子供のお片付け

スタートが肝心!子供のお片付け教室で「できる俺」のセルフイメージを作る。

「子供お片付け教室」

 

 

こんにちは(^^

家づくり収納コンサルタント

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

なんとなんと!このたび

 

「徳島子育て情報発信中!ママ目線のリアルな徳島子育て情報ブログ」に掲載されました✨とーってもわかりやすくライフオーガナイズをお客様からの目線で語ってくれています。

お片付けサービスなんて、徳島にあったんだ。

お片付けサービスに興味があるけど、実際のところどうなの?

価格だけの価値はあるの・・・?と

二の足を踏んでいるというあなたに、ぜひ読んでもらいたいブログです。

徳島のママ向けの超役に立つリアル情報が満載のこちらのブログ、

ご存知なかった方はぜひお気に入り登録をお勧めしまーす✨

https://www.awama.work/entry/life-organizer-kitchin/

 

【新着セミナー情報】

はぴママ子供お片付け教室 7月22日日曜日 10時~11時半

http://happyhappy-school.com/events/%E3%81%8A%E7%89%87%E4%BB%98%E3%81%91%E6%95%99%E5%AE%A4/2018/07/22

平惣書店沖浜店 子供お方付け教室 8月4日土曜日 午後11時~12時半

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

子供のお片付けって、ママのお片付けの悩みごと№1かもしれません。

たしかに、オモチャはこまごまとしているし、それが混ざると最悪だし、

片付けても片づけても、まさに「賽の河原」。

ここはもう地獄か・・・!という惨状になる事も多々ある難儀な問題です。

 

好き放題させていたらとんでもないことになるから、ついつい

口出ししてしまう。

リビングに散らかるオモチャのカラフルな色がガンガン脳に刺激を送ってくる。

しかも踏んだら痛い( ;∀;)!

機械音がしつこいっっっ!

だからしまじろうの付録はまぜるなっちゅーーーーのーーーー!

 

ぎーーーーーー!

 

 

■ほんとうは怒ったりしたくない。

でもね。

本当は優しいママでいたい。

怒った後、必ず自己嫌悪になるのです。

 

自分だって、完璧に片づけていないのに、

子供にだけ片付けを強要するのは違うって、分かっている。

 

私が言う前に、自分で考えて片づけてくれたらどんなにいいだろう。

そうしたら、優しいママになれるのに。

 

 

■「自分で片付けに取り組める子供になってもらいたい」

言われなくてももとに戻してほしい。

違うオモチャで遊ぶときは、先に遊んでいたおもちゃを片づけて欲しい。

細かいオモチャをいろいろと出して混ぜないでほしい。

 

子供に期待することは、いろいろあると思います。

だからつい、

「○○ちゃんは、きちんとお片付けできているのに、あなたはどうしてやれないの?

(やれるはずだ。やる気がないだけだ。)」

「片付けないなら、もうおもちゃは買いませんからね。」

 

こんなふうに人と比べたり、買わないとおどしたり。

私も、めちゃくちゃやってました。

ゴミ袋に子供の目の前でおもちゃを入れたこともあります。

(でも本当は捨てない。そして、それも見破られている。)

 

でも、

おどしも、比較も、おだても、子供にはあまり効かない。

その時は泣いて謝って片づけても、次の日はまた同じことの繰り返し。

 

でも、じゃあ、どうすればいいの?放置しろというの?私がやれとでもいうの?

一生片付けが出来ない子供になったらどうしよう。

 

「自分で進んでお片付けをする子供」なんて、理想論だ。

そんな子供、いるはずがない・・・・。

 

わかります。出口のないトンネル。

そんなふうに、私も思っていました。

でも、どうやらそうじゃないみたいなんです。

 

ちょっとしたアプローチの違いで、

子供たちに目の輝きを取り戻す事ができる。

 

それをライフオーガナイズでマスターしました。

そのスキルを今日はご紹介します。

 

 

■片づけのハードル、高すぎてない?

子供お片付けセミナーをやっていても、

実際にお片付け現場で子供たちと触れ合っていても、

毎回感じる事ですが、

 

子供は基本的に

「スッキリときれいな空間が大好き」なんです。

 

そのほうが遊びやすいし、自分も快適だとわかっている。

 

ただ、そのやり方がわからない。

やろうとしても、難しい。

たくさんありすぎて心が折れる。

 

そんな風に、「お片付けのハードル」が高いと、どうしても逃げたくなる・・・

 

でも、そんなのは、オトナだって同じだと思いませんか?

 

難しく分厚い問題集は、開くのもいやだが、

薄くて文字が大きなワークブックなら、やってもいいと思う。

 

なつかしい、そんな感覚。

子供のお片付けも、似たようなものだと思うのです。

 

 

■お片付けハードルを下げるための3つのセルフチェック

だから、

子供に分厚い問題集をはじめから与えてしまっていないか、

セルフチェックをしてみましょう。

・難しいことを押し付けていないか?

