子供のお片付け

子供が部屋を散らかしてイライラします。どうしたらいいですか?

永遠のテーマ、キタ。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

※amebloならもう一つのブログ「まりおのしあわせなふつうのいえ」更新も同時にお知らせできます。
ご登録お願いいたします。

 

こんにちは。
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

今日も【stayhome】ネタです。

昨日、ちょっと甥っ子姪っ子の宿題しない問題に助っ人するために実家に行ってました。

久々に小学校の「自主勉」を見たんですケド、私が子供の頃から変わりませんねー。「自主勉」。

 

今でも「自分が好きなように、すきなものを勉強しましょう」と、マス目のノートを渡されて放置なんですよね。

 

私なんて、漢字を書くにしても、できるだけ画数の少ない感じを選んでスペースを埋めていましたし、

自由研究と称してマンガを描いて埋めたり、やりたい放題サボってましたから、

甥っ子の「テキトーに簡単そうな計算をして埋める」作戦なんて、まだましじゃない?と思っちゃったりして・・・

子供のおかたづけに関するほかの記事はこちらから

■ある程度の枠を作ってあげる事は必要です。

塗り絵の枠みたいに。

 

甥っ子の場合、今回の目的は「お父さんに怒られない」という事でしたから、勉強をきちんとやっている感を出さなくてはいけませんでした。

だから、計算ドリルの後ろからやっていく作戦で、ノートの書き方をきちんと決めて、

「キッチリとやるべきことが明確になる」

「どこまで出来ていたらOKか決める」

を目指しました。

 

これって、片づけにも応用できるよね。

自主性に任せるのなら、怒ってはいけないと思う。

 

怒るのなら、初めにその子に無理のないルールを一緒に決めて納得した上で、

それを守らない時に「ルール違反だよね」と話をすることが大事かと・・・。理想論かもしれないけど。

 

■ほとんどの子供は「何をどうすればいいのかわからない」状態

自由にしていいよ!と放置するより、かるく居場所を決めてあげたほうが、そこからの発想が広がる事も。

 

かたづけも、自主勉も、自分なりのルールなんて小学校レベルで作れる子は少ないと思う。

そもそも、「考える」事よりも、「従う」事に重きを置いて行われる学校教育において、

学校では何をどこに置くか決まっているし、持ち込むモノも決まっているから「考えなくても出来る」し、

勉強だって、言われた通りにすればいいから「考えなくても出来る」わけですから。

 

学校では出来るのに、なぜ家ではしないの?って、

それはちゃんとしたルールがないからではないかと。

 

「自分で決めないとルールが存在しないけど、わからない(し、めんどうだ)からテキトーにやってたら、なぜだか怒られる」

なんて状態なんよ。

 

あなただって信号も標識もない道をテキトーに走っていたら、なんかお巡りさんにつかまって「考えたらわかるだろう!」とか言われたら、「わかんねーよ!」って、なるよね。

ダメな事ははじめからはっきり言ってよ!

ルールは必ずしも嫌な事ばかりじゃない。

理不尽な言い分から、人間関係を守るためのツールでもあるんだよね。

 

■大事なのは「やる目的がはっきり納得できる事」

片づけの目的は?「私だけのスペースを作る事!」

 

だから、ゼロから「自分で考えろ」は小学生には酷だという事。

ただ、学校と同じように、親の作ったルールに従わせるだけでは、考える力を育てる事ができないから、

家庭では「一緒にルールを作る」といいと思う。

うちの甥っ子は、そこそこ計算はマスターしてたから、正直やり終わった計算ドリルの復習はそこまで重要ではなかった。どちらかというと「勉強のしかた」や「ノートの書き方」をマスターするほうが大事だと。親にも「きちんとやっているアピール」ができるし。だからそこは教えた。

 

片づけならば、リビングで散らかるのが嫌なら、どこで遊ぶのは構わないのか、

どこまではダメで、どこまでがOKなのかのルールを、子供と相談して決める事。

 

例えば、

「片づけられないのは、オモチャの量が多すぎるから」という価値観を導入して

はじめに、子供に管理させるオモチャの量をぐんと減らすといいと思う。(捨てなくていいよ。いったんしまうだけ)

片づけが出来るなら、自分で管理できるオモチャが増えるわけだから、

片づけするメリットが子供にもわかりやすくなるかもね。

 

 

子供も本当は「このままではいけない」とはわかっている。

ただ、問題が混ざっちゃって、わけわかめになって、ついゲームに逃避したくなっちゃってるって感じ?

話を聞いてあげて、どうしたらいいと思っているか、理解してあげましょう。

 

きっと、あなたが思う以上に、子供たちはしっかりしている事に気が付けると思いますよ。

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

インスタで♯ライフオーガナイズでおうちを快適にを検索してみて✨
ライフオーガナイザー達のいろんなアイデアがたくさん集まっています。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

関連記事

  1. 子供のお片付け

    やさしいだけじゃだめかもしれない。

    そういえば、昔は肩書が「家事手伝い」とかいう人が存在したよね・・・。独…

  2. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。

    子供は散らかっていても平気だと、あなたは思…

  3. 子供のお片付け

    「片づけは嫌なモノ」と思い込んでしまった理由と、「片づけ嫌いマインド」の解除法

    「みんな~、お片付けと聞いたらどんな気持ちになる~?」「めんどくさーー…

  4. 子供のお片付け

    すぐには変わらない。そして変わらないものも無い。

    困ったことがあれば、解決を急ぐのは誰しも同じ・・。でも、解決を急がない…

  5. 子供のお片付け

    「やさしいだけじゃだめ」論。イマドキの理想の母親像とは

    「うちの子、言っても聞かないのよね」とのたまったママ友に「いらっ」とし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子育て

    「生まれ変われるなら違う親の元に生まれたかった」干渉(コントロール)を生む心の穴…
  2. パートナーシップ

    【忙しいご主人様へ】奥様へのサポートは外注にお任せ!ライフオーガナイズと薔薇の花…
  3. お片付け

    「私ばっかりが大変!」でも「手伝って」と言えないあなたへの処方箋。
  4. 子育て

    カッコつけたい。甘えたい。
  5. お片付け

    理由を深堀りして問題解決!ライフオーガナイズの思考の整理術【デスク周り編】
PAGE TOP