インテリア

東京モウレツ二日目。予想以上の自由が丘!

一日目の夜に息子の部屋に転がり込んで、久々の家族三人でのひと時(・・・という素敵なモノではなく、結構ヘビーな感じだったものの、その話はまた後日(^^)。)次の日の朝、朝マック(マックはホント助かります。)をみんなで食べてからのんびりと二日目スタート!

ホントは二日目はノープランで、娘の古着屋巡りをするために下北沢に行く予定でしたが、

下北の古着屋はオープンが12時が多いらしく、ならば・・・ということで

急きょ自由が丘に先に行くことに!

■自由が丘は乙女な雑貨屋さんが集まっているイメージだった!が。

そういえば・・と気になっていた「ブロカント」を検索したら、なんと自由が丘。S沢情報によるとTODAY`S SPECIALのデカい店舗も自由が丘にあるらしいじゃないか。

それに自由が丘といえば、雅姫さんのHUG O WaRもあるんだよね。

昔に自由が丘に行ったのは約15年前か・・S沢師匠とともに一通り見て回ったが、その当時はアメリカンカントリー全盛で、フレンチカントリーもちらほら。MOMO naturalだって、真っ白か白木のカントリー女子テイスト満載の時代だったのです。(またそれが「かわいいいーーーっ」とドはまりしていたんですが。)

しかし、自由が丘はどうも土地的に方向感覚がおかしくなる・・・💦と思うのは私だけ?

娘と必死で目指すは「ブロカント」。←後から思えば、はじめに目指してはいけない店だった。

 

■交差点の角にあるIDEEを拠点にあちこちめぐる。

ブロカントを探していたら、先にIDEEを見つけた。そしてTODAY`S SPECIALも。

TODAY`S SPECIALではテンション上がっていろいろと買い物をした。お約束のロゴトートの麻バージョンがあったので、即お買い上げ。

娘の保温ポットも購入。ゆるいロゴがホント、今の気分~。バブルの時代からのロゴ好き。ロゴ全盛のこの流行はいったいいつまで続くのやら・・・と、すぐに流行が過ぎ去る事を考えてしまうのも年のせいか。

なんせ、自由が丘。ふらふらとめぐるだけで、おっ!という有名店にすぐに出会える。新しいし、規模もデカい。

こんなこと言っちゃーなんだが、素人目には目黒よりも自由が丘・・だな・・・。というか、インテリア・雑貨好きは、表参道エリアではなくなってきているのかな?(あくまで私の主観です。)

15年前に「雑貨好き女子の町」と定義してしまったこの自由が丘が、こんなことになってるなんて。

ちょ・・・、おばさん、知りませんでした。

■雑貨屋めぐりに水曜日は禁物。

それに、うかつだったのは、二日目が水曜日だったこと。

娘の予定的に仕方がなかったし、下北に行く予定だったとはいえ、水曜日はインテリアショップは休みが多いのです。当然雅姫さんのHUG O WaRは休みだし、ブロカントも休みでした。しかし、閉店でもへばりついて写真を撮れる事があるから、いちおー行ってみよー!

ブロカントは、少し外れにありましたし、しかもわかりにくい―――💦

そのあたりの親切なお店のお姉さんに聞いて、なんとか探し当てました。

ひっそりと佇む雰囲気は抜群に素敵だけど、丸見えの店内は、ちょっ・・・と、ほんとにここ、お店??

わからん。でも、すてき。でも、ちっさ・・・。でもすてき。

いつかS沢さんとオープンしているときに行きたいものです。

その後、駅まで帰り、名物っぽいチーズタルトを食べる。常温ならばとろり。冷やしてぎゅ。タルトがしっかりしていてまた行きたい。

閉店している店をのぞき込み写真を撮る私。

■下北沢は気楽で楽しい!