・その方法は子供にとってやりやすいのか?

・大切じゃないおもちゃがまざっていないか。

子供のお片付けモチベーションと自己肯定感を下げるようなこと、やっていないか、

まずは自分の言動を振り返る事・・・・それがなにより大切なファーストステップなのです。

 

■「俺はお片付け、得意」と思わせる

 

お片付けに対するイメージを、

「親にやらされる嫌な仕事」から

「自分の能力を発揮できるクリエイティブな遊び」

のように変換することができたら、

楽しいと思いませんか?

 

それって、不可能じゃないと思うのです。

だって、お片付けは積木やレゴみたいな「城づくり」遊びにそっくりなんですから(^^♪

 

大好きな宝物を、どこにどうしまうか。

自分の部屋をどう「素敵な城」にするか。

発想の切り替えが、片付けを「簡単で楽しいもの」にすることができるのです。

 

ライフオーガナイズの

「理想のゴール・わくわくの原動力」

「四つに分ける・自分軸を取り戻す」

「俯瞰力・考える力」

 

この三つの技術を使って、

子供たちの発想の転換を促します。

 

「子供お片付け教室」セミナーからの帰り道

「俺、かえったらすぐに片付けする!」と、全員が言うかどうか・・・は別として(^^♪

「子供お片付けこの方法なら、自分にもできる気がする。片付けって、けっこう簡単かもしれない。」

・・・くらいは、思ってくれるかもしれない、と思っています。

実際に、過去のアンケートから見ても、ほぼ90%のお子様の心に変化がおきているようです。

 

もちろん、ママにも変化が起こります。

少なくとも、ちょっと力が抜けて、楽になり、少し口角が上がります

 

「子供お片付けセミナー」では、洋服のたたみ方も練習しますよ(‘ω’)

Tシャツを一枚、お持ちくださいね。

ご参加お待ちしております。

夏休み前後に、各地で開催します。

お気軽にご参加ください。開催場所により、受講料金に多少の差があります。ご了承ください。

 

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらから。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■スタジオ相談予約フォーム

https://reserva.be/ecruplus

 

■エクリュプラスHP

http://ecru-plus.wixsite.com/ecru-plus

 

■2018お片付けサービスメニュー

■サービスメニュー

 

■Instagramもやってます。お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

■毎週土曜日こっそりと登場。自爆系「家作り」ブログ

http://simpleinc.jp/blog/シンプルブログ

 

 

■徳島お片付けラボ 竹内真理の考えている事が

30分で全てわかるラジオ↓

http://honmaru-radio.com/hachihachi0007/

ホンマルラジオ

 

1970年徳島県生まれ。

家作り収納コンサルタント。

インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザーの資格と、家具販売、工務店勤務、ハウスクリーニングの経験を生かして、お部屋をお客様にとっての「一番大好きな空間」に変えるお手伝いをいたします。

まずはお気軽にスタジオヒアリングにお申込みください(^^)/

図面と写真をお持ちくださいね~。

お悩みのお部屋だけではなく、お家全体の間取り図があった方がより詳しくご相談できます。

ちなみに写真は、普段の状態を撮ってくださいね。

 

片付いていないところを見られるのは恥ずかしい?

そんな事は全く心配なさらないでくださいね!

片付けが滞るのは、それなりの理由があるのです。

その理由がわかれば、半分解決したようなもの。

 

そもそも、「片付いていない」という問題に向き合う勇気を出して、

このブログをここまで読んでくださったあなたは

 

もう、次のステップに進む事を心の底で決めて来ているわけですから✨

必ず解決します!

 

お片付けは、眉間にしわをよせて、頑張るものではありません。

私と一緒に楽しみながら、あなたにとってとことん楽な仕組みを作り上げましょう。

関連記事

  1. 子供のお片付け

    世話焼きおばあちゃんと過ごす夏休み攻略法

    こんばんはっ!徳島お片付けラボエクリュ…

  2. 子供のお片付け

    【子供のお片付け教育】「好き」を選ぶ力と責任感

    子供にどうやったら片付けを教えられるのか、悩むお母さんは多いと思います…

  3. 子供のお片付け

    「やさしいだけじゃだめ」論。イマドキの理想の母親像とは

    「うちの子、言っても聞かないのよね」とのたまったママ友に「いらっ」とし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    お片付け問題「慣れ」と「あきらめ」
  2. 子供のお片付け

    すぐには変わらない。そして変わらないものも無い。
  3. ファッション迷子の奮闘記

    買ったら負け組「速攻負けました!」服のアップデートと「自分プロデュース能力」
  4. 子供のお片付け

    子供の子育て戦国時代!?キーワードは親の「信じるチカラ」
  5. 竹内収納計画室

    【収納図鑑補足】押し入れの低い棚の作り方・簡易バージョン
PAGE TOP