インテリア

「ホントにずっと好きなモノ」を見つけるための方法

昔から、雑誌を買ったら、

その中でどうしても手元に置いておきたい写真を切り抜いて

スクラップブックを作っていました。

かれこれ20年以上前からのスクラップブック。

時々写真を追加するときは、

私の中で少し「魅力を感じなくなったかな」と思う写真の上に、

さらなるお気に入りを貼って、どんどん「好き」の純度を上げていくのです。

 

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは(^^

家づくり収納コンサルタント

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

久しぶりに、昔のスクラップブックを見直しました。

いまだにほとんどの写真が色あせて感じないのにはびっくり。

さすがにプラスチックファイルがこんな事に。20年の重み。

 

初めは雑貨好きからスタートし、

少しずつ、「家」に対する興味が深まっていきました。

そうして厳選されてきたスクラップブックは

やはり、一冊目が今でも一番素敵で、

インテリアの仕事を始めてから後に作った

二冊目はなんか「邪念」が入ってる・・・💦

(使える資料を残そう)とか、(これから流行りそう)とか。

なんというか、

 

自分だけの「好き」の厳選ではないのですよねー。

 

一冊目のスクラップブックを作り始めた時は、

こんな仕事をするとは思っていなかったし、

超純粋な気持ちでお気に入りの写真を残したのでしょう。

 

■「古くなるモノ、ならないモノ」の違いは何?

そうやって、昔からインテリアを見続けてきましたが、

何年か経つと「古くささ」を感じるものと、全く変わらず魅力的なものとの「差」が

現れてきます。

「なんでだろう。何が違うんだろう」

 

正直、この違いが、いまだによくわからなくて。

 

どうせなら、「良さが変わらないモノ」を作りたい。

ホンモノを使っているから?

もともと古いものをセレクトしているから?

 

北欧のデザインも、むかーしからのデザインが、今も新鮮で美しく思えるし、

日本の「和」のデザインも、いつまでも斬新でおしゃれ。

 

結局「文化度」が高い時代のものは洗練されているのか?

 

・・・わからん💨

 

■私の好きなモノは、「自然のアイテムを多用したインテリア」

 

結局、20年前のスクラップブックを眺めてみて、

私は今もかわらず

「シンプル」で

「ナチュラル」な素材を使いつつ

「古くからあるもの」を混ぜてあって

「色みが落ち着いたインテリア」で

「女子っぽすぎない、ちょっと辛口のテイスト」が好きなような。

 

黒を効かせたり、

棚板が無垢だったり、

アイアン・タイル・アルミ・ガラス素材が好きだったり

ちょっと古びたものだったり

 

インテリア好きの友達と話しをしていても、

好きなモノは全くちがったりするから、

当然ながら、私のセレクトが一番というわけではなくて、

 

違うテイストなりに、めちゃくちゃ新鮮だったり、素敵だなあーっと思ったりするわけです。

 

でも、それが自宅だとおもったら・・・・

 

 

 

しばらくしたら(一か月くらい)、きっと「飽きてもーた・・・・」と、

模様替えを画策してしまうのだろう。

 

飽きない=本当に好き

という事。

 

■好きなモノを知るためにやっぱり効果的な「スクラップづくり」

 

ファッションコーディネートを仕事にしているおしゃれ仲間は、

やはりファッションの切り抜きをスクラップしていることが多い。

うちの娘も、一時期猛烈にスクラップしていたからこそ、

いまの超絶シャレオツ人間になっているのだろうし、

 

「スクラップブック」の効能ははかり知れない。

 

 

・・・とはいえ、義務感でやっても、

私の二冊目のスクラップブックのように残念なことになるから、

センスを上げる・・・という意味でスクラップをするなら、

正直、夢中になれるなら、やったほうがいい…くらいの感じです。

 

夢中になれないのなら、そこまで研究する必要もない可能性がある。と、思う。

 

私がファッションのスクラップをしないように、

ファッションの人は、インテリアのスクラップはしない。

不思議ですねー。人の「好き」という感情は。

 

これこそが、「個性」というものなんでしょう。

 

 

 

■まとめ「自分の【好き】は膨大な無駄ともいえる情報の中で、ちらりと光る真珠のようなもの。」

 

よく「好きなものがわからない」という人がいるけど、

それは、自分の好きなモノの中で、なんとか「価値がありそうなもの」「お金や仕事になりそうなもの」を選ぼうとしてしまうからなんだろうと思う。

 

でも、なにが価値が出てくるかなんて、

今の時代わからないし、

価値を生むから好き・・という視点では、

それこそ、私の二冊目のスクラップブックのつまらなさのように、

「時を超えてずっと好きである本物」には、きっとなり得ないんだろうな、と思ってしまう。

 

