子供のお片付け

【嫌われる勇気】子供は社会で育てるほうがいいと思う理想のために、私が決めた覚悟

子供は社会全体で育てるほうがいい、という理想を持っています。母親一人に担わせるのはもう無理だと思うから。母親の幸せのためにも、負担はみんなで分け合うべきではないか。子供という宝物を未来の日本に届けるために、今私が出来る事。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

【新着セミナー情報】

衣・食・住の片付く仕組み~スッキリと心地よい空間の作り方~
鳴門教育大学公開講座【似合う服を知って活かす!クローゼット収納術」
講師・徳島お片付けラボ 今柴知子
日時 9月28日(土) 14時~16時
会場 鳴門教育大学 地域連携センター2階
受講料 1000円

公開講座のお申込みはこちらから

 

こんばんは!

今日も元気にブログ更新。
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

「怒らない」がモットーとされるライフオーガナイザーですが、ライフオーガナイザーも人の子。許せないと思う事はやはりあります。

人は人。どんな事でもそれをする理由というものがある。

どうしても定位置に戻せない。うんうん。

片付けに重い腰が上がらない。そうですよね。

買物が好きでついつい買っちゃう。買い物、楽しいですもんね。

 

片付けという、「モノ」に対することならば、

その人の「気付き」が自然に訪れるのを待つことも大切だと思っています。

あと、その人の「生き方」に関する事でも、私がとやかく言う事ではない・・・と思っています。

私は「片づけ」の人なんだから。

まずは「モノ」を通して行動の道筋を示すのが私の役割だ・・・。

 

それを頭に入れておかないといけない・・・と思っているものの。

 

ものの。

 

 

どうしても、余計な事を口走ってしまうポイントがあります💨。

 

それは、「子供の事」。

 

 

■子供の自尊心を傷つける大人の無自覚な行動に気が付いてほしい。

「親とはこういうもの」という引き継がれた価値観の中にも、子供の自尊心を傷つける言葉は潜んでいる。

 

私がライフオーガナイザーとしてお伝えしたい事の3つの柱に

■家作り

■環境問題

■子育て

があります。

特に「子育て」は片付けをママがどうとらえているか・・・によって、子供に与える影響が大きく変わると思います。

そして、大人の「甘え」が許されない場所でもあると思います。

どんな意味での甘えか。

それは「子供を自分のサンドバッグにしない」という事です。

 

・子供を自分のサンドバッグにしない

子供をオトナの感情のはけ口にすることだけはしてはいけない。

 

きちんと片付けをしつけなくちゃいけない、とか、自分が見本にならなければいけない、とか、そんなことはむしろ私は「テキトーでもいい」と思っています。

ただ、子供を自分の分身のように感じたり、自分と同一化したり、「ダメな子」というフィルターを通してその子を見て批難したり、その他もろもろ

子供に対していけないと思いつつ「ついやっちゃう」事に対して、

それがどんな影響を子供に与えているか、意識してもらいたい

と、強く思ってしまうのです。

 

つい怒ってしまう」

つい・・・という事は、衝動的に・・という事です。

子供には衝動的な態度をとっても、「ゆるされる」と感じているあなたのその気持ちが、子供に「甘えている」証拠なんです。

怒る事はかまわないけど、「つい・・・」が繰り返されるのならば、その理由を解消する努力をするべきだ。

 

その子の個性もある。あなたの置かれた状況の厳しさも当然あるでしょう。

それでもなお、「生む事、育てる事を選択している」というあなたの責任は負わなければならない。

 

部屋が片付けられないなどの、大概のことには、「そんなときもありますよ~」と受け入れるくせに

間接的にでも、その人が無意識で子供をサンドバッグにしていると感じた場合、「それでいいんですかね」と突っ込んでしまう私は、もしかしたらうっとおしいおせっかいおばさんかもしれない。

 

でも、嫌われても、相手がもやっとした気持ちになったとしても、結果的にその人の子供に対する行動を「無意識」から「意識」にあげる事ができるなら、それが私の役割だ、と思う事にしている。

 

昔に比べたら今は閉鎖的な子育て環境だからこそ、こんなおせっかいおばさん役を引き受ける人も、たまには必要でしょ・・・(^^)。

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

 

関連記事

  1. 子供のお片付け

    「捨てられない」と悩むモノベスト5とその対策法

    「捨てなくていい」とか「モノ、あってもいいよね」と言い続けている脱力系…

  2. 子供のお片付け

    片付けしたくなる!との感想続出「子供のお片付け教室」のお知らせ

    こんばんわ✨家作り収納コンサルタント 徳島お片付けラボ エクリ…

  3. お片付け

    子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。

    子供ってお片付けが嫌いなのが当たり前って、思い込んでいませんか…

  4. 子供のお片付け

    【子育て】「子供がゲームの事ばかり考えて困っています」について考えてみた。

    子育て時代の事を思い出した。ほんの20年くらい前とはいえ、今とは全く違…

  5. 子供のお片付け

    子供とこうして過ごすのは今日が最後かもしれない。

    娘の同級生が突然他界しました。赤ちゃんのころから娘と一緒に成長…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 未分類

    「子供のモノは子供が片付けるべき」VS「親が片付けたほうが早い」
  2. 家作り

    まだ引っ越しは先なのに、なぜ、今「片付け」する必要があるの?
  3. メンタル

    「モヤモヤ」は天使のラッパ!?やらなきゃもったいない「ネガティブ思考の活用術」
  4. 子供のお片付け

    「子供を王様にしない。」境界線と、5歳児リビング卒業チャレンジ!
  5. お片付け

    【違いを認める】ライフオーガナイザー同士が協力しあえる理由
PAGE TOP