家庭科・エシカル消費

こうなったらいいな!循環型「ワの国・日本」アフターコロナの世界パート3

不安がってもしょうがない。「こうだったらいいな」のイメージワークで理想のゴールを設定しよう。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

 

こんばんは

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

マンガ「ワンピース」も、今は「ワの国編」(今柴セキュリティ部長に借りて読んだ)。

日本がテーマなんよね。

「ワの国」ってキーワード、良いなって思った。日本ってやっぱり「ワの国」なんだよ。

 

と言う事で、今日は昨日の続き。

目隠しはもう外していい。アフターコロナの世界「理想のゴールの明確化」パート2

どんな「アフターコロナ・ニッポン」にあなたはしたい?

想像できない・・じゃなくて、むりくりイメージする事から、お片付けも始まるんだよ。

 

例えば私のプランはこれ!

 

■「その土地で取れたもので生きる」

わざわざ遠い国から食料を輸入するって、実はめっちゃ非効率。

 

こういう事になって初めて感じたけど、地産地消って最強だなって思う。

わざわざ県外や外国から輸送コストをかけてモノを買うより、地元でとれたものを地元で消費するほうがぶんぶん排気ガス出さなくてもいいわけだからね。

今回のコロナ危機で、車の移動が減って世界的に空気がきれいになっているらしいし、今後も「できるだけ移動しない仕組み」は継続していくべきだと思った。

人だけじゃなく、食べ物や物資も可能な限り「地産地消」が出来るようになったらいいなって思ったんだよね。

農業も、今は危機的な状態だと言われているけど、

都会から引き揚げてくる若い人達が増えるかもしれないし、もう一回「農業」に光が当たればいい。

自国で食料を作れる・・という力は、失くしてはいけないもの。

 

そもそも「その土地で取れたもので生きる」って、とても自然に沿った生き方らしい。

食べられるから何でもいい、じゃないみたいだね。

私がここに生まれてここで住むにも理由があり、それに最適な食べ物は、その土地にある・・・という考え方、嫌いじゃない。

じゃあ、都会はどーすんの・・?てことになるけど・・・

 

これからは東京一極集中じゃなくなってきたりするかもね(^^)。

 

田舎もいいもんだよ。

 

 

■自然にやさしい世界には、確実になる気がする。

きれいな水も永遠じゃないらしい。無駄に汚しちゃダメ。

 

今回の事は、「今のままでいいの?」という地球からの問いかけだとも思う。

さっきの話にも通じるけど、自然の摂理に反した生産活動は淘汰されていく流れになればいいな。

【食品ロス削減推進法案】食品ロスが生じる根本的原因は自分たちの暮らしに対する「無意識」

大量に作れば安くも売れる。でも売れ残りも多くなるわけなんだよね。

それが地球に負荷をかけてきたのならば、それはやめる方向に向かうべきなんだろう。

 

生きるためにどうしても必要な物資は効率よく作るほうがいいものもあるだろうけど、

『衣類』なんかは特に、もう飽和状態でどう考えてもおかしなサイクルに陥っている。

私たちは本当は必要でもないモノを、宣伝の力や流行を作り出す事で「必要だ」と思い込まされていただけで、実際はそんなにたくさんの服は必要じゃなかったね・・なんてことに、気がついてきた人も増えてきているみたいだ。

だから、大量消費&大量廃棄の流れは見直されはじめるのでは、と思う。

 

安いからたくさん買って、たくさん捨てる。どう考えてもおかしいよ・・・。

 

■文化を守る。

消えつつある「和の心」を取り戻したい。

コロナ以前から、文化はグローバルからローカルへ移行している・・という話があった。

他人との比較からの脱出~アイデンティティのありか【ハイムテキスタイル2020】~

これまた、一番初めの話に繋がるけど、

地域地域の伝統文化が跡継ぎがいなくて消えていくってとっても悲しいよね。

それぞれの文化を受け継ぐ方向に人が流れて行って、日本らしさの再認識が起これば素敵だなあ、なんて思ったりする。

 

モノを大切にする。

自然を守る。

地域コミュニティで助け合う。

競争のない、ピラミッドじゃない、輪(和・循環)の社会。

 

日本的な価値観が、アフターコロナの世界ではなんかピッタリフィットしそうだと思うのは、私だけか。

 

 

不安がる事に少し疲れたら、こんな世界になればいいな、と思い描く事から始めようよ。

妄想なら、一円もかからないしね(^^)/。

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    七合食ダイエットを終えての感想&「リセット」の効果、モノ・身体編

    三年前には五キロ落とす事に成功した七合食ダイエット、残念ながら今回はマ…

  2. インテリア

    つまらない毎日とぼやきたくなるあなたに私が超おススメする一冊の本

    こんばんわ!家作り収納コンサルタント徳島お片づけラボ …

  3. 家庭科・エシカル消費

    あなたが「楽」をすることで支払っている「見えない」対価

    「楽々簡単・・」というキーワードが付いていたら、つい心が揺らいでしまう…

  4. ファッション迷子の奮闘記

    自己肯定感を上げる「骨格診断」とエシカルファッション

    ファッション迷子と言い続けて云十年。私は「骨格診断」で生まれ変わった!…

  5. 家庭科・エシカル消費

    【お茶の水女子大オーガナイズ講座】ご感想とジェンダー問題とライフオーガナイズと。

    家庭科の先生でも、片付けか得意とは限らない、という事がわかっただけでも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    【頑張っても片付かない謎】やりがちな「片づけ」のミス3選
  2. ライフオーガナイズについて

    絶対あなたを否定しない。
  3. 「捨てられない」

    バリエーションの呪い 洋服編
  4. お片付け

    成功のカギはこの二つ。「覚悟」と、「自分に合った方法」。
  5. お片付け

    子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。
PAGE TOP