未分類

「平成」振り返りと、「私がライフオーガナイズで変化出来たこと」

こんにちは
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

息子が久々に帰ってきたから、一生けんめいご飯を作ったり、ビデオを借りて一緒にみたり・・と、

楽しくゴールデンウィークを過ごしております。

 

等と言っている間に、いよいよ平成最後の日。

いちおう、私もこの「平成」の時代の総まとめとして、振り返りでもしよーかなーと(^^)/。

興味ないかもしれませんが、お付き合いください✨

■波乱万丈・思考錯誤の平成

社会に出る前にバブルははじけるし、結婚したら見知らぬ東京でワンオペ育児だし、なんかいろいろと、私、アカン人生・・・。

思えば、私にとっての平成は高校時代の終わりからスタートしました。

就職、結婚、東京へ転勤13年、徳島もどって、あれやこれや・・そして再就職。

まあまあハードな平成時代。私にとってはちっとも「平成」じゃなかった💨磨き砂的な30年間でした。

でも、言い換えれば、今の私の基礎を作ってくれた「平成」ともいえます。

ありがとうありがとう。

■ライフオーガナイズとの出会い

代表理事が「徳島にはライフオーガナイザーがいない」と嘆いていたよ。との一言で、がぜんやる気に。今から思えば単純。

 

そんな平成の終わりごろ、私はライフオーガナイズに出会いました。

そのころ、私は転職ばかりのアカン社会人で、念願のインテリアショップでの勤務が実現したものの、自己肯定感がゼロに近い状態でした。

「やりがいのある自分の力を生かす仕事なんて、この世に存在しない」というあきらめモードだった私の目に飛び込んできたのは、

ちょうど京都カンファレンスに湧いていたいろいろなオーガナイザーブログ。

「オーガナイザーになって、本当に良かった!」「私はこの仕事が大好きです」という、なんともキラキラした発言を多数発見して、

「そんな風に思える職業があるんだ・・・」少なからずショックを受けるとともに、強い憧れを感じ、意を決して大阪での二級講座を受講する事になりました。

それは、そのころの私にとって、とても大きなチャレンジでした。

 

■ライフオーガナイズによって変わったこと

なんか、わからないけど、光が見える気がする~

 

二級講座を受けてもなお、まだまだ深い闇のトンネルの入り口からのぞき込むような気分でした。

(ちょうど、メンタルオーガナイズを学び始めた今の私のようです)

もともと私は、片付けは苦手とまではいかないくらいの、ふつーのレベルでしたし、生活にはさしたる変化を感じませんでした。

と、書いたものの、改めて昔の自分の家の写真をみたら、あらびっくり!

 

ださっ💦

超ダサでした💨

いちおう整理収納アドバイザーの資格は持ってたんですけどね・・・・。

何も考えていない収納とはこのことです。

 

でも、実のところ、ライフオーガナイズを学んで一番の変化は、収納の技術ではありませんでした。

それは、モノとの対話。と、それを通して心や思考を整える方法等。

とくに私が響いたのは「すべてに当てはまる正解は無い」という言葉でした。

それでも昔から、「この人の意見と、私の意見、どちらが正解なのか・・・」と考えてはもんもんとするタイプでしたから💦

「そっかー、答えは一つじゃないんだ!だよね、だよね。」

だれしも自分を認めてのびのびと生きたい。でももし誰かの言葉に縛られると、こいつが難しくなる。

こうすれば片付く。

片づけは一気にやるべき。

着ない服は捨てなさい。

少しずつ、時間を決めて片付けに取り組みましょう。

・・・・

例えば昔は片付け一つにしても、こんな風にたくさんの考え方があって、本屋の片付け・収納の棚の前で、「いったいどれが正解なんだろう」と思って、これまた悶々としていましたが、

「自分にフィットしない考え方は、スルーしていいんだ」と思える事ができたら、ずいぶんと心が大きな人間になれたような気がしたものです(笑)

一人一人考え方は違う。「こうすべき」という価値観も。当たり前だけど、振り回されていた。

また、「利き脳」によって「完璧な人はいない」という事も理解できました。

ついつい、他人は完璧で自分は劣っているような気持ちになる事が多かった私ですが、それはいろんな事をピンポイントで見ているからであって、自分も含めて、いい面も悪い面も混ぜ混ぜだし、

