メンタル

「自分軸をつらぬくと他人に迷惑をかけてしまいそうです」に対する回答例

いつも、自分の考えがまとまっていないのに、書き始めるスタイル。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

※amebloならもう一つのブログ「まりおのしあわせなふつうのいえ」更新も同時にお知らせできます。
ご登録お願いいたします。

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

ここんとこ「自分軸の確立」なんていう事をよく口にしているような気がしますが・・・

【自分軸を作る意味】「どうしたいか」で正解が変わるから。

 

「自分軸」

「自己中心」

「自分を大切にする」

 

これらの言葉の違いって、いったいなんだろーね?(おい)

 

ま、「自己中心」てのは、なんかイメージ悪いけど、

結局は、「自分はどうしたい?」という問いを、自分自身に問いかける・・・という事が

「自分軸」を見つける事であったり、「自分を大切にする」ことに繋がるのではないか?と私は考えています。

これは誰の人生?私はどうしたい・・?

 

この「自分はどうしたい?」という問いかけ自体に、

私たちはあまり慣れていないようで、

だからこそ、ライフオーガナイズのセミナー等で

「あなたはどうしたいですか?」なんて急にコントローラーを渡されたら、

うろたえる(@_@)みたいなことが頻発するわけなんですが・・・

 

答えを外にもとめて「どうしたらいいの?」

と正解をさがして放浪するのが通常モードだからこそ、

人の意見に左右されて訳わからんようになって、

結果「他人軸」になってしまうのだと思います。

 

逆に

判断を他人に委ねたほうが、責任を負わなくていいし、

いざとなれば文句を言って被害者の立場をとればいいから楽・・と、

深層心理で思ってしまう自分がいたとしたら、

「自分軸」なんて言葉自体、魅力的には思わないかもしれませんね。

 

 

■じゃあ、自分の事だけ考えて、他人がどうなろうとかまわないの?

 

とまあ、こんなふうに「自分軸」を意識したり

「自分を大切にする」というスタンスで生きるようにしてみたら、

「じゃあ、私は自分だけが良ければそれでいいの?他人の事はしらんぷりでいいの?」

なんていう疑問がふっと浮かんできたりします。

 

そこいらへんが、私も正直、よくわかりません。

 

 

■「自分軸」は諸刃の剣。キャパの大きさによって良くも悪くもなる。

これは二刀流?

 

ただ、「自分軸」とは諸刃の剣なんだろうなとは思っていて、

その人のキャパの大きさによって、良くも悪くも変わる・・のではないかと。

 

だから、「こうしたい」という自分軸がいくらしっかりと確立していたとしても、

その人のキャパを超えていたら、周りにはみ出してしまう。

 

とてもバクっとした例えだけれど、

その人のキャパって、「収納スペースの余裕がどれくらいあるか」みたいなもんかも。

 

収納スぺースに全くゆとりが無く、パンパンなのに、

さらに「欲しいから」と服をまた買ってきてしまうと、

当然クローゼットは乱れるし、使いにくいし、管理も大変だし、

挙句には、収納からはみ出て、リビングの片隅にハンガーポールを置いて、服を吊る羽目になる。

 

「こうしたい」「この服欲しい」という自分の心に正直に生きたいのならば、

クローゼットに、それらを受け入れる余力が無いとね。

 

■心の余力があれば、自分を大切にしながら、他人も思いやれる。

これくらい棚に余力があれば、多少忙しくなっても何種類もの書類を受け入れる事が出来る。束の書籍が来ても大丈夫!どーんとこい!

 

収納スペースにゆとりがあったら、

そのほかの場所で少しくらいモノがあふれても、それらを受け入れてくれるから

全体をきれいに整えるためにはとっても助かる。

 

心も同じで、自分にゆとりがあれば、

自分の事を犠牲にしなくても、余力で他人を思いやる事ができるのかもしれない。

 

■自分の事しか見えていない人は、ぎっちぎちのクローゼット

 

時々、「こいつ、自分の事しか見えてねーな」と思うような子供がいるけど、

それは、心の収納スペースに余力が無いんだろうなと思う。

 

自分を満たす事で必死で、周りを見たり、思いやる余裕なんて無い。

 

その子の心の収納スペースには、本当はその子に必要ないものもたくさん、押し込まれているのかもね。

 

 

心のスペースも、現実世界の収納スペースも、

ぎっちぎちのパンパンでは、どうにもならんよ。

 

必要無いものは手ばなして、

自分の宝物をたっぷり詰め込んでも、

なおかつスペースにゆとりがあるような心を目指したいもんです。

 

ちょっとくらい、急に荷物が増えても慌てふためかないようなくらいのね(^^)。

スッカスカ。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お問い合わせ・アクセス

大学教授だって片付けには悩むのだ!の巻パート2前のページ

教えるのが一番難しいのは「家庭科」?「暮らしの知識の集積」があなたを救う。次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. メンタル

    【ノミの法則】幸せの制限をはずせ!

    「幸せ」に制限をかけようとしてしまうのは、調子に乗って頭を打つのが怖い…

  2. メンタル

    「思考」でお部屋を片付ける

    片付けと「思考力」。答えは自分の中にある。■徳島・脱力系お片付け・…

  3. メンタル

    【奥義教えちゃいます】片付け妨害の三毒【他責・自責・後回し】を攻略するたった一つの言葉

    片付けが進まない人の口から出る言葉は、だいたいこの3つに分類できる。…

  4. メンタル

    「かっこ悪い自分」ときちんと共存する

    ダメな部分も自分だから。■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザ…

  5. メンタル

    家事も子育ても「完璧を目指したかった」私の理由

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です…

  6. メンタル

    「やる気の波」を軽やかに乗り越えるおまじない

    やる気なんてのは、「波」みたいなものかもしれない。いかに乗りこなすか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. お片付け

    【ライフオーガナイズのお片づけ】分別シートの効能と片付けの「本質」
  2. 家庭科・エシカル消費

    【食品ロス削減】安いモノを食べる事で加害者に・・・?食品ロス削減の本質的議論とは…
  3. パートナーシップ

    「毎日靴下を脱ぎっぱなしの旦那」に対する遠くて近い対処法
  4. パートナーシップ

    「寝てばかりの夫にイライラ」という気持ちの解決法
  5. お片付け

    だらだらな自分に嫌気がさしているあなたに。今すぐ使える「本気スイッチ」を入れるた…
PAGE TOP