子育て

「どうして準備できていないのに遊んでるの!?」毎日怒りの繰り返しを何とかしたい

こんにちは。

先日甥っ子のしつこい行動に、思わずマックでぶちギレたアカンオバちゃん

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理です。

 

怒るなっちゅーけど、怒りたくなる時って誰にでもあります。

今日は時間を切って出かける準備をしているのに、子供たちがだらだらして一向に着替えてない・・・!という怒りのコメントに対する回答を考えてみました(^^)/

 

■境界線としての「NO」

どこまで許されるか。子供の毎日は「自分の自由を拡大するための実験室」だと思って間違いない。親のバランス感覚が問われます。

 

でも、さっきのマックの話だけど

ぶちギレるのが本当にアカンか・・というと、

やっている本人のカッコ悪さは別として、一概に悪いわけでもないとは思っていて

子供に「この人はぶちギレた(俺は境界線を越えてしまった)」と認識させる役割にはなると思います。

 

「何をやっても怒られない」というのは、ともすれば「甘え」や「慢心」を増長します。

ここから先やったら、この人はキレるな・・・という境界線は引いて置いたほうが、こっちが楽です。(たとえ「すぐにキレる器の小さい大人」と思われたとしても。)

 

ここんところが、親の場合、日々の子供たちの巧みな交渉の結果、境界線があいまいになって、

「いや?昨日はここまでは許してくれたハズだけど?」なんて言われて

「え…そうだっけ・・?」となるようでは、ぐいぐいと国境がなし崩しに寄ってきてしまう。

 

基本「性善説」で子供を語る私ではありますが、

本来、「ずる」が付く賢さも持ち合わせている子供たち。

 

こちらも、ただぼへーっと対応するわけにはいきません。

「境界線」を超えてきたら、自動的に、当たり前に、バケツが落ちてくる仕組みを確立しておきましょう。もちろん、事前の警告信号もはっきり決めておくとより親切です。

「聞こえなかった」は無しの、明確な信号が必要です。(声掛けの時に同時に体に触れる、とか、イエローカードをかざすとか。)

 

■問題行動の裏にあるもの①「オトナの都合」

忙しいとついつい忘れる「子供のキャパ」。相手は大人じゃないんですから、あなたが思うより出来ない事も多い。そして、したくない理由も。

「何度言っても約束を守れない」という悩みはよく聞くし、よく体験しましたけど

実は「無理な約束を大人の都合でさせている」事も多かったりして。

 

「○○時には出るから、着替えておいてね!」という言いつけも、その子にとっては難しいのかもしれない。能力的には可能でも、モチベーション的にね。

 

例えば、着替える事よりも、その横にある絵本やテレビのほうが魅力的に感じてしまうとか。マルチタスクが難しい小さな子供には、『着替える』行動のみに集中できる環境づくりと、あとは、なんかのメリットでもないとなあー・・・。

 

「一人で着替えたらママの喜ぶ顔が見える」って、その子にとってどれくらいのメリットになり得ます?

 

ちょっと材料的に弱いかもねー(‘ω’)

 

もし出かける先が「自分の行きたいところ」ならば、てきぱき着替えて玄関でくつ履いて待っていたりして(^^💦

 

 

 

■問題行動の裏にあるもの②「約束を守らないほうがメリットがある」と思われている。

 

出かける時間になっても、余裕で準備をしていない僕。

 

「なんでいつまでも絵本読んでるのよーーーーー!」

と言いながらママがお部屋に入ってきた。

で、どうなるかというと、倍速スピードで、ママが着替えさせてくれる。

ラッキー!

 

断然こっちのほうが楽だよね。時間ギリギリまで絵本読めるし。

 

・・・こんな風にもし思われていたら、ガッカリです。

でも、可能性、ゼロじゃありませんよ。

 

 

うちの息子なんて、学校からの帰り道によくテレフォンカードで家に電話をかけてきて

「お腹が痛い・・・迎えに来て」と言ってました。

 

お腹が弱いうちの息子。かわいそうだと、必死で迎えに行ってました。が。

大人になってから息子曰く、「あれ、嘘よ。だって学校遠かったもん。」だって。

 

・・・・・なぬーーー(@_@)!?(←バカ親確定)

 

 

そりゃ、楽出来るほうを選びますよ。子供ってホント、容赦なく自己中です。

 

