子供のお片付け

世話焼きおばあちゃんと過ごす夏休み攻略法

 

こんばんはっ!

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

毎日ブログ更新・・・と思って頑張っているものの、最近は駆け込み投稿が多く、読み返すとどうも当初の目標であった「一回に伝える事は一つ」というルールに全く当てはまっておりませんでした・・・。

という事で、前回アップした記事をリライトして分割し、わかりやすく書き直す事に・・・(;・∀・)。

一度読んでくださって「ながっ・・・・💦」と思った皆様、もうしわけございませんがもう一度リベンジさせてください♡

 

という事で、今日は世話焼きばあちゃんの話(^^)/

 

■「世話焼きばあちゃん」はいいの?悪いの?

昔の人は経験豊富で良く働くし、気も利く。若いママよりも仕事が早い人、結構いるのよね。だからこそ、ついつい口うるさくなってしまうことも・・・。

 

実家に行く目的は、母の話を聞く事。

母との話は、いつでもいろんな「人間関係が上手くいかない事例」に富んでいて、結構おもしろいのです。

そして、その「人間関係が上手くいかない事例」の原因といえば、ほとんどが「口の出しすぎ」です。

 

目に入る他人の行動が、気になって仕方ない。

「こうすればいいのに。」

「なんでこうしないの?」

そして、しかもそれを口にしちゃう。

 

愛するがゆえに、より良い(と自分が思っている)道を示してあげたい。

人間だもの。

そう思うよね。

 

■おばあちゃんたちは一応遠慮している。

 

一見好き勝手やっているようで、おばあちゃんたちも一応遠慮しているようで、

モノの言い方に気を付けているらしい。

例えば、「アドバイスするときは、自分の失敗事例を付け加える」。

「宿題はきちんとやったほうがいいでよ。おばあちゃんは勉強しなくて大学に行けなかったから、そのあとすごい後悔したんよ。それはだいたい15年くらい前の話だけど・・・(←長いので端折ります。)」

 

・・・

・・・長っっっ(´;ω;`)・・・・。(←人の事言えんけども)

 

 

■はじめに否定を入れ込んじゃう。

「否定」をアドバイスの頭にくっつけるという技も良く使う。

 

例えばこんな感じ。

「おまはん、ほんな恰好して、隣の人に見られたら恥ずかしいでよ。もう夏のに、ほれ冬の服でぇ。着替えてきなはれ!(訳・あなた、そんな服装して、隣の人に見られたら恥ずかしいわよ。もう夏なのにそれ、冬の服でしょ。着替えてらっしゃい。)

こんな風に言われたら、言っている事は正しくても、素直に聞く事ができるのはブッダかキリストくらいですよ。

 

「おばあちゃん、うざい・・・」

そう思われても、ごめんやけど、そら仕方ないわ・・・。

 

■対策・「おばあちゃんも認めてもらいたい」と理解してあげる。

孫のため・・と言いつつ、つまりは自分の都合や気分であれこれ世話を焼く。世間体や外聞を気にする。自分のやり方こそが正しいと思い込んでいる。

私たちの親世代以上は、それが普通の価値観で生きてきたのだから、それをまずは理解してあげましょう。

 

その上で、おばあちゃんたちが私たちにしてくれている事を、改めて一つ一つ意識したときに、

おばあちゃん世代は、本当に本当に、たくさんの場面で私たちをサポートしてくれていたりするものです。

 

こどもにあれこれ言うのも、一緒に過ごしてくれる時間が長いから。

あなたの知らないところで、草がきれいに抜かれていたり、子供の服の糸くずがきれいになっていたりしている事も、意識をすれば見えてくるかもしれません。

 

おばあちゃんもおばあちゃんで、私たちの気が付かなさに、寂しい思いをしているのかもしれませんね。

お小言の多さは、その寂しさから・・・かも。

 

共に生きていくもの。お互い様です(^^)。

 

上手に聞き流すスキルを磨いて、お互いに違いを乗り越えられたら素敵ですよね。

 

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

https://syuno-ya.com/home/ecru-plus/

・ライフオーガナイズって何?

https://syuno-ya.com/home/lifeorganize/

 

・徳島のママのための情報サイト「ツナガルLIFE」にエクリュプラスも参加しています。 「ツナガルLIFE」https://tunagarulife.com/

 

ぜひお試しください。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

 

【消費者であることの力】未来の地球を壊すのも救うのも考え方一つ前のページ

自己評価が低いのは「潜在能力が高い」という事次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. お片付け

    「公」の場と「私」の場を分ける。

    リビングは家族が一番長く過ごす場。おのおのが様々な事を、自由気…

  2. 子供のお片付け

    【甘い親脱却】子供にお願い事を聞いてもらうための秘訣

    子供にあれこれお願い事をするのは悪い事じゃない。どんどんやろう。■…

  3. 子供のお片付け

    今この瞬間に、「散らかったストレス空間」を、「幸せフルなハッピー空間」に変える方法

    「子供の片付けが一番の悩み。」子供のモノがちらかっていると、無…

  4. 子供のお片付け

    自立して巣立つ子供へ。一人の大人として、今、親が伝えるべき大切な事。

    自立した後の子供部屋がそのまんま問題。これ、地味~に社会問題と言えるか…

  5. 子供のお片付け

    中〜高校生もしくはそれ以上の子供に片付けを教える方法

    かたづけを教えないまま、まあまあおっきくなっちゃった場合の対処法。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. 波動

    【人の目が気になりすぎる病】何にフォーカスするかで世界は変わる。
  2. 家作り

    【家作り】インテリアを決めていく方法(初心者向け)
  3. インテリア

    おしゃれなカフェに観葉植物をプレゼントするのはやめたげて~(´;ω;`)
  4. 竹内収納計画室

    2021年再スタート企画「片付く収納図鑑」予約申し込み開始します!
  5. お片付け

    子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。
PAGE TOP