「捨てられない」

相手にめちゃ喜ばれるプレゼントの選び方

昨日に引き続きプレゼントネタですが・・・

もうすぐクリスマス✨親しい人にプレゼントをあげる事もあるかもしれませんね。

しかし。正直本当に相手が喜んでくれるプレゼントセレクトはとっても難しい。

かといって商品券ってのも金額がもろバレで微妙だという悩み。

相手にめちゃ喜ばれるプレセントって、どうやって選んだらいいの?

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

エクリュプラスのライフオーガナイズサービス詳細はこちらから

 

 

こんばんは(^^♪
基本的に人の誕生日のお祝いはしない主義。
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

なんでしないかって、理由はいろいろあるけど、一つの理由は「プレゼント交換」にあります。

■プレゼントセレクトは超むずだ。

つい「自分目線」で選んじゃいがちですが、あげたその後を考えると・・・

 

頂き物って、うれしいけど、お返ししなくちゃいけないと思っちゃう。

さらに、頂きものは自分の趣味嗜好に合わないと、ホント困るんだよね。

 

食品ロス調査の時も、「義理のお母さんから頂く健康食品」が食品庫に大量に溜まっていたり、元カレから送られてくるお菓子の詰め合わせに困っているお客様もいらっしゃったし(しかも賞味期限切れ大量廃棄)、

手作りが得意な友人からのギフトも結構難しい。

新築祝いにいただいた「趣味が異なるフラワーアレンジメント」も泣けるアイテムの一つ。

 

プレゼントをどうしてもしたいときは、本人に聞くか、購入時に一緒に連れていくか、商品券にするかが一番だと思うのですが、まあ…毎回そうもいかないよね。

 

となると、もうあとはリサーチしかない。

普段からその人がどんなものが好きなのか、何を欲しいと思っているのか、よーくよーく相手を観察して、喜んでもらえるモノを推理するしかない。

そう考えただけで、私はもう「自分もいらないから、相手にもあげない」という、なんとも孤独な感じの選択をしているわけなんですが・・・。

 

■自分の想像の範囲を超えた「暮らしを豊かにするアイテム」を送る超技

消えて無くなる花や食べ物は無難だけど、喜んでもらえないならあげる意味もないし、食品も案外食べられず廃棄されている現状が(´;ω;`)。

 

と、そんな殺伐とした人間関係を構築していそうな私ですが、

予想外のギフトに喜んだことだってもちろんあります。

超デカい松ぼっくりいりのキャンドル。こういう「自分では買わないケドもらうとうれしいもの」を見つける目がある事がうらやましい。

このキャンドルは、もういただいて20年くらいたちますが、置く場所を変えたり、時にはしまっておいたり、でもまた出してきては火をともし、喜ぶ・・という感じで、ずーーっと大切にしています。

お客様が来ると、必ず「えーーっなにこれ・・・」みたいに目に留めてもらえて、会話が弾むし、

家飲みパーティの時に、火をともして「大人のヒュッゲ※タイムー」※ヒュッゲとは、北欧の言葉で「心地よい時間」的な意味などと言って楽しんでいるという、すごい存在です。

プレゼント一つで、こんなに人を喜ばす事も出来るとしたら、「むずい」の一言であきらめず、時にいいモノを見つけたら、プレゼントしてみるのもいいのかもしれない。

■もっと真似しやすい「うれしかったプレゼント」事例

とはいえ、このキャンドルみたいなプレゼントは諸刃の剣(埋もれて邪魔になる事もある。)だし、結構ハイレベルなんでそうそう真似はできません。

 

もっと真似しやすい私のおススメのプレゼントはこちら。

副チャプター卒業の時に、ライフオーガナイザー仲間から頂いた「スタバカード」。

私もその後真似して、いろんな人に活用しました。

金券とはまた違い、まず、いただいた時に金額がわからない。

それに、何に使おうか自由というところ。

コーヒーを飲みながらゆっくりと過ごす時間につかってもいいし、

私のように、欲しかったアイテムに交換するのもいい。

欲しかったスタバのコーヒードリッパーに交換♡

しかも、その時に同時に貰った花束も、私の趣味を見透かしたかのような素敵セレクトでした✨

色が苦手でグリーンが大好き!なんでわかったの??写真撮りまくり、ドライフラワーにして喜んだ。

「私の事をよく見てくれている」と、感じさせられるプレゼントには、心打たれます。

 

■クリスマス・プレゼント商戦に乗せられるな。本当に喜ばれるプレゼントは普段からの観察にかかっている。

勢いで買うと失敗しやすい・・・。

昔、販売の仕事をしていた時、クリスマスの時期はとっても忙しかった。

たくさんの人がクリスマスギフトを買いにくるからね。

で、一番売れるのは、やはり店頭に山積みにした「当店おススメギフト」です。

その当時一番売れたのは、「タジン鍋」と「シリコン調理器」。しかも、色はクリスマスだから「赤」・・・。バカ売れ。

売りながら、「絶対これ、相手のキッチンで目立ちながら邪魔になるやつや・・・」と思ってましたが、

その後、オーガナイザーになってキッチンの片付けをしていると、やっぱ結構出てきましたね・・・。赤いシリコン調理器。

 

その時の流行って、結局作られたものであり、大量に入荷させることでコストを抑えていたりもするから、店はなんとしても売りたい。

ポップをつけて、可愛くディスプレイして、あたかもそれを買えば素敵ライフが手に入るように演出してくれるから買いたくなるんです。

 

そんな巧みな販促活動にふわっと乗せられないように・・・(←元職場におこられるわ)

プレゼントは、愛と情熱をもって、リサーチ!厳選してあげてくださいね。

 

自信がない人は、・・・スタバカードにしましょう。

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

関連記事

  1. 「捨てられない」

    「三年使わないものは捨てる」説は正しいか、間違えか。

    「使わないものは捨てましょう」。確かに正論だが、素直になれないのはコレ…

  2. 「捨てられない」

    「他人軸」「使いこなせていない」「理想と現実のギャップ」

    「他人軸」あまり意識したことのない言葉かもしれません。しかし私達は無意…

  3. 「捨てられない」

    「先に捨てる」大事なものをゲットする願掛け

    捨てるのは怖い。捨てたらもう元に戻らないから。でも、元に戻る・・・てこ…

  4. 「捨てられない」

    買い物上手のおしゃれママになるための、ちょっと本気の「衣替え」のコツ

    急に寒くなってきましたね💦急遽長袖を引っ張り出してきた人も多い…

  5. 「捨てられない」

    「捨てられない家族」に困ったら試してみたい「意識を変える一言」

    こんばんは(*'ω'*)徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    【要注意】「コツコツ」では片付かない3つのパターン
  2. インテリア

    他人との比較からの脱出~アイデンティティのありか【ハイムテキスタイル2020】~…
  3. 家作り

    「自分の意見が反映されていない家に愛着が持てません」に対する回答例・その2
  4. 波動

    【コロナ離婚】家族内コミュニケーションの試練
  5. 家作り

    本当にオーガナイズで100万コストダウン出来た実例
PAGE TOP