せめて子供には、

没頭できる「好き」の種を見つけたら、

余計な事を言わずに、そっとその種を育てられるように

気づかれないようにサポートしてあげて欲しい。(なぜなら、表面的に親が応援すると、子供は義務感を覚えて純粋な「好き」でなくなっちゃう気がするから。)

 

その「好き」の種が、たとえ「漫画を読む」「ゲームをする」という

親からしたら超くだらないように見える事だとしても、

 

今の時代、そこから生まれる価値なんて、

古い時代の私らに、わかるわけはないのですから。

 

最低限のルールさえ守ってもらえたら、

後は、自由にやらしてやる・・・というのも、

これからの時代の新しいやり方だったりして。

・・・

わからんけども。(無責任)

 

 

でも、うちの息子は

そんな「マンガ好き」「ゲーム好き」の代表例みたいなやつだったけど、

上手いことゲームの会社に就職して、クリエイターになった。

 

だから言うわけではないし、

進路が明確に決まるまでは「きっとこいつはニートまっしぐらじゃ・・・(´;ω;`)」

思ってもいたから、この放置教育も、賭けみたいなもので、お勧めできるわけじゃないけどね。

 

 

何がどのように転ぶかなんて、ほんとにわからない。

 

わからないなら、

全く自由の中で、制限がないなら、この子は何に没頭するのか、

余計な計算とかがない状態の子供時代を、よーく観察してあげる事って、

結構大事かも。と、思うわけでアリマス。

 

 

という、ほんとに超無責任なお話でした💨

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

 

■2018お片付けサービスメニューはこちら。

https://syuno-ya.com/home/page-78/

 

■Instagram お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

■毎週土曜日担当「家作り」ブログ

http://simpleinc.jp/blog/

 

■徳島お片付けラボ 竹内真理の考えている事が

30分で全てわかるラジオ↓

http://honmaru-radio.com/hachihachi0007/

ホンマルラジオ

 

1970年徳島県生まれ。

家作り収納コンサルタント。

インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザーの資格と、家具販売、工務店勤務、ハウスクリーニングの経験を生かして、お部屋をお客様にとっての「一番大好きな空間」に変えるお手伝いをいたします。

まずはお気軽にスタジオヒアリングにお申込みください(^^)/

図面と写真をお持ちくださいね~。

お悩みのお部屋だけではなく、お家全体の間取り図があった方がより詳しくご相談できます。

ちなみに写真は、普段の状態を撮ってくださいね。

 

片付いていないところを見られるのは恥ずかしい?

そんな事は全く心配なさらないでくださいね!

片付けが滞るのは、それなりの理由があるのです。

その理由がわかれば、半分解決したようなもの。

 

そもそも、「片付いていない」という問題に向き合う勇気を出して、

このブログをここまで読んでくださったあなたは

 

もう、次のステップに進む事を心の底で決めて来ているわけですから✨

必ず解決します!

 

お片付けは、眉間にしわをよせて、頑張るものではありません。

私と一緒に楽しみながら、あなたにとってとことん楽な仕組みを作り上げましょう。

ピックアップ記事

  1. 【新しい時代への移行】変化で起きる「ゆがみ」を片付けでリセット!

関連記事

  1. 子育て

    「どうして準備できていないのに遊んでるの!?」毎日怒りの繰り返しを何とかしたい

    こんにちは。先日甥っ子のしつこい行動に、思わずマックでぶちギレ…

  2. インテリア

    【家作り】流行を追わないのは無理?長く愛せる家と「インテリアの記憶」

    家作りの時に、流行のアイテムを取り入れるのは危険・・、と今まで言ってき…

  3. 子育て

    【幸せの前借り】目に映る世界を180度変化させて宝物に変える「考え方」

    実家の猫ちゃんが天使になった。■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガ…

  4. 子供のお片付け

    『早く片付けしなさい!』て、最近言わなくなったな。と思えるセミナーを開催します。

    節分も過ぎて、一年の始まりの日は真っ白な雪。心新たにスタートを切り…

  5. 子育て

    「生まれ変われるなら違う親の元に生まれたかった」干渉(コントロール)を生む心の穴

    こんばんは徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。…

  6. インテリア

    【窓】選択肢はカーテンのみ!?外からの視線対策を考える。

    イラストエッセイ「私の大好きだったものシリーズ」。地道に更新中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「捨てられない」

    「分ける」モノの純化と「はぐれもの小物」対策
  2. 家作り

    夢をあきらめずに家作りのコストを抑える方法
  3. 家庭科・エシカル消費

    ファッション迷子とかいう逃げ口上はもうやめた。
  4. 子供のお片付け

    世話焼きおばあちゃんと過ごす夏休み攻略法
  5. お片付け

    お片付け問題「慣れ」と「あきらめ」
PAGE TOP