家庭科・エシカル消費

「家事はお金を生み出さないつまらない労働だ」と思っているあなたへ。

「結婚するまでは家事の一切を母親がしてくれていたから、結婚して一気に、料理も子育ても、もちろん片付けも、全てゼロからのスタートでした。」

今日お伺いしたオーガナイズのお客様の言葉です。

これ、特種なケースじゃありません。

かなりの割合、もしかしたら過半数が、このパターンに近いのではないかと思います。

そして、それが今の「片付け」に悩む人達の問題のベースとなっているのではないかと、思うのです。

 

こんばんは(‘ω’)

家庭科教員免許を取ったにもかかわらず、家庭科の先生にならなかった、
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

■「家政科」は人気がないから無くなっちゃった!?

鳴門教育大学とのコラボセミナー「子供のお片付け教室」

私は、四国の某大学の家政学部出身です。

具体的に言えば被服学コースですが、基本的には「家庭科の先生」になるためのコースです。家庭科全般、なんでもやります。

でも、私、就職の時に偶然見つけちゃった「インテリア」の会社に一目ぼれして、家庭科の先生にならなかったんですよねー。

なんでかって、だいたい、すごく大雑把な人間だから、調理実習とか、絶対「塩何グラムだって?そんなのテキトーだよ。いちいちそんなん、計ってらんないよ!」なんて言ってしまいそうだったから、ならなくて正解なんですケド・・・。

と、話が脇道にそれましたが

家政学部って、今はあまりないみたいですよね。

私の母校もすっかり跡形もなく消えてしまって、今はなんだか「生活科学部」的な名称に変わっているそうです。私も「家事は総合科学だ!」とか言っているから、似たような発想なのかもしれないけど・・・。

「科学」とかに言い換えないと、今一つ賢そうに見えなくて人気が出ないっちゅーあたり、

「家事」や「家庭科」が、あまり大切だと認識されていないことの現れなのかもしれません。

■学校でもあまり力いれて教えてくれないのに、家でも教わらない「家事」

でも、「家庭科」「家事」を軽んじるのは、学校ばかりではありません。

昔なら母親がいろいろと、時には口うるさく教えてくれた「生活の知恵」は、

今ではほとんどしっかりと伝えられていないように感じます。上記のお客様のような声を、オーガナイズ現場でよく聞くからです。

「団塊世代以降の親は子供にあまり【家事】を教えていない。」

考えるに、一つ目の理由は

我が家も含め、今の子供はなんやかんやと忙しく、家にいる時は死んでいるように寝ているか、ケータイ・ゲームに夢中です。

親としても、「えー、めんどくさい」と顔に書いてあるような娘に、わざわざ教えながら家事をするよりは、ちゃちゃっと自分でやったほうが早い。仕事から帰って短時間で家事をこなすためには、子供に教えたりする時間が、親にだってないのです。

仕事も忙しい。みんな、忙しい。

 

もう一つの理由は、

【家事】という仕事が「お金を生み出さない非生産的な仕事」だという位置づけとして、軽んじられているから・・・ではないかと思うのです。

■「お金を生み出さないと労働として価値がないに等しい」

家事がお金を生み出していないなんて、たわけた発言だと認識するべき。家事は全ての価値を生み出す土壌づくりである。

今はそうでもないかもしれませんが、私なんかは「専業主婦は一円も生み出さず養ってもらっているから、贅沢をしてはいけない」なんていう、全くあほくさい論理に支配されていました。

本当はそうじゃない・・・けど、そう思わされる「空気」が社会に蔓延していました。親はともかく、田舎のおばあちゃんなどにも、「専業主婦してのんきやな。パートくらい出られるだろ」的な事も言われたり、聞いたりしましたし、

知らず知らず、「専業主婦」である事によって、自己肯定感は低くなっていきました(ほかの理由もあったけど。)

