「捨てられない」

断捨離ときめきで服を捨てすぎたあなたへ。今度こそ失敗しないライフオーガナイズ流アプローチ

勢い服を捨てるのは、一瞬スッキリするけど、後々「しまった」と思う事が多いパターン。

本当にそれ、捨ててもいい服?もしかしたら、コーデの名わき役だったりして。

自分にとって「不要」な服を選ぶには、ちょっとした知識とちょっとしたセンスが必要です。

 

こんにちは(^^

コンサルティング支援型お片付けサービス

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

 

私、昔から、洋服に関してさしたる関心を抱かないままに大人になっちゃった、

服に疎い人にありがちなパターンの人間です。

 

子供の頃は、いとこからどっさり送られてくる「おさがり」を、なんの文句もなく着用し、

(おしゃれな人は、この段階で抵抗するらしい。)

花の大学時代も、なんかバブルっぽいスーツだったり、なんか、よくわからん服を適当に着ていましたし(だから覚えてない)

結婚したらさらに節約癖に拍車がかかり、まあ、ダサいダサい主婦となり果てました。

 

だいたい、自分の興味関心が、インテリアと雑貨に集中してしまっていたために、

服は完璧スルーだったのです・・・。

 

子供が多少大きくなり、気持ち的にゆとりが出てきたころ、

通販にはまりました。ユニクロもそのころに流行りだしました。

 

その場しのぎの安い服を、買っては捨て、買っては捨て。

エシカル的に、アカン買い物の仕方の代表のような生き方をしていました。

ほんとうに、ごめんなさい。

 

■素人が「ときめかないアカン服」と思っていても、

それは組みあわせが悪いだけ。かも。

 

そんなこんなで、ずいぶんと服を捨ててきた私でしたが、

もしかして、それって、早計だったかも・・・という出来事が今日ありました。

 

それは、「プロによるコーディネート」。

 

なんと、自分では「使えない。もうお役御免か・・・」と思っていた服が、見事に使える服として復活したのです!


 

■奇跡の復活劇のオンパレード!そして想定外の組みあわせが続出!

単品では、正直、ときめくどころか「はー、失敗やわ」とブルーになるような一枚。

自分でライフオーガナイズの四分類をしたら、確実に二軍、もしかしたら「破棄」のエリアに入ったかもしれない、そんな

 

「おばはんにしか見えん茶色のセーター」が、

 

プロの組みあわせにより、

 

「カラーの組みあわせが素敵なお姉さん」に変身・・・!

「すっ・・・(@_@)・・・棄てなくてよかったーーーー💦」

 

 

■インテリアもファッションも同じ。プロの視点が違う理由

 

その子に言わせると、私が行う専門外のインテリアについて、同じように思うらしい。

 

「お部屋がなんとなく、ださいというのは分かるけど、私にはダサい理由がわからない。

まりおちゃん(私はまりおちゃんと呼ばれている)がなおしてくれると、

理由はわからないけど、素敵になる。」

 

とのこと。

 

私も、自分のコーデが、なんとなくダサいのはわかる。

でも、自分ではどうしたらいいのか、わからないんですよね。

 

プロは、自分では気が付かないほど、こまかーーーい、コツのようなものを

頭の中に、膨大に蓄積している。

 

それを、相手に合わせて、自在に引き出して適応しているのです。

 

つまり、私と彼女では、生きてきた時間に、興味関心を持って情報を集めてきた種類が全く違うのです。

 

プロのセンスを、

私たちが自力の努力でうめるなんて、不可能だし、超非効率・・だと私は思うから、

お金でプロの時間(人生をかけて積み重ねた情熱と知識)をちょっと買う。

 

そんなの、偽物だ、と思いますか?

 

いいじゃないですか、偽物でも。

 

簡単にホンモノになんかなれませんし

何もかも、完璧なんて無理なんですから。

 

 

インテリアも、お片付けも

セミナーや本を買って、マスター出来る人は別として、

やはり、プロにはプロなりの「人生をそれに費やしてきた時間」というものがある。

 

それを効率よく利用して、「型」を作ってしまうのは、

苦手分野に無駄に時間をうばわれないための選択の一つだと思います。

 

わたしのように、

苦手な分野は得意な人の時間をいただく。

わたしも、得意な分野では、苦手な人に知識や技術を分けてあげる。

 

 

そんな事が当たり前の世の中になったら、

みんなが、大好きなことで、苦手な人を助けながら、

お互いに楽しく支えあって生きていけるのに。

 

 

 

夢物語のようだけど、

そんな時代が、もうそこまで来ているような気がする。

 

だって、今、すでに私たちは、そうやって

好きな事をお互いに提供しあって、お互いが良くなっていっているのだから。

 

私も、友人も、

ただ、大好きだったから、勝手に頭に情報がストックされただけ。

 

 

あなたの好きな事は何ですか?

