メンタル

【モノは不安・恐怖・無価値観の具現化?】断捨離と心の「かさぶた」説

モノは「不安」「恐怖」「無価値観」が具現化したもの?断捨離セミナーをYouTubeで見て、ほほう(‘ω’)!と思ったお話。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

コストを抑えながら、自分達にちょうどいい暮らしやすい家作りには準備が大切!今までにない家作りの考え方を三か月6回講座で学ぶうちカタ塾、第一期生募集開始しました!

 

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

片づけ現場で、服を大量に買うお客様が、

悪気なくバンバン服を躊躇なく捨てていて(もちろんリサイクルにも出しましたよ)

「また必要になれば買うからいいんです」と言っているのを聞いて

 

ん・・・

 

と思っても、それを置いといても多分着ないな、とも思い、

ただうなづくだけにしておきます。

 

エシカルファッションとか、いろいろと頭では思うものの、

「服を大量に買いたい」という気持ちが、確実に

お客様には、今まであったのだから、それを責めても仕方がない

 

着もしない服を大量に買ってしまう深い理由は、私にはわからないけど、

この捨てられた服たちは、

このお客様に「買われる」事で、すでにお役目をはたしているんですよね。

 

短い命でこの世を去っていく、値札のついたままの服たち。

お客様の心をその瞬間癒してくれてありがとう。

 

■「不安」「恐怖」「無価値観」の具現化である「モノ」

やましたひでこさんのこの説について、深くは理解していないから、

とても表面的な話にはなりますが、

この話を聞いた時、「そうかもしれないな」とは思いました。

 

ヒートテックを大量に買ってしまうのは「寒さ」への恐怖

収納グッズを大量に買ってしまうのは「片付け出来ない事」への罪悪感

洗剤を大量に買ってしまうは、「掃除が苦手な自分」への自己無力感

 

それは仕事上、日々実感する事なんよね。

本当はどれもそんなに数はいらない。

でも、

散らかった部屋で、ストックがわからなくなるから、そういう「負」の感情が暴走してしまう。

 

もちろん、「期間限定セール」等によるお得感を刺激されたり、

CМ・雑誌、SNSによって過剰な「強迫観念」の意識へのすりこみが行われているという事もある。

 

ああ、まさに「負のループ」!

 

■「モノ」は傷をいやす「かさぶた」

ま、でも、

このことで一つ思いついたのは

「大量の使っていないモノ」って、

そんな「不安」『恐怖」「無価値観」をもってしまった心の傷をいやす

「かさぶた」の役割みたいだ・・という事。

 

モノを溜め込まない人からみれば「不要」以外のなにものでもない

大量過ぎる衣類も、

その人にとっては「必要」と思ってしまう理由は、

 

その人が抱いている傷が、まだ癒えていないから・・・と考えると腑に落ちる。

 

傷が癒えてくれば、かさぶたのまわりがべろべろしてきて

少しずつ取れて小さくなっていくように、

「捨てられない」と思う人は、まだかさぶたを取る時期じゃないのかもしれない。

 

だから、捨てられない事で、自分を責める必要はないんだよ。と、やっぱり思う。

苦しい思いをしてまで、ばりっとかさぶたをとる事は、万人向けじゃないと私は思うんよ。

(いや、やったらやったなりに何かがあるのかもしれないけどね。そこんところはよくわからんので、断捨離をしらべてください。)

 

 

現実に向き合わず、モノに埋もれて生きる事も、

そりゃ運気は下がっているだろうし、衛生的にもよろしくはないだろうが、

今の少し弱ったその人には、

そのちょっと「低めの波動」的なものが心地いい・・・と感じている可能性がある。

 

その人が「心地よくない」と自分で感じ始めるまでは、

まわりが何と言おうと、きっと変わらない。

 

そう思うんだ。

薄情かな?別に見捨てているわけじゃないんだよ。

きっと、その人にちょうどいいタイミングが来る。

それを待っているんだよ。

 

 

■モノを手に入れて幸せになったっていい。

どんなに買った服を着ていなくても、

どんなに量が多くても、

気に入った服を「一軍エリア」に入れるお客様の表情は、

とても明るい。

 

その人にとっては、

その服を持っている事で幸せを感じているから、それは着ている事と同じなんだと思った。

 

それに、買うときの高揚感やお店の人との関わりも、その人を助けている。

 

もしかしたら、その人の「服購入の感覚」は、少し歪んでいるかもしれないけど、

そもそも、どっこも歪んでいない人なんていないし、

みんな、なんだかんだ言って

どこかはとっても弱いものだ。

 

責めず、見守り、その人の顔が輝く瞬間はどこか・・・を観察する事。

 

今の私に出来る事は、それだけだけど、

それでいいと思っている。

 

エシカルファッションみたいなことは、

心が元気な人が、考え始めたらいい事だ。

まずは、自分のコップを満たしたあとで、やっと周りに愛がこぼれてくるわけだから。

 

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

【モノは不安・恐怖・無価値観の具現化?】断捨離と心の「かさぶた」説

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. メンタル

    「言ってもどうせ聞いてくれない」と思うから他人に気持ちが言えないあなたへ

    「私、あんまり自分の欲しいものや したい事を人に言わないんだ。」と…

  2. メンタル

    「当たり前」は本当に「当たり前」?感謝を見逃がす無意識の怖さ。

    お母さんがご飯を作るのは当たり前。片付けするのも当たり前。そう思われて…

  3. メンタル

    危険!書類の「完璧主義」+「先送り」

    こと書類のお片付けにおいては「完璧主義」は裏目に出る事が多い・・・。…

  4. メンタル

    【際限なき欲求との闘い】最小限ハウスと「幸せのありか」

    幸せってなんだろか。■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®…

  5. メンタル

    人に迷惑をかけてはいけない?

    日本人は「人に迷惑をかけてはいけない」と教わって育つけど、人に迷惑をか…

  6. メンタル

    【思考の整理】あなたの自己肯定感を助けるやさしくて強い武器

    昔の私は「思考の整理スキル」がゼロだったという事を思い出した。■徳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. インテリア

    「インテリアを解説する」?特技を極限まで磨いてみるというチャレンジ
  2. 家庭科・エシカル消費

    【ファッション】去年のお気に入りが、今年見劣りした件
  3. お片付け

    【助けてという勇気】自分を大切にするために必要な事と「裏メンタル」
  4. ファッション迷子の奮闘記

    【今期冬服】「買ったら負け組」チャレンジでミニマムクローゼッターを目指す!
  5. お片付け

    「収納内部の美しさ」なんて収納マニア以外気にしなくていい。
PAGE TOP