インテリア

つまらない毎日とぼやきたくなるあなたに私が超おススメする一冊の本

こんばんわ!

家作り収納コンサルタント

徳島お片づけラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

 

そんなこんなで、今日はとりとめのないつぶやきブログ(^^。

 

今日はおススメ本について書くつもりですが、その前にちょっと別の話題。

■ホーキング博士「地球はあと100年しか住めない」説

数学は苦手で、物理学はもっと意味不明だけど、アインシュタインは好きな私。

相対性理論の本を、わからないまま読むのがマイブームという中学生時代を思い出します。

先日お亡くなりになった天才物理学者スティーブン・ホーキング博士が言い残した言葉は

これからの私たちの地球の行く末を考えさせられます。

こんな時代に生きているのに、

「お片付けがめんどくさくならない方法」を日々考え続けている事って、

どこか的外れなような気がしてしまうのは、私だけでしょうか・・・。

 

視野、狭すぎないか。私たちは。

モノ一つとっても、それは世界と結びついているのに。

私たちの行為や、考え方一つ一つが、世界に影響を及ぼすのに。

 

なんて、目の前の事も、こなせていないのに、こんなことを考えるから、

ブログに何を書いたらいいのか、わからなくなってしまうのです。

今の私には、キャパオーバーなんです。たぶん。

もう少ししたら、きっと、こなれてきてなんとかなるはず・・・なるのか。

どうかな。

 

 

と、たまにはこんな事にも目を向けてみる事も大事かなと思いつつ、

そんな事ばかり考えてもいられないわけで。

やっぱりまずは、目の前の家事です💦

家事を楽しむーー?丁寧な暮らし――?無理無理っ。

とか、言っちゃう前に、この本をまず手に取ってもらいたい。

 

■石田ゆり子さんの「Lily~日々のカケラ~」

ライフスタイル本の好き嫌いが激しい私が一目ぼれした石田ゆり子さんの本✨

写真やインテリアに惚れて買ったけど、文章も素敵だった。

もう、この人のたたずまいに惚れた✨

ただ、日々を淡々と生きる事。そのまんま。

そんなにきちんと片づけ片付けしていないのに、

モノもめちゃ多いのに、

空気感が違うのです。

全ての「モノ」が、石田ゆり子さんの家族のよう。

大切にされている感がにじみ出ています。

■ペットも家族。お別れの時も含めてまるっと受け入れる事。

ペットに対する感情も。

「たくさん見取ってきたけど、悲しみすぎない」とか、いいですね。

私は猫を飼っているのですが、最近口内炎でどうも具合が良くない。

不安だし、さよならが怖くて、もう二度とペットは飼わない、と先日娘に言ったけど、

さよならは、誰にでも訪れるもの。

怖がりすぎるのも、なにか違うのかもな・・思わせてくれました。

今一緒にいられる事。大切に可愛がって過ごす事。

うちのまめち(猫)はきっと幸せだと思ってくれている。それでいいんだよね。

 

■何を選び、どう空間を作るかというモチベーションを上げる一言

「人は目にしたモノをコピーする力がある」という言葉もいい。

確かに、そうかもしれません。

そう思って生きるだけで、暮らしに意識的になれそうです。

 

■「楽で美しいものはないのだと思います。」

これも、石田ゆり子さんの言葉。

私の陳腐なイメージの

「女優だから、苦労して努力して美しさを保つ・・・」というのではなくて

周囲に甘んじない生き方をしているから、美しい・・・という考え方は、

私たちにも応用可能です。

 

はーーーっ!

胸が痛いが、ほんっとそう。

おなかがすいたらすぐ、甘いモノを探しに行く私は

目先の「楽」に即おぼれてるわ~。

身体も、お部屋も、「楽」して「キレイ」はあり得ないーーー。と

ゆり子サンに言われたら、「そうですよねっ」と一気に腑に落ちる。

 

■勝手にジレンマ。ここだけの話。

「楽で手軽にキレイ」というキーワードを求められるこの職業をしていて

常に「本当はそうじゃないのに・・・」というジレンマを抱えてしまう私。

それでも世間一般的に、「お手軽・簡単」を求める気持ち、とてもよくわかるのですが

「お手軽・簡単」に手に入るもののなかに、いったいどれくらい「本物」があるのか。

 

おそらくとても少ないはずです。

 

本当に美しいインテリアは、住み手とモノとの歴史が生み出すものだろうし、

流れるように無駄のない「片付く仕組み」は、一朝一夕に出来上がるものではない。

 

長くお付き合いのあるお客様には、わかってもらえるけど、

なかなか皆さんに伝えるのは難しいと感じている事を

わかりやすい言葉で、

やさしく、ゆるぎない強さで

表現してくれているこの本。

 

はじめに書いた地球の未来にに対して、私たちが出来る事の

答えの一つが、この本のように生きる事かもしれない。

小さな事を大切にすることが、大きな事に影響を与える。

と、思っています。

だから、お片づけも・・・。やっぱり、必要なのだと思います!

しなきゃいけない、とは言わないけど

日々を大切に生きていたら、おそらくそう困った事にはならないと思うのです。

 

■キャパオーバーなあなたが手放してしまっているモノ。

私もかつて超絶忙しい職場で働いていた時は、

家の事なんてほんとにするヒマなかった・・・。

人生において、マジ片付けなんてムリって時期、あると思うんです。

でも、それが望む人生かというとそうではなかったわけで、

なにか出来る事から、「変えていく」勇気は必要だと思うんですよね。

 

つらつらと書きましたが、なんせ

この本、全力でおススメです。

 

徳島お片づけラボ エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらから。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■エクリュプラスHP

http://ecru-plus.wixsite.com/ecru-plus

 

■2018メニュー

https://syuno-ya.com/home/page-78/

 

■徳島お片付けラボ 竹内真理の考えている事が

30分で全てわかるラジオ↓

http://honmaru-radio.com/hachihachi0007/

ホンマルラジオ

 

 

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    「ミニマリストになり切れない夏」パート2・その解決策

    おはようございます!徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理…

  2. インテリア

    本物を見る目を持つ事と「片付け」の関係性

    こんばんは(;・∀・)時々インテリアコーディネーター…

  3. お片付け

    「モノを持たない暮らし」への転換期

    特にミニマリズムを推奨しているわけではないし、実際に我が家はど…

  4. インテリア

    「インテリアや収納から暮らし方を考える旅」in淡路島

    当然だけど、素敵な家を作るのはプロの仕事。でもインテリアや収納は自分の…

  5. 家庭科・エシカル消費

    夫婦の家事分担、あなたはどうする?どうしたい?

    お茶の水女子大ミッションの中で再燃してきた「夫婦の家事分担問題」。理想…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 親子で楽チンお片付け

    子供のお片付け

    「親子で楽チンお片付け」セミナー・お客様の声
  2. お片付け

    引っ越し。「お友達を呼べるようになりました!」
  3. 家庭科・エシカル消費

    「家政学会にてオーガナイズを叫ぶ」結果報告と感想
  4. 家庭科・エシカル消費

    【自分ユニフォーム】試行錯誤の末の春のUNIQLO禁断の「色ち買い」
  5. 未分類

    2019松山チャリティと、二年間の副チャプ任務で得られた宝物
PAGE TOP