家庭科・エシカル消費

私たちが無意識に受け取っている「豊かさ」は持続可能なのか。

こんにちは

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

先日上京した娘のSNSに、ひたすら全ての事に感謝・・とありました。

娘の人生は、決して順風満帆とは言えない人生のように見えるけれど、

だからこそ得られた多くの人達とのご縁や、愛情を素直に受け入れ、すべて感謝であることに気が付いている娘は、自分の子供ながら素晴らしい。

そして、そんな姉をきちんとサポートし、受け入れつつ自分の人生をきちんと構築している我が家で一番の出世頭、息子の大人っぷりにも感心。

でも、きっと、まだまだ知らないうちに受け取っているありがたい事に無意識な事ってありそうです。「感謝」の気持ちを感じる種は、足元のいたるところに埋もれているもので、私たちはその恩恵に対して、きちんとした対価を払っているのだろうか。

たぶん、払っていない気がする。

じゃないと、すべてのモノがこんなに安いはずは無いから。

■毎日ものすんごいサポートを私たちは当たり前に受けている。

娘のSNSにあるように、全部全部、私も含め、いろんな人が絡み合って、助け合って、影響を与え合って、こうして生かされている。

こんな徳島の片隅の小さな家族の話だけど、今の現状を叶えるためにいったいどれだけの人のサポートをうけているか、考えたらすごい事ですよ。

娘の周りの仲間から受けるサポートの事だけではない。

例えば、私たちを東京に運んでくれた高速バスの運転手さん、道を作ってくれた人、荷物を運んでくれる宅急便屋さん、家を探してくれた不動産屋さん、どこでも安定の安心感マクドナルド、寝袋を貸してくれたお母さん(それだけじゃないけどね)、すんごい安い値段で私たちを助けてくれるハイクオリティな洋服たち、女の子の独り暮らしも許してくれる東京の街の安全性。そんな日本の経済を支えてくれる外国の労働者の方々。

数え上げたらきりがないほど、私たちは地球規模で考えたら、あまりにも恩恵を受けすぎているように思えて仕方ない。

■豊かで低コストの時代の恩恵に、このまま甘えていて大丈夫なのか

本当ならば、もっと外国の労働を担ってくれている人達に高い賃金を払わなくてはいけないかもしれないし、

よく売れるからと言って、生態系を壊すまで同じ作物を外国の土地に作らせる結果になるのはやばいかもしれないし、

便利だからと言って、結構丈夫で立派なプラスチック容器にはいったコンビニ弁当やマックのサラダなんかを三人が一つずつ注文して、そのあとゴミにあっさり出したりするのは超モッタイナイ事かもしれない。

せわしない毎日の中で、そんなこといちいち考えてられないよーと思うけれど、

東京のものすごい人の数を見ながら、これらの数の人々が、私たち家族がやっている事、もしかしたらそれ以上の「もったいないこと」や「無駄」を生活の中で垂れ流していたら、それって本当に大丈夫?と思っちゃう。

 

便利な事って、もったいないことと背中合わせだ。

モノが安い事は、どこかできゅーっと収入を絞られて、モーレツに働いてくれている人がいるってこと。

長持ちして美味しいのに安い事は、何か本来の材料以外の不思議なモノが入っているってこと。

これ、あと何年、続けられる?

 

わかっていて感謝するだけマシではあるけど、うけた恩恵に対する対価を払うのはイヤ・・ってんじゃあ、道理が通らないんじゃないか。

私たちは、私たちなりに、何らかの行動を変えていかなければいけない。

 

■今スグ出来る超簡単な行動改善の第一段階。それは「できるだけ買わない」事。

毎度言っている事だけど、「できるだけ買わない」ことは即効性があり、意識改革にとても有効です。消費が冷え込むと経済が回らない?でも、今のサイクルの経済を回し続ける事は、結果的に自分の首を絞める結果になりはしないか、と考えてみる価値はあると思う。

 

オーガナイズの片づけ作業に行くと100%の確率で「不要なモノ」がたくさん出てくる。

買うときにもう少し考えておけば、それらはゴミにならずに、有効なエネルギー資源として別の事に活用されたはず。

無意識の買い物を繰り返して、財布の中身は減り、環境はやばくなり、得をするのはその商品を作っている企業だけ。なーんて、ちょっとね。

■「欲しい」気持ちは一瞬の欲。いったん考える時間を置くだけで冷めるモノだってあるはず。

買うときはきっと本気で「欲しい」と思っている。でもその喜びが長続きしないで、その後不用品となりそうなものに対して、「ぐっ」と我慢して考える余地を自分に課す事は、そんなに難しい事じゃないんじゃないかな。

「できるだけ買わない」のは、おなかパンパンになるまで食べない、とか、洗剤をビュービュー使わない、とか、ぎりぎりまで歯磨き粉を使うとか、似たような服は買わないとか、不安からのストック多め作戦をやめるとか、も含みます。

全て「小金」が溜まります✨

案外楽しいです。ぜひお試しください。

行動改善の第二段階については、長くなりましたのでまた後日(@_@)

毎度長くてスイマセン!

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

ピックアップ記事

  1. 【新しい時代への移行】変化で起きる「ゆがみ」を片付けでリセット!

関連記事

  1. お片付け

    「また賞味期限切れ💦」もったいない食品ロスを防ぐ収納とは。

    食品ロスを減らすための秘訣は収納内部の「めちゃ使うモノ」の純度を限…

  2. 家庭科・エシカル消費

    【SDGsカードゲーム】「長い目で物事を見る」という視点を取り戻す

    得したらいいのか。楽ならばいいのか。長い目で見たら、今の私の行動は、自…

  3. 家庭科・エシカル消費

    お母さんのおにぎりは捨てられないのに、服は簡単に捨てられるのはなぜ。

    服を買う楽しさを否定するつもりはないけど・・・■徳島・脱力系お片付…

  4. 家庭科・エシカル消費

    2020年、私の「こうありたい」と「これを伝えたい」

    2019年は、私の中ではなぜか「世界情勢」に興味を奪われた一年でもあり…

  5. 家庭科・エシカル消費

    こうなったらいいな!循環型「ワの国・日本」アフターコロナの世界パート3

    不安がってもしょうがない。「こうだったらいいな」のイメージワークで理想…

  6. 家庭科・エシカル消費

    【エシカルファッションを考える】徳島お片付けラボ、鳴門教育大学と共同研究スタート!

    コロナ騒ぎで延期してましたが、いよいよ始まりました!鳴門教育大学共同研…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. インテリア

    【窓】選択肢はカーテンのみ!?外からの視線対策を考える。
  2. お片付け

    【3.11】今日だからこそ考える「日常が続く事の奇跡」
  3. お片付け

    子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。
  4. 子供のお片付け

    子供が片づけしたくなる片づけ術大公開!?自分のキャパ把握と「欲」との付き合い方
  5. お片付け

    片付け上手な人にはライフオーガナイズは必要ないのか その1
PAGE TOP