お片付け

2019年 エクリュプラスの「新年の抱負」

あけましておめでとうございます。

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

2018年の締めくくりは、徳島新聞さんの「ぴーぷる」掲載の丸々とした顔写真でしたが、

新聞記者さんの熱心な撮影表情指導のおかげでこんな素敵な笑顔に(^^)。しかし実際は冬なのに汗だく。

なんとか無事に新年を迎える事が出来ました(^^)/

朝からすごく気持ちのいい天気で、2019年はとってもいい年になりそうな予感。

 

 

今年は東京に住む息子も「夜行バス取れんかった」の一言で帰って来ませんし、

娘も当然カウントダウンとか言いながら、大掃除もそこそこいなくなる。

子供が大きくなるって、まあこういう事です。

そして私といえば、フリーダムな友人たちと家でお酒を飲みながら語り合い年を越しました。

我が家の家飲み会はいつもこんな感じ(‘ω’)これはクリスマス会の様子

 

一人一人が自分の楽しみを見つけて依存しない。

一緒にいられるときは、その時間を楽しむ。

 

こんな風に、子供が小さいときとはまた違ったお正月の楽しみ方ができるのも、いい感じに年を重ねたご褒美かと(^^)。

ありがたいですねー。

こんな天使だった子供たちも、今ではすっかりオトナ。ラインしても返事も来ないよ・・・。とほほ。

 

 

■「そろそろ補助輪を外せ」と言われたような2018年

新聞に(丸い)顔が載ったりすると、もしかしたら「竹内さん順風満帆」とか勘違いされる方もいらっしゃるかもしれませんが、振り返れば、私の2018年はまったくもってそうではなくて、ひたすら地べたを這いずり回る体たらくの一年でした。

時の河を~渡る船に~オールは無い~♪

 

まあ、その原因は全て自分にあって、結局は「自立」が足りなかった・・というだけの話なんですが、独立して初めのうちは、自分の力が未熟なぶん、いろんなところからその時に応じたサポートがあり、なんとか生きて来れただけだったんだなと今更ながらに気が付きました。

 

ある程度自分の力がついてきたあたりで、「そろそろ補助輪はずせよ」と、神様から言われているような感じです。たしかに、補助輪を外したらしばらくはふらふらと危なっかしいですが、本当の楽しい自転車ライフはそこからがスタートですもんね。

そんな意味でも、2019年が本当のスタートと思ってもいいのかもしれません。

 

 

■【消費者教育】まわりから与えられる「やるべきこと」に向き合ったから見つけたもの

 

そんな低迷期2018年の活動の中でも、かろうじて光だったのは、「子供のお片付け」と「食品ロス」の二つのテーマで活動出来た事でした。

我らが鳴門教育大学の坂本准教授と♡恥ずかしくてお顔が真っ赤です。

特に、「食品ロス」「消費者教育」「ゴミ・環境問題」を、片付けと関連付けて発信する・・・という分野は自分発の考えではないけれど、やればやるほど『片付け』というフィルターを通して世界を見る事で、すごくスムーズに良いアプローチが出来る!という事に気が付いたのです。

 

■大切なことは全て足元にある。

 

『片付け』は自分の生活に密着したもの。

でも、そこにある様々な『モノ』は世界と結びついています。

 

人は見たくないものを無意識に「無いもの」として無視してしまう癖がある。

部屋の隅のごちゃごちゃのカオスエリアも、やばい環境問題も、無い事にして、楽しく逃避したい・・・・。

収納が多くても、定位置が決められていないとスッキリ使いやすくはならない。

そこんところにやさしい顔をして切り込んでいくのが、ライフオーガナイズの役割かもしれない。

 

大切な事は全て足元にある。

無意識に封印した「見たくないもの」の箱を開ける勇気こそが、あなたを変化に導きます。

混在していたアイテムを種類別にわけて、適切な場所に定位置設定。ちょいとモノを置けるフリースペースも散らかり防止に有効。

 

 

■2019年エクリュプラスのテーマ

気付き無くして変化無し。

という事で、2019年のエクリュプラスのテーマは「気付き」です。

古い価値観から、新しい価値観へと世界はどんどん変化を遂げています。

とはいえ無理にいきなりあなたが変わろうとする必要はありません。

ただ「気付く」だけでいい。気づけば勝手にいろいろと変わり始めます。

無意識に繰り返していた「癖」。

無意識に子供に投げかけていた「言葉」。

収納や暮らしのこだわりに無意識のまま建てる家。

 

