子供のお片付け

子供のお片付けはコーナー作りだけでいい。

子供の部屋の片づけの手伝い方。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

 

こんばんは

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

子供部屋のお片付けって、やる気しませんよね。

オモチャが大量に散乱していて、その隙間で楽しそうに遊んでいたら、

「うわー」と思うし「もういいかな・・・」とも思ってしまう。

 

でも、本当は子供も「ごちゃごちゃしていて何かやだな」とは思っているのです。

で、みんな素敵な部屋に憧れています。

それに、大人でも難しい片付けを、

丸投げして子供が上手にできるわけがない…と、私は思います。

 

 

ポイント1 部屋をまるごと片付けようとしない

選ぶのは子供。根気よくママがサポートします。

子供部屋って、子供が小さいうちはどうしても、親のモノの逃げ場として使っちゃう。

前の暮らしの時に使っていた捨てられない家具や、家電の箱とか、シーズンオフ衣類とか・・・

納戸替わりに使わせてもらっていた「子供部屋」を、

子供たちの各自の部屋にしてあげたいときは、ちょっと大変です。

 

だから、一気に完璧にしようとするのはやめましょう。

子供はコーナーがあれば、それで結構満足できたりします。

まずは、一歩から。

 

押し入れの下の部分を開放してあげる

全部自分で並べました。マットがあれば「自分の部屋感」がより一層増します。ちょっとした工夫で楽しいお部屋づくりに。片付けは遊びの延長です。

 

一部屋目は、ちょっと片付けて、押し入れのしたの部分を開放してあげました。

そして空いた空間に、自分の好きなモノだけをどんどん、押し入れに配置してもらいました。

本棚などの小さな家具を好きに並べて楽しそうですね(^^♪

 

自分が出来る範囲の小さなスペースを任されると、俄然張り切るのが子供です。

そのうちまた散らかるでしょうが、

エリアを小さくまとめる事で、「自分でなんとかする」という感覚が身に付きます。

 

時々サポートしてあげながら、部屋を作り上げてあげましょう。

 

本棚にきちんと「宝物」を詰める。

 

混在していたおもちゃを分類、そしてお気に入りのみ定位置設定。大好きが詰まった「私だけのコーナー」。

 

①部屋全体に散らかった小物のおもちゃを、いったん分別シート(布でもなんでもいい)の上にのせて「一つの塊」にします。

②シートの上で、おおざっぱにカテゴリーを分けます。(本・文房具・紙モノ、その他 等)

③カテゴリーごとに、「いる・いらない」で分けてもらう。

④小物の分別が進まなくなったら、それはイマイチの証。大好きなモノはすぐに判断がつく。イマイチのものを集めてカゴに入れていったん保留にしてもよし。

⑤棚に好きなように配置してもらう。ラベリングをサポート。

 

女の子は細かなオモチャが多く、それぞれに捨てがたく感じる事も。

いちいち分類できないから、ひとまとめにして「宝物箱」にしてもいいです。

きちんと「○○ちゃんの宝物箱」とラベリングをしてあげましょう。

 

宝物箱ってキーワード、案外効果的ですよ。素敵な空き箱とか、良い感じの蓋つきのものがいいですね。

大切なモノを選ぶっていう感覚を身に着けるきっかけになります。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

関連記事

  1. 子供のお片付け

    子供の「お片づけやる気スイッチ」の入れ方

    アボカド&チーズ入りのたこ焼きをごちそうになって来ました。粉物って…

  2. インテリア

    23歳娘の子育てスパルタ否定論と「片付けで思考力アップ」

    「銀魂2」を必死で見に行くバカ親子な私たち。…

  3. お片付け

    バリエーションの呪い 食器編

    前回に引き続き、日本人が陥る「バリエーションの呪い」今回は食器…

  4. 子供のお片付け

    「捨てられない」と悩むモノベスト5とその対策法

    「捨てなくていい」とか「モノ、あってもいいよね」と言い続けている脱力系…

  5. 子供のお片付け

    【家事楽の秘訣】子供服の数を減らしてみる。

    これから始まる超長い春休み。子供たちの服の管理が大変・・・と思ったら、…

  6. 子供のお片付け

    子供の「自己肯定感」を伸ばす!夏休み大作戦

    こんばんは。毎日暑いですね~(@_@)。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子供のお片付け

    世話焼きおばあちゃんと過ごす夏休み攻略法
  2. お片付け

    食品・買い過ぎてしまう五つの理由とその対処法
  3. お片付け

    「人が来るから片づける」を考える。
  4. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。
  5. 未分類

    教育によって人は変わる。視野は多角的知識を得る事からしか広がらない。
PAGE TOP