?■徳島・脱力系お片付け・ラ…

  3. 家庭科・エシカル消費

    【結果的に節約!?】これからの「お金の使い方」食品編

    これから経済的にどうなるかわからないから、節約しなきゃー💦と思ってない…

  4. 家庭科・エシカル消費

    服を買うのを我慢・・・ではなくてsimpleが素敵に似合う自分になる。

    食品ロス削減も、エシカルファッションも、なんか結局「日本人は贅沢やめて…

  5. 家庭科・エシカル消費

    「当たり前」は「当たり前」なんかじゃないんだけどね、本当は。

    お赤飯をいただいた。最近はお赤飯は自宅で作らなくなったよね、という話か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    【後悔しない家作り】私が片づけ目線で家作りをあえて語る理由
  2. 「捨てられない」

    「捨てられない」悩みを解決したいあなたに
  3. 子供のお片付け

    「理想の素敵ライフ」と「リアル普段の暮らし」
  4. 書類のお片づけ

    大学教授だって片付けには悩むのだ!の巻パート2
  5. お片付け

    引っ越し前にクローゼット整理で洋服ゴミ袋二袋分処分!
PAGE TOP