だから、子供が大きくなってパートなどの仕事をするようになってからは、羽が生えたように

・買いたいものは、少し高くても買ってもいいというメンタルが育つ。

・疲れていたら家事の手を抜いてもいいというメンタルも育つ。

といった変化が現れてきました。

「専業主婦」=「奴隷」として、完璧に家事をしなくては・・という呪縛から解放されたと同時に、

「お金」至上主義となり、自己中心的で、自分から家事を軽んじるようになってしまったのです。

少し誇張して書いていますが、構造としては同じです。

結局、私は家庭科の専門家でありながら、

本当の意味での「家庭科」の価値について、気が付いていなかった

と言えます。

 

■外注によるサポートだけではなく、別のアプローチが必要かもしれない。

女性が自己犠牲せずに、クオリティオブライフを維持するには、家事サポートサービスは必須。

自分が専業主婦の閉塞感から、仕事を持つことで解放された気持ちになった経験から、やはり女性も仕事を持ち、「お金という形の評価」を得ることが喜びと感じる人がいるのはわかる。

自分の持つ能力を発揮できる場が「外の仕事」ならば、それを精一杯応援したい。

だからこそ、ライフオーガナイズサービスのような、「暮らしのベース」を整える家事外注サービスやサポートコンサルティングは必要不可欠になる時代だと思っていますが、

それとは別に、「今の時代にあった家庭科教育」も必須だと思います。

 

なぜなら、外注のみで一生は暮らせないから。

本来、家事は総合的な知識の集積であり、高度でクリエイティブな行為。

外注サービスを受けるにしても、最低限のスキルはやはり必要です。

 

 

■家族の一生を彩る「ライフスタイル」をどうクリエイトするか。ママは総合ディレクター。

オーガナイズもママの「どうしたい」が決まらないと、恐ろしいほどに作業が進まない。「思考の整理」が何よりも大事だ。

インスタでイイねを稼ぐような、職人級の「おしゃれ収納インテリア」や「キャラ弁」は、家事ではなく、高度な「趣味」です。(←あくまで竹内説)

そうではなく、全体のクオリティをそこそこ維持し、しかも自分に無理のない範囲で

毎日の「地に足がついたルーティーンの家事」を、静かな情熱をかけて楽しめる事。

どれくらい「家事」や「仕事」や「子供」にエネルギーを配分するか。

自分のキャパを把握し、何を切り捨て、何を誰かに任せるか。

そして

「何を大切にするか。」

 

家事とは、母親とは、家族の総合ディレクターです。

■まとめ「まずはじめにすること」

自分にとっての優先順位上位3つを上げてみよう。あれもこれもと抱え込むからこそ、上位三つがかすんで見えなくなる。

なーんて、いろいろ書いたけど、難しい事は考えなくてもいいんですよ✨

まずは、あなたの本心からの「理想のゴール」を見つける事です。

誰かの真似じゃなく、あなたの心の中の答えを、わからないなりに・・でいいので、言葉にすることにチャレンジしてみましょう(^^)。

きっと、次の行動の糸口が見つかります。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

・サービス申込みがよくわかるページ

https://syuno-ya.com/home/ecru-plus/

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

・竹内プロフィール

https://syuno-ya.com/home/profile/

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    【ファッション】去年のお気に入りが、今年見劣りした件

    こんばんは✨インテリアと整理収納で人生を変える徳島のライフオー…

  2. 家庭科・エシカル消費

    夫婦の家事分担、あなたはどうする?どうしたい?

    お茶の水女子大ミッションの中で再燃してきた「夫婦の家事分担問題」。理想…

  3. 家庭科・エシカル消費

    「家事」に誇りを持てているか。

    家庭科・・と聞くと、どんなイメージが湧きますか?勉強の合間の、…

  4. 家庭科・エシカル消費

    【自分ユニフォーム】試行錯誤の末の春のUNIQLO禁断の「色ち買い」

    今年も開催します!日本ライフオーガナイザー協会主催【Get O…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「捨てられない」

    「捨てられない」を研究するシリーズ
  2. 家庭科・エシカル消費

    「当たり前」は「当たり前」なんかじゃないんだけどね、本当は。
  3. 家庭科・エシカル消費

    【意識激変!】「これからのお金の使い方」ファッション編
  4. お片付け

    成功のカギはこの二つ。「覚悟」と、「自分に合った方法」。
  5. 家作り

    収納ボックス「入らない!」あるあると、予備知識
PAGE TOP