子供のお片付け

【甘い親脱却】子供にお願い事を聞いてもらうための秘訣

子供にあれこれお願い事をするのは悪い事じゃない。どんどんやろう。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

「子供にお手伝いをしてほしい」という願いはもちつつも、なかなかそれが難しいと感じる理由は

お願いをしても

「エー!」とか

「わかった」と言ったのにやってくれていないとか、

なんだかんだと落胆させられる事のほうが多いから

そのうち言うのをあきらめちゃうってパターンが

私を含めた多くの心優しいママ達なんじゃないかと推測するんだけど

 

 

それであきらめて、何も言わないってのも

子供のためにはあまりよくないと思います。

 

だって、家の中のお手伝いって、

そのまんま「家事レッスン」に繋がり、

生きるチカラや考えるチカラに直結するんだから、

やればやるほどいいんだよね。

 

手伝いはいいから、勉強して

なんて、そんな悠長な事言っていられる時代じゃないよ。

 

だって男の子だって家事出来なかったら奥さんからポイ捨てされる時代なんですから。

 

 

今日は、そんな「子供にお願い事を聞いてもらう秘訣」について。

 

■怒らず、脅さず、嫌みを言わず。もちろんエサでも釣らず。

なんか、ムカつく。

 

家事をお願いする事に罪悪感を感じなくていいのは当然の事ながら、

上から目線で高圧的に言うのも、人としてどうかと思うし、

「これやったら○○を買ってあげる」というエサで釣る作戦も、手伝いは日々の事なんでいかがなものかと私は思います。

 

と言う事で

私が考える「頼む側のスタンス」は以下の三つです。

 

・お願い事を淡々と理由とともに伝える

 

「お母さん、今から仕事だから、時間がある時にこれお願いできる?」

くらいのかーるいノリでやってほしい事をリクエスト。

 

・お願いしたら信じて任せる

 

いったん任せたら、「やってくれている」と言う事を信じて、にこにこで待つのが基本スタンス。

 

「まだやっていない」「わすれているのか」とハラハラして不信感のオーラを出さない。

ましてや「いつやるつもりなの?」なんてイヤミめいた発言はしないほうが得策。

 

 

・約束が守られなかった場合、出来なかった理由を聞き、対策を取る。

 

とはいえ、相手は子供。期待を裏切られるのは想定内だと思っておきましょう。

 

頼んだことをやれていない時は、

「あらっ!?(出来ていないなんて意外!)どうしたの?なんか(出来ない理由的なものが)あった?」

と、子供を責めないように、出来なかった理由を聞いて、

その対策を子供と一緒に考えましょう。

 

子供が自分で考えた対策だから、

次回からはやらざるを得なくなります。

 

 

「あなたが出来ないのには理由があるはず。無茶ぶりしてごめんね」

 

と、胡蝶しのぶのイメージで。

 

 

■まとめ

は、手伝い?ムリ。

とはいえ、すぐに

そんなうまく行かないのが子育ての難しさというところです。

 

子育てのしやすさは、あなたと子供間のいままで築いてきた「人間関係」に左右されます。

 

あなたの頼み事を子供が聞いてくれるかどうかは、

あなたが子供からちゃんと尊重されているかどうかのリトマス試験紙だと思って間違いない。

 

 

「この人に対して適当な対応をしてもかまわない」

「この人は甘いから何をやっても怒られない」

「やらずにほっとけば、いつかこの人がしてくれる」

「この人はどうせヒマなんだから、片付けくらいしてくれていいじゃん」

「自分ばっかり大変だというけど、こっちだって忙しいんだよ」

なんて、心の中で思われているとしたら、

子供ではなく、まずはあなたが変わる必要があります。

 

 

 

長くなったので

子供から尊重される親とはどんな親なのか・・・については、

また後日考えていきたいと思います!

 

 

【うちカタ塾とは】

計6回、毎回90分のオンライン講座
住宅業界での経験豊富な建築系ライフオーガナイザー
4人で作り上げた
全く新しい「家作りスキルアップ講座」です。

住宅業界の知識だけではなく、
片づけのプロとして
「片付けに悩む人のリアルな『こうしたらよかった』という生の声」
をリアルに回収している事が私達の強みです。
四人いるから、
意見が偏る事も
ずいぶんと防いでいると思います。

片づけのプロとしての視点から得た
家を建て終わってからじゃないと気が付けない
リアルな問題点
を先に聞いて置くだけでも
十分に価値があるものだと思いますが、

さらには家作りの基本的知識と全体の流れや注意すべき事、
そしてそして、それにプラスして、
ライフオーガナイズの「思考の整理」

「コミュニケーションスキル」
が身に付きます。

もちろん片づけの基本的やり方も少々(^^♪
(少々なんだ!?)

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

家作りは三件建ててやっと満足すると言われています。
失敗したくない、不安になる、どうすればいいか分からない・・・。
そんな「家づくりの迷子」になってしまったお客様のお力になりたい、という思いから「うちカタ塾」は生まれました。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お問い合わせ・アクセス

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

関連記事

  1. 子供のお片付け

    「捨てられない」と悩むモノベスト5とその対策法

    「捨てなくていい」とか「モノ、あってもいいよね」と言い続けている脱力系…

  2. 子供のお片付け

    「怒り」ツールを使うのは損!怒らない子育てを勧める理由とは。

    こんにちは(^^家づくり収納コンサルタント徳島お片付け…

  3. 子供のお片付け

    将来この子は片づけられない子に育つんじゃないか?

    片づけ劣等感さえ持たなければ。■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. おうちのカタチ研究室

    収納が多い家に引っ越しても「片付かない」理由
  2. 家作り

    【憧れるけどね】リビング階段のデメリット3選
  3. ライフオーガナイズについて

    「ライフオーガナイザーらしさ」って何?と「風の時代」
  4. 家作り

    【家作り】最強営業「お客様の口コミ」を増やす方法
  5. 家作り

    押し入れの中の「中段」いらない説
PAGE TOP