子供のお片付け

「イマドキの母親論」を考える・パート2

思わず熱くなってしまった「イマドキの母親論」。私もかつては四苦八苦して子育てしていたなーという事を思い出すわ・・・(遠い目)

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

【新着セミナー情報】徳島お片付けラボ 鳴門教育大学公開講座 第二弾!

衣・食・住の片付く仕組み~スッキリと心地よい空間の作り方~
鳴門教育大学公開講座【似合う服を知って活かす!クローゼット収納術」
講師・徳島お片付けラボ 今柴知子
日時 9月28日(土) 14時~16時
会場 鳴門教育大学 地域連携センター2階
受講料 1000円

公開講座のお申込みはこちらから

 

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

今日も昨日の続き!「イマドキの母親論」

特に結論とかないけど、早速行きまーーーっす!

 

■理想!「自立」したものどうしの「助け合い」

自立したもの同士が助け合う✨なんて素敵なの。

ホントの理想はこれだよね!

家族はチーム。家族みんながチームの中の一人として役割意識をもち、仲間に貢献していると思える関係です。

どんなに小さくても、「僕が新聞を取ってくることでみんなが助かっている。」とか

自分がなにか人の役に立っていると思える事って、うれしいと感じるみたいです。

でも、実際はなかなか・・・そう上手くいかないんですよね。

それはなぜか。

役割に対するお互いの「感謝」が、慣れてくると薄らぐからです。

 

でもって、余計な一言をいってまう💨(*´Д`)

 

「はやく新聞取ってきて!あんたの役目でしょ!」

るーるるー。私ならもう、そこで親に対する気持ちの50%はなくなるわ・・・。

 

だってね、子供お片付けセミナーでも、なんでも、「子供にダメ出し」することをなーんとも思っていないどころか、それが親の権威の証みたいに思っている人が、結構いるからです。

 

セミナーを聞いて子供が片づけをやる気になっているのに、即 横でお母さんが

「わかった?帰ったらすぐ全出し・四分類するからね!」

とかって・・・・(´;ω;`)

もーーーー・・・・・イランヒトコト・・・・

子供の顔が一気に曇るのを、見逃す事は出来ませんでしたよ・・・(´;ω;`)。

 

 

■振り返り「で、自分は自立出来ているのか」

頼られてばっかだと、キッツ!

子供の自立を期待するなら、自分も自立できていないとね。

と言う気持ちで書いたこの一文だけど、

そもそも、「自立」ってなんぞや?

と思って検索したらば、最近は「自立」の意味をはき違えて「人に頼らず一人でやっていける事」みたいに捉えている人が多い・・・とのこと。

 

確かに、私もそう思っていたけど、実際問題、一人じゃ人間は生きていけない。

苦手な事を得意な人がサポートしあって、共に生きる事が一番いい・・・という気持ちと、「自立」という言葉が、なんか相反するなーとは、思っていたわけです。

 

自立って、いったい何だろうね。

依存と、頼りにする、信頼する、の差って、なんだろうね。

一人で何でも出来たら、そりゃ気持ち的に楽だろうけど、それは幸せなのか。

 

難しい問題なんで、今回はパス!←そんなんアリ?

 

■紙一重・ハンドルの遊びと揺ぎ無い「軸」のバランス

本当の意味で相手を思う気持ちさえあれば、どこでもバランスはとれる気がする。

最終的にはここに落ち着きます。

「何事もバランス」

キビシイにも、ヤサシイにも、良い面・悪い面があるわけで、どのあたりなら、一番自分的に無理がないのか・・・を見極めて、バランスが取れたところが、最もあなたらしい方法・・と言えるのでしょう。

そこに、他人との比較を入れる事は全くの無駄・・・だという事もわかります。

子供に「○○ちゃんのママは、毎日キャラ弁作ってくれるのに、おかあの作るお弁当はいつも茶色!」←実話

と言われても、「は~、そうでふか」と、聞き流す・・・というのが、私のスタイルだ。みたいな感じでもいいんじゃないか。

 

という事で、今回は、ひたすら「私・竹内真理」の親・人間論という事でした。「そんなこと考える人もいるのね~」と流していただければ幸いです。(今日も片付けほとんど関係ないネタやわ・・・)

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

 

関連記事

  1. 子供のお片付け

    子供はほっといても育つ説

    息子が帰省中は、ついついちやほやと世話を焼く世間一般の母。…

  2. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。

    子供は散らかっていても平気だと、あなたは思…

  3. 子供のお片付け

    子供のやる気は「遊び感覚」で出すしかない。

    世のオカアサン達が四苦八苦している「自粛期間中の子供」。時間を有効活用…

  4. 子供のお片付け

    「定位置に戻す」というルールを習慣化するおバカアイデア3選

    会社で共有の道具を使った後もとに戻さなければ、いろんな人に迷惑をかける…

  5. 子供のお片付け

    お茶の水女子大学でオーガナイズを叫ぶ!?(マジか)

    またまた鳴門教育大学の坂本先生が無理難題・・・いやいや、素晴らしい場を…

  6. 子供のお片付け

    やさしいだけじゃだめかもしれない。

    そういえば、昔は肩書が「家事手伝い」とかいう人が存在したよね・・・。独…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    【徳島お片付けラボ】鳴門教育大学公開講座で衣・食・住片付け講座を開催します。
  2. 子供のお片付け

    家庭教育の向上論「ママはご機嫌であることを第一とするべし」
  3. おうちのカタチ研究室

    収納が多い家に引っ越しても「片付かない」理由
  4. 未分類

    2019松山チャリティと、二年間の副チャプ任務で得られた宝物
  5. メンタル

    【限界stayhome!】精神的ストレスを乗り越えるための「空手」プチテクニック…
PAGE TOP