■怒らず・賢く・お膳立て。そして揺るがない「境界線」

 

では、例えば学校に行く準備がいつも遅れるなら、どうしたらいいのでしょう。

 

例えば

・その子の年齢や能力に合わせて、準備させる事を決める。

・大人のペースで同時にあれこれ言わない。一つずつ確実に。(着替えている最中に持っていくものの確認とか、「顔洗ったの?!」とか、言わない。)

・遅れたら遅れた分、次の日は早く起こす。

・絵本・テレビなどの妨害要因は無くす。

・やる事リストを書いて貼る。

・動線でやる順番を決めてルーティーン化する。

・定期的にアラームが鳴るようにセットしておく。

 

環境的に出来る限りの手を打った後は、余計な事を言わず、静かに見守りましょう。

(子供がやる行動のくせを静かに観察して、妨害要因をことごとく排除して改良。)

 

そこまでやってもダメなら、そりゃ本人が学校行きたくないんすよ。

そっちの可能性も探ってみましょう。

 

そして

ただの怠け心でだらけているだけなら、境界線発動でいいんじゃないでしょうか。

 

■「あんたの人生だ。お母さんには関係ねえ。」

子供を守ってあげたい気持ちが100%通じたらこっちは安心なんですが、そうもいかない事も。最終的に決めるのは子供。痛い目にあってからやっと気が付くってこと、自分にも身に覚えがあります。

 

最終的にママが出てきて助けてくれる、と思えば、うちの子みたいに甘えが生じます。

 

それがその子にとって良くないと判断するなら、

あっさり手を放し、人生の舵を子供にゆだねましょう。

だって、子供の人生ですもん。

 

学校でがっつり怒られるのも、あながち悪い経験ではありませんよ。

どないか言い訳したり、頭を使うのもいい経験ですし、

めちゃ困るのも、また勉強です。

 

目先の楽や楽しさを取る事で、後々困るという経験て、超大切な「学び」だと思いません?

ガスコンロや換気扇の掃除、目先の楽さをとって放置した結果の大変さ・・・あれです。

 

 

学んでもらいましょう。あなたがそこまで必死になって毎朝怒り散らしながら、失敗から守ってあげる必要なんてありません。

 

別に、死ねへんしね(^^♪。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

【子育て】参考記事

23歳娘の子育てスパルタ否定論と「片付けで思考力アップ」

「私ばっかりが大変!」でも「手伝って」と言えないあなたへの処方箋。

子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。

今この瞬間に、「散らかったストレス空間」を、「幸せフルなハッピー空間」に変える方法

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

↓エクリュプラスのサービス内容詳細はこちら

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

・竹内プロフィール

https://syuno-ya.com/home/profile/

・スタジオインテリアの工夫

https://syuno-ya.com/home/interior-4/

 

■Instagram お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

関連記事

  1. 子育て

    テンパって余裕がない時についつい眉間にシワが寄ってしまう私とあなたへ。

    テンパると心に余裕が無くなる。テンパっていても人にやさしくなるためには…

  2. 子育て

    【ラスボス級・苦手な事】「逃げる」or「はらを括って向き合う」あなたはどっち

    「逃げる」事は悪い事じゃない。でも、向き合っているふりをして実は逃げて…

  3. 子育て

    親子お片付けセミナーと「親のキモチ」

    simple.incさん主催の、「親子お片付けセミナー」無事終わりまし…

  4. インテリア

    【見えない労働】子育てとインテリアコーディネーターの共通点

    インテリアコーディネーターって、一見小ぎれいな仕事でらくちんそうに見え…

  5. 子育て

    【同居の悩み】「私は家に居場所がありません。」に対する回答例

    人は信じて任されないと力を発揮できない。子供もそうだけど、ママも同じだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    引っ越し。「お友達を呼べるようになりました!」
  2. 家作り

    【自分軸を作る意味】「どうしたいか」で正解が変わるから。
  3. 家庭科・エシカル消費

    「エシカルファッションに対する消費者の意識向上」研究・追調査レポート
  4. 家作り

    収納激少ない超絶おしゃれな家に住む場合のシミュレーション
  5. 収納実例

    【子供部屋の片付く仕組みづくり】空間が子供たちの「やる気」を作り出す!親がやるべ…
PAGE TOP