そもそも「いい面」と見えているものでも「悪い面」も同時に抱えて居たりするもので、優劣なんて、つけようがない事がわかってきました。

意見の違う人に対しても、「そう考えたい理由があるのかな」とか「そんな考え方もあるのか」等と思えるようになり、一つの意見が唯一であるような主張に、飲み込まれないようになったようにも思います。

 

そんなこんなで、少しずつ、本当に少しずつ、自分の生活の中や、お客様との関わりの中でライフオーガナイザーとして理解を深めていったというこの数年間でした。

 

先日、

いつものように、何の気なしに、ただお客様の事を知りたくて、ヒアリングをしていただけだったのに、

後から「ヒアリングしていただいただけで、帰り道に心がすごく軽くなって、テンションが上がっている自分に気が付きました。」とお客様から聞いた時、

じわっと心の底から湧き上がる嬉しさを感じました。

 

「この人を変えよう」とか、

「この人にすごいと思われよう」とか

思う気持ちを少しずつ手放す事が出来はじめてからやっと、

オーガナイザーとしての役割が果たせるようになってきた・・・のかも。

 

 

■復活!自己肯定感で次のステップ「令和」へジャンプ!

もちろん、オーガナイズを知って、私の極低自己肯定感が即改善されたわけではありません。

でも、考え方や見方を少しずつ変え、

少しずつ行動を積み重ね、

失敗やどん底からもじわりと這い上がる経験も重ねて、

他の人に比べたらもちろん遅かもしれないけど、自分なりにはやっと・・・というのが、本当のところです。

自己肯定感が改善されたからか、最近は「やってみたい」と思えるアイデアが次々と浮かんできています。

 

思いつく事は、実現可能な事。て、言うじゃありませんか。

思いついた・・・という事は、なんらかの意味があるんですよ、きっと。

だったら、失敗を恐れず、やってみたらいい。

例え失敗しても、きっと、何か、次に繋がる動きになる。

「行動」しないと、何も始まらない・・・!

 

という事で(^^)/

 

とりあえず、この「令和」に乗っかる工務店様向け新サービスという大砲を、ぶっ放してみる✨という実験をやってみてから、今後のやり方を考えようかなー♥(←いい加減)

改元と同時にお届け!発送準備中の息子と邪魔をするまめつ。

 

これからも、徳島お片付けラボ、そしてエクリュプラスをよろしくお願い申し上げます✨

発送準備完了~!ふふふ。徳島の工務店の社長様。楽しみに(?)お待ちください。

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

・サービス申込みがよくわかるページ

https://syuno-ya.com/home/ecru-plus/

・ライフオーガナイズって何?

https://syuno-ya.com/home/lifeorganize/

・竹内プロフィール

https://syuno-ya.com/home/profile/

・スタジオインテリアの工夫

https://syuno-ya.com/home/interior-4/

 

■Instagram お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

関連記事

  1. 未分類

    【終戦記念日】人の目が気になる日本人だからこその強み

    今日のテーマは【終戦記念日】。私たちはこの日に何を考えるべきなのか。え…

  2. 未分類

    遅すぎ!家具選びのタイミング

    今日は高松のとある工務店様にインテリアの用件でお伺い・・・(-ω-)/…

  3. お片付け

    極論!○○が無いから散らかるのだ。

    こんにちは!家づくり収納コンサルタント徳島お片付けラボ エクリ…

  4. 未分類

    教育によって人は変わる。視野は多角的知識を得る事からしか広がらない。

    先日酷評した「とくしまフューチャーアカデミー」ですが、もちろんとても勉…

  5. 未分類

    最前線!IKEA攻略法。

    こんばんわ!今日はゴールデンウィークの間の平日。とあるプロジェ…

  6. 未分類

    2020年もライフオーガナイザーとして生きていく。

    ライフオーガナイザー協会の年会費を早期割引中に支払おうと会員メールを読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    要注意!キッチンカウンター収納と、これから乱れないための工夫
  2. ファッション迷子の奮闘記

    【マジか】白靴下ブームと「アハモーメント」と「プロの役割」
  3. お片付け

    エクリュプラスの意味とテーマカラーが「ブルー」な訳
  4. お片付け

    「すぐに片付けちゃダメ」!?地味に恐怖の「現状把握」とその効果
  5. 子供のお片付け

    子供はほっといても育つ説
PAGE TOP