 

あなたの子供の大好きな事って、なんでしょう。

 

 

 

もし、私が描いた夢物語が、現実になるとしたら、

もはや、苦手な事や、キライな事に無駄な時間を費やしている暇なんて、無いですよ(^

 

 

あーそれにしても、ときめかない服が、ときめく服になってよかったー♥

ときめくかどうかは、「あなたの見る目」のレベルによって変わる・・という

今日はそんな、ときめくお話✨

 

 

オーガナイズ作業のリアルレポートが素敵なブログに掲載されました(^^♪

「徳島子育て情報発信中!ママ目線のリアルな徳島子育て情報ブログ」

https://www.awama.work/entry/life-organizer-kitchin/

セミナーのご案内

平惣書店沖浜店 子供おかたづけ教室 8月4日土曜日 午後11時~12時半

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■スケジュールの確認はスタジオ相談予約フォームをご利用ください

https://reserva.be/ecruplus

 

■2018お片付けサービスメニューはこちら。

■メニューと作業の流れ

 

■Instagramもやってます。お気軽にフォローお願いします(^^)/

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

■毎週土曜日こっそりと登場。自爆系「家作り」ブログ

http://simpleinc.jp/blog/

 

■徳島お片付けラボ 竹内真理の考えている事が

30分で全てわかるラジオ↓

http://honmaru-radio.com/hachihachi0007/

ホンマルラジオ

 

1970年徳島県生まれ。

家作り収納コンサルタント。

インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザーの資格と、家具販売、工務店勤務、ハウスクリーニングの経験を生かして、お部屋をお客様にとっての「一番大好きな空間」に変えるお手伝いをいたします。

まずはお気軽にスタジオヒアリングにお申込みください(^^)/

図面と写真をお持ちくださいね~。

お悩みのお部屋だけではなく、お家全体の間取り図があった方がより詳しくご相談できます。

ちなみに写真は、普段の状態を撮ってくださいね。

 

片付いていないところを見られるのは恥ずかしい?

そんな事は全く心配なさらないでくださいね!

片付けが滞るのは、それなりの理由があるのです。

その理由がわかれば、半分解決したようなもの。

 

そもそも、「片付いていない」という問題に向き合う勇気を出して、

このブログをここまで読んでくださったあなたは

 

もう、次のステップに進む事を心の底で決めて来ているわけですから✨

必ず解決します!

 

お片付けは、眉間にしわをよせて、頑張るものではありません。

私と一緒に楽しみながら、あなたにとってとことん楽な仕組みを作り上げましょう。

ピックアップ記事

  1. 【新しい時代への移行】変化で起きる「ゆがみ」を片付けでリセット!

関連記事

  1. お片付け

    「すぐに片付けちゃダメ」!?地味に恐怖の「現状把握」とその効果

    片付けって、ほんとにメンタルとは切っても切り離せない問題っすよね。…

  2. お片付け

    収納本を読んでも片づけられない理由(追記)

    ■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■【…

  3. 「捨てられない」

    本の断捨離をモーレツにしてみた件

    「断捨離するぞ」と昨日の夜に勢いづいて、早速今日、二階の奥の部屋から開…

  4. お片付け

    「その言葉は自分にかける呪文」

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス…

  5. 「捨てられない」

    「捨てられない家族」に困ったら試してみたい「意識を変える一言」

    こんばんは(*'ω'*)徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家事

    あなたが笑顔でいられる事が生み出す価値
  2. 家庭科・エシカル消費

    あなたが「楽」をすることで支払っている「見えない」対価
  3. 家庭科・エシカル消費

    【どうなる?】これからのファストファッションと問われる「良心」
  4. 家作り

    本当にオーガナイズで100万コストダウン出来た実例
  5. 家庭科・エシカル消費

    「素敵ライフ」の裏に「物欲」の罠あり!?販売戦略に乗せられないための「買わない素…
PAGE TOP