子供のお片付け

自立して巣立つ子供へ。一人の大人として、今、親が伝えるべき大切な事。

自立した後の子供部屋がそのまんま問題。これ、地味~に社会問題と言えるかも。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

 

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

今はまだまだ小さくて可愛いあなたの子供も、

いずれは大きくなって、巣立つ時がやって来ます。

その時、あなたの子供さんの個室はどんな状態だと思いますか?

 

キレイに片づけて、空っぽになった部屋の、ベッドの上には「お母さん、お父さん、今までありがとう。東京でがんばるからね」とかいう、素敵な手紙がそっと置いてある・・・・

 

とか、

 

想像しているとしたら、それは

 

「甘い」

 

の一言に尽きると断言します。

 

■ほとんどの子供はこれから始まるわくわくの未来しか見ていない。

新しい生活、ばんざーい✨

 

個々だけの話、少なくとも、私が今まで関わった片付け現場で、そんな素敵子供さんを持つお客様は皆無でした。

「子供が家を出る時は、片付けて出るモノだと思ってましたが、そうじゃないんですね・・・」

そんな言葉を、今まで何度聞いた事でしょうか。

 

ちなみに、かくいう私だって、家を出る時に自分の部屋を片付けた記憶、ありませんもの(キッパリ)。

 

子供は自分の部屋はそのまま、独立したあとも、ずっと『自分のモノ』のつもりで出ていきます。

いつでも帰ってこれる、今まで通りの自分の部屋を残しておきたい気持ちはわかりますが、散らかしたまま、不要なモノをめちゃため込んだまま、放置って、それ、自立した大人のすることでしょうかね。

そこんところ、気が付かないままで、大人って言えるんでしょうか。

 

■「一人の大人として、君に言うよ。きちんと自分の部屋に片を付けてから家を出なさい。」

実家を物置にしている人、手を上げて!

そのままにして家を出ようとする事に悪意は無いのです。

子供たちは、未来しか見ていない。

後ろにある自分の部屋の事なんて、気が付いていない可能性がある。

 

だからこそ、親はきちんと伝えてあげるべきだと私は思います。

「一人の大人として、あなたに言うよ。あとに残す人の事を考えて、きれいにしてから家を出なさい。」

これくらいの事は、親として言ってもいいのではないでしょうか。

 

帰ってくる場は残してあげる。

でも、そのままじゃいけない。

 

その事に気づかせてあげる事は、他者への思いやりを養う事でもあると思うのです。

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

インスタも頑張っております。フォローよろしくお願いいたします✨

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

■お問い合わせ・アクセス

 

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

 

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

【捨てられない】溜まる「試供品」どうする?前のページ

夫婦の家事分担、あなたはどうする?どうしたい?次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 子供のお片付け

    「片づけは嫌なモノ」と思い込んでしまった理由と、「片づけ嫌いマインド」の解除法

    「みんな~、お片付けと聞いたらどんな気持ちになる~?」「めんどくさーー…

  2. お片付け

    「五分で片付く家にしたい!」お片付けスイッチ入りました。

    子育てをしながらお仕事をしているママは時間がない。でも、時々は子供…

  3. 子供のお片付け

    高校生に対する「家事」の教え方

    家事はめんどくさいだけじゃない、意外と楽しいと子供たちに思ってもらいた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. ライフオーガナイズについて

    「片付け」という正義
  2. 家庭科・エシカル消費

    セカオワに見る「社会貢献」と「自分のため」
  3. お片付け

    【片付く家の大原則】「小さなもの」ほど定位置を
  4. ライフオーガナイズについて

    絶対あなたを否定しない。
  5. 波動

    【3.11】被災地にかかる虹と「未来を変える」たった一つの習慣
PAGE TOP