後は、娘の古着を買うための下北沢へ。小さなエリアにこまごまと楽しいお店が並んでいます。

店舗デザインも、自由。なんか、好きかも。

古着屋で買えばスニーカー安いよ、と聞かされていたので、私はもっぱらスニーカーを探す。

そして1200円でゲット!娘の見立てで昨日原宿で購入したワイドチノパンと合わせ、

これまたアドバイス通りに、黒のガチャベルトを購入し、若作りコーデ✨スニーカー、楽。神✨

 

■そして再び原宿へ。

娘にとっては、この旅はダンス修行と古着購入が目的。お互いが一緒に行動することで、知らない世界をお互いにのぞき見する事ができて、なかなか新鮮でした。

古着の世界も、目利きじゃないと難しくかんじるけれど、良いモノを見る機会が増える・・という面と、リサイクルの面でも、理にかなっているというか、やたらめったらファストファッションばかりを手軽に選んでいる私よりも、ずっと賢い消費者なのかもしれない。

表参道を爽やかに歩いている年配の女性たちは、とてもシンプルで美しかった。

姿勢もよくて、センスもいい。あー、あんな女性になりたい!

今回、たくさん写真をとってもらったが、七号食ダイエットで痩せたはずなのに、まだまだウエスト回りがボリューミーで、掲載するには勇気がいる感じ。客観的に自分を見るって、ホント、大事だわ・・・。

徳島に帰ったら、七号食二回目にチャレンジする予定だが、よりいっそう決意が固まった。

↑裏原宿。こんな感じの作りの店が増えてるけど、いまいち面白くない。なぜだ。

 

■東京インテリア修行の旅・まとめ

 

駆け足で振り返ってきた二回にわたるレポートでした。記憶がハッキリしている間に書いたほうが臨場感が出るかと(^^)/。トータルで言えば「足の筋肉痛ハンパない」。歩かない事で有名な徳島県民。都会の人はホント―に良く歩きますよ・・・。頭か下がります。来年のインテリア修行に向けて、ウォーキングしておこうと思ったくらいでした。

東京の人が、すべておしゃれなわけではない事はわかっているものの、なんせ情報も多すぎ!人の層も広すぎ!そして外人多くなりすぎ💦いや、いいんですけど、多い情報の中から、自分に適したものを選び、それ以外をシャットアウトする技術を、みんな持っているのかなあ・・・。

いや、おそらく自然にこなしているのでしょう。目黒や表参道の裏通りの住宅に流れる、静かな時間の感覚を感じると、そう思います。こんな喧噪のすぐそばに住んでいるのにねー。スゴイ。そして美しい。

本当に必要なモノは、全体の二割。

こんなにモノも人もサービスもあふれている東京で、しっかりと「選ぶチカラ」を発揮して暮らしている人もいるのだから、

徳島という田舎で、あれもこれも「選べなくて」捨てられない~。と窮屈に暮らす人が多いのは、「モノを取っておくスペースがあるから。」という理由で片づけるのには、すこし微妙すぎる。

 

まずは、私から少しずつ、変えていこう。

そんな風に思わせてくれた二日間でした(^^)/

 

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

 

 

関連記事

  1. インテリア

    【東京カンファレンス】インテリア系ライフオーガナイザーの苦悩

    今回の東京カンファレンスでは、なぜか名刺交換した方の半分くらいが建築関…

  2. インテリア

    本物を見る目を持つ事と「片付け」の関係性

    こんばんは(;・∀・)時々インテリアコーディネーター…

  3. インテリア

    「ふつうのいえ」に蔓延する思い込みを外すインテリア雑誌活用法と、家作り研究会発足のお話。

    私たちが想像する「ふつうのいえ」は思い込みの塊かもしれない説。■徳…

  4. インテリア

    東京のインテリアをモウレツに見て歩く旅2017

    娘と二人で東京爆歩きツアーに行ってきました。スニーカー購入をケチってス…

  5. インテリア

    ワンパターンコーデをアクセサリーで乗り切る!と、アクセサリー収納術あれこれ。

    こんばんは徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    【「うちカタ塾」前半戦を終えて】私が本当に伝えたい事・中間報告
  2. メンタル

    どうにもこうにも気分が上がらない時は
  3. 未分類

    【終戦記念日】人の目が気になる日本人だからこその強み
  4. 家作り

    「自分の意見が反映されていない家に愛着が持てません」に対する回答例・その2
  5. パートナーシップ

    【これだけ覚えて!】夫婦仲をアップさせて「幸せな家づくり」を成功させる唯一無二の…
PAGE TOP