起業について

【片づけのお仕事】収入は?評判?ライフオーガナイザー歴8年、私のリアルな実感を告白

ライフオーガナイザーの仕事を、収入を得て長年続けられるために乗り越えるべきいくつかのポイントについて、あくまで地方在住の私視点でお話します。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

お問い合わせフォームはこちら

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

先日やっと発売されて、手元に届いたこちらの書籍。

ライフオーガナイザー協会の高原理事がせっせと作ってくださった、「片付け業界が丸ごとわかる本」

もちろん、すべての「片づけ業界」の事がわかるわけではないのですが、

それでもかなり客観的な視点で、

社会全体における、今の「片づけのプロ」という存在の立ち位置が

わかるような本になっていると感じました。

 

さらに、それぞれの「片づけのプロ」の考え方の微妙な違いやスタンスなどもわかるので、

自分がどんな人に片づけを依頼したいのか、あたりを付けるのにもかなり有効だと思います。

 

 

もちろん、ライフオーガナイザーの中でも、それぞれのキャラクターの違いにより、多少の得意不得意や考え方の違いはありますが、

全体的にはやはりそれぞれの協会」の持つ価値観・・・みたいなものが、サービスの根本的な違いとなっているようにも感じました。

 

■私がライフオーガナイズを選んだ理由

個性の違いを認める、チーム「ライフオーガナイズ」

 

私が昔から認知度が比較的高く、

自分も資格を先に取っていた「整理収納アドバイザー」よりも

後発の「ライフオーガナイザー」に響いた理由は、

今となってみれば、自分が

 

「こうあるべき」といういろんな世間的な価値観で、自分を縛る傾向が強かったから

・・・なのかもしれない、と

最近、思うようになりました。

 

 

クソ真面目に『こうあるべき』に縛られている人ほど、

『こうあるべき』という言葉に強く反発するのかもしれない、

とうちカタ塾のワークをやっていて気が付いたのです。

自分が考えていたことでも

同じことを他人から『こうあるべき』などと言われたら、

むかついてそれをしたく無くなる(←おこちゃまな私)・・・なんて、

じつに他人軸甚だしいんだけど、

それが私だった。

 

だから、そっと傍らから寄り添ってくれて

「正解はないんだよ」

「『べき』に縛られなくていい、あなたはどうしたい?」

と聞いてくるライフオーガナイズに

コロリといっちゃった、てわけ。

 

 

■これから片づけのプロを目指そうかなと思う人へ

だから、そんな考え方を、もっと他の人、とくに私のような『他人の価値観でガッチガチに縛られていた人』

ライフオーガナイズを知ってもらって、楽になってほしかった。

 

だから、「ライフオーガナイザー」になったのです。

 

片づけのスキル自体は、

どちらかというと大雑把で詰めがあまく、

 

収納グッズを研究する意欲も薄いし、

そもそも、そんなに潔癖じゃないから、多少の散らかりくらい、「いいじゃないの」と思ってしまうところもある。

 

そんな中途半端な私でも、片づけのプロとしてもうすぐ7年目に入ろうとしているくらい長続きしているのは、

・別のスキルと掛け合わせたから

という一点に尽きると思います。

 

正直、私のような「営業スキル」が低い人は、片づけの仕事一本で食べていくのは厳しい

特に初めは。

田舎はとくに「片付けの仕事」に対する意識が

まだまだ追いついていないから、お客様の絶対数が少ないしね💦

 

だから、インテリアの仕事や、家作りの経験を生かした仕事も合わせてやりながら、

収入が少ないときはバイトも掛け持ちでした。(今も収入はとくに多くないけど。ゴメン、ユメナクテ)

 

 

でも、こんな厳しい状況を潜り抜けて、それでも「ライフオーガナイザーになってよかった」と言っているのは、

片づけという仕事の可能性が、どんどん自分の中で広がってきたからです。

 

私の場合、

家作りや、環境、子育てなどを、片づけを通して語る事に

意義を感じられるようになってきたのも、

長く続けられている理由かもしれません。

 

 

「片づけ」という一つのテーマで飽きずに発信し続けるためにも、

片づけ以外の、あなた独自の得意分野を掛け合わせるアイデアが浮かんだら、

より一層、チャレンジしがいのある仕事になると思います。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

【子育て】「子供がゲームの事ばかり考えて困っています」について考えてみた。前のページ

「お得」の裏側を考える。次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 起業について

    女性が本気で働くときにどうしても障害となる「家事・育児」についてどう向き合っていくか、考えてみた。

    忙しくなる時って、なんか急にやってくる。ありがたい事だが、やり切れるの…

  2. 起業について

    「片付け収納のプロとして働きたい」は甘い主婦のたわごと?地方在住「片付けのプロ」が語るリアル

    ライフオーガナイザーとして独立してもうすぐ九年目にはいる中堅どころとし…

  3. ライフオーガナイズについて

    【ライフオーガナイザーは怪しい?意味ない?】片付け収納のプロとして業界を見る

    最近「ライフオーガナイザー 怪しい」というキーワードで検索して私のブロ…

  4. インテリア

    「ホントにずっと好きなモノ」を見つけるための方法

    昔から、雑誌を買ったら、その中でどうしても手元に置いておきたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. お片付け

    引っ越し前にクローゼット整理で洋服ゴミ袋二袋分処分!
  2. 子育て

    カッコつけたい。甘えたい。
  3. お片付け

    バリエーションの呪い 食器編
  4. お片付け

    家族の「片づけられない」問題を解決する「怒る」以外の選択肢
  5. 波動

    本当に大切なものは何?今こそ問うべき人生の価値観
PAGE TOP