お片付け

【親片】ライフオーガナイザー、親の引っ越し準備を手伝うの巻

 

ライフオーガナイザーと言えども人の子。親の片付けは、お客様の時のようにはいきません・・・。イライラを乗り越えて引っ越し準備のお手伝いレポート!

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

エクリュプラスのライフオーガナイズサービス詳細はこちらから

 

 

こんばんは(^^♪
脱力系ライフオーガナイザー®
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

先日もちょこっと申し上げたかもしれませんが、

ただいま実家がリフォームにて仮住まいへの引っ越し準備中。

「助けて」と言われるまでは静観しておりましたが、いい加減ヤバいので手伝いに行ってきました。

もちろん、私がアドバイスしていたことは全くやっていない状態です。

さーて・・・。どうするべ・・・。

 

■頑張ってやってはいるけど、盲点があちこちに

実家に入ってまず初めの光景はこちら。

頑張ってやっているものの、カオス。

状況を聞こうにも、いちいち弁解が入ってくる。

「これはまだ使うかもしれないし」

「洗い替えがどれくらいいるかわからないし」

「シップは使うかもしれないから」

「孫がお絵かきするときに使うチラシの裏だから」

机の上にあるものを片付けて空間を作ろうとすると

「今日しなくちゃいけない書類があるから、とりあえずそこに置いといて」

・・・やる気あるんかい💨

 

■「伝家の宝刀」思考の整理で混乱頭の中を整理

あまりにも一言一言を遮って言い訳のオンパレードを繰り広げる母親に、つい我を忘れて口調が荒くなり始めた私(←アカンライフオーガナイザー)だが、はっと気を取り直し、メモを持ってきて思考の整理に着手・・・。

「大きく分けたら荷物は三つに分けられるよ。

一つは引っ越し当日までの4日間の間に使うモノ達。

そして

仮住まい中に使うモノ達、

そして、

リフォーム後に新しい家で使うモノ達。

 

だよね?」

と、メモに書きだして説明。

「荷物をこれからこの三つに分けていくよ」

 

■「親子モード」から「お客様とライフオーガナイザー」モードに切り替え!

表に出ている小物だけでもこんなに残ってました。

まずは、机の上や棚の上にある小物をテーブルに並べて分けてもらうことに。

「ほなけんどな(←阿波弁で「だけどね」の意味。)これらはみんな今使いよるけん置いといて」

「そうですか(^^。では、こちらはさっきの三つのグループのどれに入りますか?」

「なんで敬語なんよ?」

「お仕事モードに切り替えました。」

不思議と敬語にしたら、母親は言い訳をしなくなりました・・・💨

もくもくと「これはこっち・・・これはあっち・・・・」と分けてきます。

 

■部屋をエリア分けして、まずは荷物だけ積んでいく。箱に入れるのはそれから。

「靴下は何足残す?」「適当に入れといて。あ、でも夏物はやめてよ。」「・・・自分で選ばんかい。」

どうやら、母親の失敗ポイントは、いきなり段ボールにどんどん詰めていったことでした。

隙間の空いた、未完成な箱がいくつも存在し、何が何やらわからなくなっていたのでした。

それと、大きなものしか目に入っておらず、小物に全く着手していない事もヤバい原因の一つでした。

張り切って服を段ボールに詰めたものの、着る服が無くなってその中からまた出して着たり・・・。

 

引っ越しまでの日数も少ないし、最低限の服を残して、後は箱詰め。

ギリギリまで使うモノ達はここに集約。

服、化粧品、ひっこしに使う袋、テープ、包み紙。ハンカチ、その他。全てこのタンスの中に。

そして、仮住まいの間に使うモノ達はこちら。

手前は仮住まい用の荷物。奥にあるのは、利き脳左左の母の鬼門「未処理の書類群」

そして、仮住まい中は使わないシーズンオフ衣類と、「まだ捨てられないアイテム」「今は分類できないからとりあえず置いとく小物」はこちら。

本当は使わなそうなアイテムも入っているけど、無理はしない。年老いた母に、無理強いは禁物です。

お仕事モードになったら、不思議とイライラせずに母親の「とりあえず置き」「分類ではなく単なる場所移動」もやさしく突っ込みを入れながら、分けていく事ができました。

母もそのうちだんだんコツをつかみ、分類が早くなりました。

 

■無意識に封印している「小物」達を出して意識上に上げてあげる

引っ越し準備といえば、ついつい大物の布団やら、服やら、本やらに気を取られるけど、

実は一番時間を取られるのが「小物」。

ついつい、めんどうで箱に「とりあえず」と入れ込んでしまうけど、それが引っ越し後の「開かずの段ボール」になっているような気がする。

時間がなくて、いきおい詰め込んだ段ボールを、のちに開いてみて

「うわ・・・(´・ω・`)」と思ってまた蓋を閉じる・・・

なんてことになるのは、たぶんこのカテゴリーなんだよね。

 

だからこそ、日頃からこまめに「不要なモノを分けて手放す」事が大事なんだろうけど、それがなかなかねー。

 

せめて、引っ越しという人生の一大事を利用して、

一度本格的に「自分の持っているモノ」を見つめなおし、絞り込みにチャレンジする事は、

とっても有効だと思うのです。

 

ちょっとうちの母は、とりかかるのが遅かったけどね。

結局は本人がやる気にならないと言い訳ばっかして、進まないから。

 

 

親の片付け、良い経験になりました。

 

これからも引き続きレポートします💨

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

 

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

エクリュプラスのライフオーガナイズサービス詳細はこちらから

 

 

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

 

関連記事

  1. 「捨てられない」

    「片付け」から逃げたい!その心は「くさいモノに蓋」理論

    多くの人が「片付け」を苦手、めんどくさい、逃げたい、と思う理由。…

  2. お片付け

    「モノを持たない暮らし」への転換期

    特にミニマリズムを推奨しているわけではないし、実際に我が家はど…

  3. お片付け

    成功のカギはこの二つ。「覚悟」と、「自分に合った方法」。

    お部屋がなかなか片付かない人の気持ちをイメージする時に、自らのダイ…

  4. お片付け

    年末大掃除にむけて「捨てたらすっきりするシリーズ3選」

    やりやすいところから始める。これ鉄則。■徳島・脱力系お片付け・ライ…

  5. お片付け

    大切なのは「モノ」じゃない?抱え込んだ「べき」に気が付く魔法の質問

    こんばんは(^^♪「ゆるーく楽しくお片付け」がモットー!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「捨てられない」

    【60overのお片づけ】プロに任せた方が親孝行だと思う理由
  2. メンタル

    「裏」の無いコインは無い。動けない理由はメリットだけを追い求める心
  3. 家作り

    教えるのが一番難しいのは「家庭科」?「暮らしの知識の集積」があなたを救う。
  4. 家庭科・エシカル消費

    【絡み合う糸】「家政学」と「オーガナイズ」と「SDGs」と
  5. インテリア

    ワンパターンコーデをアクセサリーで乗り切る!と、アクセサリー収納術あれこれ。
PAGE TOP