未分類

「片付きすぎると落ち着かない」というメンタルの中にあるもの

「オーガナイズしてスッキリしたものの、なんだか落ち着かない気持ちになった」と言われ、あちゃと思った件。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

 

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

オーガナイズしたことで、スッキリはしたものの、自分や家族の中に少々戸惑いが生じたとのご感想を連続していただきました。

ありゃー。こりゃ、やっちゃったかな・・・。

今日は反省をふまえ、その件についての考察をしてみようかと・・・。

 

■「少々散らかっているのが自分は落ち着くんだと、片づけてみたからこそ気が付けた」

どんなに無造作に置いてあるように見えても、「そこにある理由」があったりする。

一つ目は、依頼したご本人様からの声。(ま、仲間なんだけど。)

仲間だからこそ、リアルな声を聴かせてくれたのだとおもう。とても新鮮な感想だった。

「一度片づけてみたからこそ分かった感覚だ。モデルルームみたいに片づけていなければいけないと思い込んでいたけど、そうじゃなかった。私はちょっと雑雑した雰囲気が安心するみたい。それは家族も同じだったみたいだ。」

そっかー。

「モデルルームの影響ってすごいな。あれが当たり前の姿だと刷り込まれる。」とも。

刷り込まれるんだなあ・・・。

みんな言うもんなぁ。モデルルームみたいな部屋にしたいって。

 

それに、ちょっとモノが散らかっているくらいの方が落ち着く・・というのは、たしかにあるかもしれない。

私だって、この間一人ではじめて超きれいなホテルに泊まったとき、ソワソワしちゃって、しばらく何していいかわからずウロウロしちゃったもんね(私だけか💨)

逆に、大学の教授の、資料が山のように積まれた研究室のホコリ臭さが、なんとなく落ち着くようで好きだった記憶や、

スッキリきれいな部屋ばっかりの写真集よりも

リアルな暮らしがのぞき見できる写真集が好きだった私。

懐かしっ。昔みつけて、なんか惹かれた写真集が文庫本で出ていたから思わずポチってしまった。

今の時代は、モノが多すぎて確かに片付けなくちゃどうにもならないという一面はあるものの、

 

私たちが抱える「片付けなければいけない」という強迫観念と求める理想像は、

少々行き過ぎているのかも。

 

■変化は常に「不快」でもある。

すっきりしすぎて寒々しい💦

とはいえ。

「散らかっている方が落ち着く」論をうのみにしているわけでもない。

というのも、人は変化に急には対応できないという一面があるからだ。

 

今までの暮らしから、急に「スッキリ」と変化したら、もぞもぞと落ち着かなくなる・・・というのは、私に伝わらなかっただけで、おそらく今までのお客様の中にもいらっしゃったのだろう。

定位置にいちいち戻すよりも、いつも使うモノはカウンターに出しっぱなしのほうがやっぱり便利。

片付いた部屋は自分ちじゃないような気がする。

 

そんなふうに、今までの暮らしにもどろうとする気持ちって、

実は変化から身を守る人間のもつ「ホメオスタシス(恒常性)」と同じだったりしてね!

 

だから、

「私にはやっぱり散らかっている部屋のほうがいいんだ!」なんて短絡的に判断せずに、

片付いた空間にまだなじめてないのね・・・、と考えるようにするのも、一つの選択肢だとは思います。

 

■作った仕組みはまだ「テスト段階」。ここからは住む人が微調整してなじませる。

すぐ手に届く範囲にサロンパスは必須なのーーー!そして見えていないと新しく買っちゃうの!

 

例えば、今まではTシャツも靴下もパンツも、一つのカゴに入れる習慣で長年暮らしていた。

で、オーガナイズをして、小物と服が分けられた。

すると洗濯物をしまう時に、今までなら全てをぱっと突っ込んだらおしまいだったのに、

小物を別の場所にしまうというワンアクションが増える。

 

これは、ちょっとした「変化による苦痛」です。

取り出す時に「楽」と感じる事よりも、しまう時の「苦痛」のほうがより印象に残ってしまう事はよくある事。

その時

「どっちのやり方が自分に向いているか。どちらがトータルで時短とストレス軽減になるか」と考えながら、両方のやり方を試しつつ検証する事が出来たら、よりあなたが納得できる仕組みが出来上がります。

 

また、変化について家族の抵抗にあった時は、

「まだこの仕組みはお試し期間中なの。あなたはどうしたらやりやすいと思う?」と聞いてあげて下さい。

 

現状を維持する事には、考える力は必要ありませんが、

進化するためには、考える力は必須です。

 

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

インスタも頑張っております。フォローよろしくお願いいたします✨

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

■お問い合わせ・アクセス

 

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

 

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

【バックヤード理論】『魅せる』と『くつろぐ』は今の日本では両立しない説前のページ

【コロナ危機】子供と「考える力」を鍛えるイメージ遊び次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 未分類

    ファッション・ストレスを減らすセミナー開催します。

    一年のうち、ファッションモチベーションが上がるのは、おしゃれな人に…

  2. 子育て

    自分に自信を持てるようになるために必要なたった一つの事

    鏡に映る自分を変えるのは有効な自己暗示。毎日見る部屋変…

  3. 未分類

    教育によって人は変わる。視野は多角的知識を得る事からしか広がらない。

    先日酷評した「とくしまフューチャーアカデミー」ですが、もちろんとても勉…

  4. 未分類

    ビビリーズ初めての親子旅に挑戦❗️といきなりの試練

    私も母キヌヨも、かなりの臆病者です。知らないこと、知らないとこ…

  5. ファッション迷子の奮闘記

    未来を変える!買い物「失敗パターン分析」事例(竹内編)

    買い物の失敗は数知れず・・・なのに、進化していないのは失敗した…

  6. 未分類

    片付け・家づくりに必須の「願望の整理」は、わがまま全開にしてこそ可能になる。

    ものを買いすぎるから片付かない。欲望が爆発するから家づくりの予算がアッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. 「捨てない」を目指す買い方

    【ものが捨てられない人向け】限られた空間を有効利用するための収納ノウハウあれこれ…
  2. メンタル

    ピンチでも慌てない「私」になる!緊急事態も軽やかに乗り越える「片づけ」行動変容
  3. メンタル

    「世界の中でも圧倒的に低い日本人の自己肯定感」を上げるには。
  4. インテリア

    23歳娘の子育てスパルタ否定論と「片付けで思考力アップ」
  5. お片付け

    「片付けめがねで見る世界はsimpleで美しい。」
PAGE TOP