子育て

一番大切なのは「信じて待つ」事。

実家に行くと、甥っ子や姪っ子からモテモテ。

この幸せ、いつまで続くんだろ・・と毎回「これが最後じゃないか」という気持ちで一瞬一瞬をかみしめている

家作りコンサルタント
徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

■「きちんとした子育てをしたい」という願いと「自尊心」

それにしても、この甥っ子たちのパパは、

我が弟ながら、しつけにはめちゃ厳しい。

細々としたことを、いちいち叱る。

きちんと育てたい気持ち、とてもよくわかるけど、

たくさんの「こうすべき」を雨あられのように常に降り注いでいると、

そのたくさんの期待に当然応えられない子供には、

たくさんの「×」も降り注がれていく。

 

「どうしてできないの」「何度言われたら出来るんだ」

きちんとしつけよう、という気持ちが、

子供の「自己肯定感」をどんどん下げていることに、

やつは気が付いているだろうか。(一応、伝えてはいるんだけどね・・。)

 

ライフオーガナイズの

小さな「出来たこと」を認め、自信を積みかさねてあげる・・・という

育て方をするためには、

オトナの「忍耐」が必要だという事です。

 

多少、片付けが乱雑でも、

多少、忘れていても

出来たことはないか?

よいところを探す目を親が持ってあげないと、

子供はひたすら「×」を溜めてしまうのです。

 

「自分なんてどうせ・・」

「自分に出来るわけがない。」

そんな思い込みを持つのは、大人でも少なくない。私を含め。

特に厳しく育ったわけでもない私でも、

人生の中、いろいろと経験して「自分なんて無力だ」という思い込みを持ってしまうのだから、

せめて親くらいは

だめな自分でも許してくれる存在になって、

しっかりとした「心のベース」を作ってあげたらいいんじゃないかなあ。

 

教えるけど、すぐに成果を求めない。

のんびりと、出来る事を信じて待つ。

親子でお片付けに取り組むのは、

そんな「信じてのんびり待つ」を実践する場として最適なのです。

 

 

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

 

おおざっぱな人のための書類整理術前のページ

「別に不便を感じていない部屋」ではなくて「気分が良くなる部屋」を目指す。次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. お片付け

    大切なのは「モノ」じゃない?抱え込んだ「べき」に気が付く魔法の質問

    こんばんは(^^♪「ゆるーく楽しくお片付け」がモットー!…

  2. インテリア

    【見えない労働】子育てとインテリアコーディネーターの共通点

    インテリアコーディネーターって、一見小ぎれいな仕事でらくちんそうに見え…

  3. 子育て

    カッコつけたい。甘えたい。

    子育てはずいぶん昔。だから今の子育てサンプルはいつだって甥と姪。…

  4. 子供のお片付け

    『早く片付けしなさい!』て、最近言わなくなったな。と思えるセミナーを開催します。

    節分も過ぎて、一年の始まりの日は真っ白な雪。心新たにスタートを切り…

  5. インテリア

    「ホントにずっと好きなモノ」を見つけるための方法

    昔から、雑誌を買ったら、その中でどうしても手元に置いておきたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. メンタル

    さようならと、暮らしの変化と、片付けと。
  2. パートナーシップ

    片付けに乗り気じゃない旦那様を動かすための3つの方法
  3. 「捨てられない」

    『片付け苦手マインドが一日で変わった!』 チャリティイベントお客様の感想
  4. インテリア

    かたづけ上手に見える「収納ディスプレイテクニック」3選
  5. 子供のお片付け

    すぐには変わらない。そして変わらないものも無い。
PAGE TOP