ライフオーガナイズについて

【ライフオーガナイザーは怪しい?意味ない?】片付け収納のプロとして業界を見る

最近「ライフオーガナイザー 怪しい」というキーワードで検索して私のブログにたどり着く人が増えて来てるっぽい。

 

おはようございます!

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

竹内真理のプロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

 

どうも

ライフオーガナイザー(多くは整理収納アドバイザーとほぼ同義で語られている)などの

片付けのプロに対して、

アンチな意見を持つ人が増えているように思ったので

 

今日はあくまでわたし一個人の意見として、

ちょっとそんなお話をしたいと思います。

 

と一緒に

わたしがどんな気持ちでこの仕事を捉えているかも

知ってもらえたら嬉しいので

お時間ある方はお付き合いくださればと思います(^^)/

 

と言う事で、今日のブログは

✅ライフオーガナイザーとか、片付けの仕事をしてみたい。

✅片付けは得意!

✅プロに片付けを依頼しようと考えた事がある

というあなたにピッタリの内容となっています。

 

 

 

公式LINEアカウント登録で毎月手描きニュースレターが届く!ご登録時に「収納図鑑」データももれなくついてくる!ぜひご登録ください✨

 

■アンチが増えるのは認知され始めた証拠!

まずは、アンチコメントが上がってくるようになったという事は

「認知度が上がった証」として喜ぶべきかと(ポジティブ)。

 

世界にはいろんな人がいるわけだから、

多くの人に認知されるようになれば当然

アンチな側面を切り取り悪く言う人もいるはずです。

 

ある程度は仕方ないと捉え、

時とともに良いイメージの方がじわじわと増えるのをめざして

黙って頑張るしかないと思います。

 

 

■いろんなクオリティのプロが出てくるのは仕方がない

あなたのお部屋、完成でーす!

 

 

「主婦感覚のお手軽プチ起業」と揶揄される場合もあります。

これは昔の記事でしたが、

今もそう思われても仕方がないかもしれない。

だって、まあ、ある程度事実だもんね💨

 

ちゃんとプロとしてスタッフを雇ってやっている人もいるし

お手軽プチ起業感覚の人もいる。

精度の高い人もいれば、

まだまだ発展途上の人も当たり前だけどいる。

 

でも、そんなん、どんな仕事だってそうだと思うんだよ。

 

初めから完璧じゃなきゃプロと言ってはいけないとか言ってたら

どんな仕事でも成長出来ない。

社会が成り立たないから。

 

 

プロは結局お客様に育てられて成長する

わたしも駆け出しのころに依頼をくれたお客様には

本当に頭が上がらない。

 

お客様から頂いたお金と経験とおおらかな愛情を

わたしもまた別のところで返せたらいいなと思う。

これこそ、まさに「愛の循環」なんじゃないか。

 

 

 

■自分のエゴをどこまで消してお客様のためを考えられるか

あなたのキッチンのその仕組み、ちょっと使いにくくない?どうかしら、私に任せて見ない?

 

とはいえ、「勘違い自称片付けのプロ」はいただけないと思う。

 

例を言えば「片づけが得意なわたし」として、頼まれてもいない相手にアドバイスする・・・

とかね。

 

わたしが見つけたアンチコメントも、そういうシチュエーションだったんだけど

「ま、そりゃ腹立つわね」と納得のコメントだった。

 

 

 

片付けって、相手のブライドを絶妙に刺激するから

そもそも「片付けのプロ」というのは「デリカシーに欠ける仕事」だというのが

ライフオーガナイズを知るまでのわたしの認識だったの。

 

だからこそ、ライフオーガナイズの学びをフル活用して

お客様のプライドを傷つけない事に

最大限の配慮をしなくちゃいけない💦と思っているし

(それでも粗相があったらスイマセン(´;ω;`))

 

なんなら、作業後にお客様が「自分の力で片付けた」と思えるくらいに

自分の気配を消して黒子になりきる事ができたら

一番お客様的に嬉しい結果となるんだろうと思っている。

 

そんな考えだから、ビジネス的に全然成功はしていないんだけど・・・(-_-)ウウウ

 

 

 

わたしを選んでくれたお客様が

自信を取り戻して、

ポジティブな未来を選択できるようになったら

やっぱりそれがすごい喜びだから、

なんとか仕事としてやり続けられるように、

いっつも試行錯誤してるってわけ。

 

 

 

■まとめ 承認欲求をこの仕事で満たそうとするのは危険

こんなこと言ったらなんだけど、心のちょっとした欠けに自覚があるから、ライフオーガナイズに響くってのはあると思う。あなたとお客様は鏡の可能性も。

 

 

ビジネスとして一般的に認知されるには

「ボランティア」になってはダメだと思うから

どんなに経験が少なくても、自信がなくても

ちゃんとプロとしての対価をもらわなくちゃいけないと思う。

 

でも、片付けスキルやノウハウには個々に差があったとしても

評価基準はそれだけでもないとわたしは思うんよ。

 

あなたが「片付けのプロ」としてまだまだ未熟だとしても、

人に貢献したいという気持ちが本物ならば

必ずお客様には温かい気持ちが伝わるし、

その気持ちがお客様を救うと信じたい

 

 

逆に、どんなに片付けスキルが高くて、収納の知識が豊富だとしても

自身の承認欲求が高すぎる人は、この仕事をしてはいけないとすら思う。

 

承認してあげなくてはいけないのは、

お客様なんだ。

 

あなたを承認してあげる仕事をお客様にやらせちゃいかんよ・・・。

自分の事は、自分で承認してあげてね✨

 

 

 

以上、またまたわたしの

勝手なつぶやきでした。

お客様の声

 

トップページを新設!ぜひ遊びに来てね✨レッツ画像をクリック✨

片付け・引っ越しアドバイス・インテリア・家作り相談。各種

「着ないのに捨てられない」「モノが多すぎる、でも買いたい」を何とかする方法前のページ

リビング横の和室をおしゃれに最大活用するための3つの法則次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. ライフオーガナイズについて

    【幸せを作る仕事】「片づけ収納のプロ名鑑」に掲載されました!

    片付け収納のプロって、こんなにあるんだ・・・という事実に驚愕。■徳…

  2. ライフオーガナイズについて

    「片付け」という正義

    片付けが苦手な人は、なぜにここまで肩身が狭いのか。それは「片付いている…

  3. ライフオーガナイズについて

    あなただから出来る事がある。

    おはようございます!「50%片付け」脱力系…

  4. ライフオーガナイズについて

    恥ずかしい思いをするくらいならずっと変わらないままでいい。

    変化するもしないも、あなた次第。■徳島・脱力系お片付け・ライフオー…

  5. ライフオーガナイズについて

    「ライフオーガナイザーらしさ」って何?と「風の時代」

    12月後半からは「風」の時代が来るらしい。■徳島・脱力系お片付け・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. お片付け

    【あと一歩足りなくて残念】ついついやってしまいがちな「片づけの意外なミス」
  2. お片付け

    お片付け問題「慣れ」と「あきらめ」
  3. メンタル

    「お得」の裏側を考える。
  4. メンタル

    【モノは不安・恐怖・無価値観の具現化?】断捨離と心の「かさぶた」説
  5. 家作り

    素敵で完璧な家を作っても幸せになれない○○な理由を解消する方法
PAGE TOP