「捨てられない」

バリエーションの呪い 洋服編

服、食器、おもちゃ。

日本人は「バリエーションの呪い」にかかっている・・・と思っちゃうんですよねー💦

 

という事で、今回は三回にわけて、

日本人がかかっている「バリエーションの呪い」について。

 

こんばんわ!

新築前のお片付けで100万コストダウンを目指す!
徳島の家作り収納コンサルタント

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

捨てられない物№1「洋服」。

この数を絞り込めたら、かなら収納スペースは削減できます。

 

呪いを解除して、身軽に生きる!

■「同じ服を着ていると思われたら恥ずかしい」という思い込み

ここ数年で、ぐんと服を絞り込んだ私ですが、

それまでは、本当に安い服をたくさん持っていました。

通販とか、好きだったんです(-ω-)💦

見ると欲しくなっちゃいません?私はなっちゃってました。

「これを着たら、このモデルさんのようにになる」

そんな無意識の思い込み💦(なるわけない)

通販は試着も出来ないので、失敗も多いわけです。

なのに、懲りずにまた買う。

つまりは、その自分の失敗のサイクルに、全く無頓着だったのです。

■本当に似合う服がわからない・・・

では、実際に気に入って着ている服はどれくらいあったのでしょう。

私の場合、結構長い間「似合う服がわからない」と迷走していたので、

買っても、着ない・・。満足できない・・・。

自分に自信がなくなる・・・。

負のサイクルです💦

 

それは骨格診断で判明したのだけど、

「なりたい自分像」と「本当の自分像」がずれていたから、

買っても買っても、似合わない。

(可憐ではかなげな女性に憧れていた私ですが、骨格はガッツリ肉食系ストレートタイプでした。小花柄やレースチュニックなんて、死ぬほど似合いません。峰不二子が、レースチュニック着たら、どう思います?小花柄ワンピなんて着ていたら、後ろから殴りたくなるかもしれません。私は峰不二子ではありませんが、例えるなら、そんな感じ。)

 

「自分」の体型の個性を受け入れるのって、なかなか厳しいし、一人ではわからないものです。

 

話は脱線したけれど、

結局「自分に似合う服」が「自分の望んでいたイメージと違う」ショックは

時とともに薄れ、

ありのままの「体の厚みがあり、ボリュームがあるストレートタイプ」を受け入れて

シンプルベーシックな服を選ぶようになってから、

服がほとんど「ユニフォーム化」!

 

そもそも、「いろんな服を着なくちゃいけない」なんて、

そんなのいつの時代からじゃ?

誰の意見なんじゃ。

 

似合う服を着る事が大事なのであって、

いろいろと着る必要、ある?

 

シンプルな服を、アクセサリーや、ちょっとした小物で印象を変えていくほうが、

ぐんとおしゃれさんになった気がして、今の私は、人生最高にファッションを楽しんでご満悦です✨

多分、服の数は今までで一番少ないはずですが、

ファッション、楽しいです。

 

私の「バリエーションの呪い」は解けました。

ワンシーズン メインコーデ 3パターン+リラックス普段着くらいで十分です。私はね。

 

バリエーションの呪いシリーズ。次回も続きます(^^♪

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

【七月の講座のご案内】

はぴママ子供お片付け教室

 

好評「子供のお片付け教室」を夏休みにたくさん開講します。
夏休みスタートのモチベーションをあげるために。
ママと一緒にお片付けに楽しく取り組めるように。
自由研究の課題に(^^)/

■はぴはぴママのスクール 7月22日 8月3日 親子で参加 1500円(大人のみ1000円)
■板野町東公会堂  7月20日 (無料)
■平惣書店  8月4日 1000円(親子・大人のみどちらもOK)

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらから。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■エクリュプラスHP

http://ecru-plus.wixsite.com/ecru-plus

 

■2018お片付けサービスメニュー

https://syuno-ya.com/home/page-78/

 

■Instagramもやってます。

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

 

 

 

 

関連記事

  1. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。

    子供は散らかっていても平気だと、あなたは思…

  2. お片付け

    「どこから手を付けたらわからない」は、やらない言い訳の可能性80%

    お片付けラボの記事で、雑誌の取材をしてくださったお姉さんは、ガチの『片…

  3. お片付け

    「その言葉は自分にかける呪文」

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス…

  4. 「捨てられない」

    「断捨離・願掛け」大成功~✨

    おはようございます!徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理…

  5. お片付け

    「散らかり」に目が慣れる。

    おばあちゃんと日和佐にお花見に行ってきました✨徳島お片付けラボ…

  6. 「捨てられない」

    「三年使わないものは捨てる」説は正しいか、間違えか。

    「使わないものは捨てましょう」。確かに正論だが、素直になれないのはコレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    バックヤードリビングは例えるなら「楽屋」。ぐうたらな私とあなたのための新スタイル…
  2. お片付け

    「モノを持たない暮らし」への転換期
  3. お片付け

    片付け上手な人にはライフオーガナイズは必要ないのか その1
  4. お片付け

    「自分で考えられるようになりました。」お片付けと自己肯定感の密接な関係
  5. 「捨てられない」

    片付けられない「家族」を責めてしまいます。
PAGE TOP