しらないうちに浸食している「無意識」の行動一つ一つに意識を向ける事ができたら

あらゆる問題が、自然と解決していくと思います。

 

「気付く」だけ。

それなら、お気楽にチャレンジできますよね(^^)/

 

2019年は、空間だけではなく、あらゆる方面でライフオーガナイズの「気付き」の効果を試してみたいと思います。

 

 

もっともっと多くの人に、ライフオーガナイズを知ってもらって、気持ちが楽になって、笑顔が増える社会をつくる一助となりたいです。

皆さま、応援してくださいね!

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

 

・エクリュプラスのお片付けサービスって、実際のところどんな感じ?

と思ったあなたのためのページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

・竹内プロフィールhttps://syuno-ya.com/home/profile/

・スタジオインテリアの工夫 https://syuno-ya.com/home/interior-4/

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■Instagram 毎日のインテリアのちょっとした工夫をご紹介しています。お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

■徳島お片付けラボ 竹内真理の考えている事が

30分で全てわかるホンマルラジオ↓

http://honmaru-radio.com/hachihachi0007/

 

1970年徳島県生まれ。

家作り収納コンサルタント。

インテリアコーディネーター

ライフオーガナイザー

整理収納アドバイザー

【徳島お片付けラボ】ライフオーガナイザー三人からなる、徳島お片付けラボというチームを組んで、お客様のご自宅のお片付けサポートのお仕事をしています。捨てろと言わない、怒らない、頑張れと言わない。「3無い」主義で楽しく笑いながらお片付け、がモットーの、ゆるーいチームです。ちまたの収納達人とは、ちょっとばかりイメージが違うとよく言われます。

【エクリュプラス竹内真理】1970年徳島生まれ。四国女子大学家政学部卒。

利き脳は右寄りの右左脳でO型のおおらかな(^^)気質で細かな事は気にしませんが、

インテリアの見せ方には少々こだわりあり。

事前プレゼンシートや、作業報告書を省き、質実剛健な現場主義でコストを抑えたサービスに特化しています。(メールアフターフォローは万全!いつでもご質問お受けします。)

 

まずはお気軽にスタジオヒアリングにお申込みください(^^)/

【お片付けスタジオ相談の時のご注意】

簡単なモノで買いませんので、おうち全体の図面と

「最大散らかっている状態」のリアルな写真をお持ちくださいね~。

片付いていないところを見られるのは恥ずかしい?

そんな事は全くご心配なさらないでください。

片付けが滞るのは、それなりの理由があるのです。

その理由がわかれば、半分解決したようなもの。散らかった状態の中に、解決のヒントが隠されています。

 

そもそも、「片付いていない」という問題に向き合う勇気を出して、

このブログをここまで読んでくださったあなたは

もう、次のステップに進む事を心の底で決めて来ているわけですから✨

大丈夫!必ず解決します!

 

私と一緒に楽しみながら、あなたにとってとことん楽な仕組みを作り上げましょう。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

関連記事

  1. お片付け

    「モノ」を通して向き合うのは「未消化の過去の自分」

    鳴門教育大学の食品ロスセミナーまであとわずか!セミナーの前はいつでも緊…

  2. お片付け

    片付け上手な人にはライフオーガナイズは必要ないのか その1

    片付け上手な人は、そもそもライフオーガナイズサービスなんて申し込まない…

  3. お片付け

    劇的にキッチンの使いやすさを向上させる3つのポイント

    ■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■【…

  4. お片付け

    ライフオーガナイズの「思考の整理」をマスターする。

    こんばんは。インテリアと整理収納で人生を変えるライフオーガ…

  5. お片付け

    「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「捨てられない」

    「他人軸」「使いこなせていない」「理想と現実のギャップ」
  2. お片付け

    『片付けが出来ない』思い込みは、ほんの少しのズレから生じる。
  3. メンタル

    現実を直視する勇気のみがあなたを変える。
  4. 収納実例

    IKEAのSKUBB(スクッブ)はおおざっぱ右左脳の強い味方
  5. 家作り

    【無料だと思っていない?】見えない家事と「設計図」
PAGE TOP