子供のお片付け

無理くり!?「子供お片付け教室」と内在する子供たちの力

モデルハウスにいた子供たちが暇そうにしていたので「お片付け教室受ける?」と声をかけてみた件。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

 

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

先日お伺いしていたモデルハウスにて、営業マンさんからお家の説明を受けていたご夫婦と一緒にいた小学生の男の子ふたりが暇そうだったから、

お片付け教室受ける?」と聞いてみたら、

お父さんは超ノリノリで「おっ!そりゃいい!教えてもらえ!」と子供たちを部屋に突っ込もうとしたけど、

子供たちは「いやだーーー!」と必死で逃げる・・・という一幕がありました💨

 

・・まあね。

嫌われ者の「お片付けの先生」です(-_-)

 

「お片付け、好き?」「キラーーーい!」「だーよーねー💨」

でも、まあ、なんだかんだ言って、だまくらかして、その二人にむりくり「子供お片付け教室」を開催しました。

「質問がありまーす。みんなはお片付け、好き?」

「キラーい!」

「まー、そうだよね~。で、なんでキライなの?」

「めんどくさいから~」

 

いつもオモチャは、押し入れに入れていて、かたづけろって言われたら、しぶしぶそこに突っ込むらしい。

今度家を建てたら自分の部屋をもらえる。その部屋は散らかしたくないそうな。

服は今はママが管理してくれてる。

それ、いつまでママにお願いする予定?と聞いてみたら、5年生になったら自分でやると。

 

同じ年頃の子が片づけにチャレンジしている写真を見せたら、食い入るように見ている。

「全部出す」方法を伝えたら、「ママもそう言っていた」と。

 

「大好き」なモノを、まず選ぶんだよ。

「ふつう」のモノも、別に捨てなくてもいい。それはそれで、別の場所に置こう。

つみき、レゴ、ミニカー。とにかく「分ける」。それが片付けだよ。

 

ゴミの山の写真を見せて、これからどうすればいいかな、と聞くと「すぐに買うって決めない事」と答える。

 

ママが「片付けしなさい!」てうるさいときはやる気がしなくなるのだそう。

そうか、そんな時はどうすればいいかな。

言わないで、自分でやるから、とママに言う。

 

 

素晴らしいですよね。

もう、大丈夫。

ゆっくりと自分のペースで、素敵な部屋を作ってね✨

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

 

モノを使い切るためにミニマリストを目指す。前のページ

どこを見るかであなたの世界は変わる。次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 子供のお片付け

    子供を一人前に扱う儀式【子供のお片付け教育】

    「子供が片付けできるわけがない」そう思う事から変えていこう。モノを持っ…

  2. 子供のお片付け

    子供の子育て戦国時代!?キーワードは親の「信じるチカラ」

    イマドキのパパママは大変だなあ!■徳島・脱力系お片付け・ライフオー…

  3. 子供のお片付け

    【家事楽の秘訣】子供服の数を減らしてみる。

    これから始まる超長い春休み。子供たちの服の管理が大変・・・と思ったら、…

  4. 子供のお片付け

    【持論】子供の片付けは「親子関係」が9割

    こんばんわ。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. メンタル

    【思考の整理】あなたの自己肯定感を助けるやさしくて強い武器
  2. ファッション迷子の奮闘記

    【今期冬服】「買ったら負け組」チャレンジでミニマムクローゼッターを目指す!
  3. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。
  4. ファッション迷子の奮闘記

    【捨てられない】未来への不安は当たり前!?不確定な未来に備えるための「捨てない」…
  5. 家作り

    お客様の「こうしたい」を具体化する「ライフオーガナイズ」のお片付け
PAGE TOP