家庭科・エシカル消費

セカオワに見る「社会貢献」と「自分のため」

何かにハマったら、猛烈にいろいろと調べまくってしまう一面を持つ私。ちなみに今のハマりものは「セカオワ」!今日はセカオワに見る「社会貢献に対するスタンス」について。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■

エクリュプラスのライフオーガナイズサービス詳細はこちらから

【新着セミナー情報】

久々の家作りセミナーです。これを聞けば100万円コストダウンも夢じゃない!?渾身のセミナーです。ぜひお越しください。お問い合わせはかみくぼ住宅か、株式会社南光まで。

鳴門教育大学 公開講座も!

衣・食・住の片付く仕組み~スッキリと心地よい空間の作り方~
鳴門教育大学公開講座【小さなお子さんも安心!安全な住空間づくり】
講師・徳島お片付けラボ 藤原 百理
日時 10月26日(土) 14時~16時
会場 鳴門教育大学 地域連携センター2階
受講料 1000円

公開講座のお申込みはこちらから

 

こんばんは(^^♪
突然ですが、セカオワにハマっています。
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

ここ数年、音楽にとんと疎い暮らしをしていた私ですが、

たまたま借りてみたセカオワの世界観に「どん」とはまってしまった。

セカオワなんて、「モッズコートを着たドラゲナイの人達」くらいにしか知らなかったのに。

 

■私たちがなんとなく「見ないようにしている視点」を改めて思い出させてくれる。

 

セカオワの歌詞はとても深い。

まだまだファン歴が浅いから、そんな大したこと言えないけど、

何より素敵だなと思ったのは、視点が「地球規模」な事だ。

そして、「弱者を見捨てない勇気」。

 

メンバーそれぞれが、かつて「弱者」の経験をしたから・・・かもしれないと、勝手に憶測するのだけど、

「見捨てない」というキーワードを、あちこちの曲で感じるのは私だけか。

 

弱いものの助けての声に耳を傾ける事は、

つまりは「その人の大変さを自分の人生にしょい込むこと」になるし、

そうでなければ、罪悪感を持ってしまう。

 

だから、ついつい私たちは、そんな「助けて」の声をきかないふりをして、

自分だけの暮らしを守ろうとしてしまうのに、

彼らはそれをしない。

 

自分の損とか、得とか、

全く考えていないように。

この歌もそう。

恵まれた世界に生きる自分が、

「助けて」の声が聞こえなくなった静寂の世界において、「無感覚になってはいけない」と

同じ世界に住む子供たちに伝える歌だ。

 

■「自分には関係ない」と思ってしまう事は、自己貢献感の欠如とイコールかもしれない。

パームヤシ生産のために伐採された原生林

私はずっと、環境問題とか、社会問題に関心が薄かった。

ボランティアもどこか冷めた目で見ている部分があった。

なにか「偽善」的なように感じていたし、

「自分に出来る事なんて無い」と思う気持ちもあった。「私一人が何かしたとしても、それで何が変わるのか」「すべての人を助ける事なんて出来ない。それでは意味がない、だからしない」みたいな屁理屈を頭の中でこねていたかもしれない。

でも本当は、「助けて」の声をききたくなくて、耳をふさいでいたんだ。

 

こんなメッセージを歌にのせて世に出してしまう事にたいして、「説教臭いかも」と一度は歌詞の書き換えを検討したらしいが、メンバーの「そのままでいい」という意見で、書き直さず発表したというこの歌ですが、

いやいや・・・。書き換えしなかったことに、感謝します。

 

■環境問題、社会問題に対して意識的に子供たちと話そう。

こんなに世界の国がそれぞれに関わりあっている時代です。

天皇陛下の即位の礼を見てもそれがよくわかります。

 

世界最古の歴史を持つ、豊かな国「日本」に住んでいるだけでも、私たちは本当はありあまる恩恵にあずかっているはずなのに、

私たちは、なんだかんだと日常の「欠け」にばかり目を向けて、文句をいい、

少しでも自分が損する事を避けようとする。

 

もしかして、日本人に幸せを感じている人が少ない理由の一つは、

「自分と世界はつながっている」という感覚を失ってしまっているから・・・かもしれない。

 

そこを取り戻すヒントがこの歌にはある。

 

「誰かを救う事は、自分を救う事と同じ」

 

試しに、少しだけでも誰かを助けてみたらいいのかも。

例えばこんなこととか。古着でワクチン

 

ちょっとした自分の力で、世界の誰かが助かる事がわかれば、「片付けが苦手」なんて言って腐っている暇は無くなるはずです。

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。⇒メールフォーム

 

 お問い合わせ・アクセス

■お問い合わせ・アクセス

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

・ライフオーガナイズって何?

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

 

エシカルファッショニスタを目指せ!服買わないチャレンジ2019冬前のページ

私が「捨てないライフスタイル」を目指す理由次のページ

ピックアップ記事

  1. 変化による『暮らしの歪み』をリセット!片付けはあなたの後方支援

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    【結果的に節約!?】これからの「お金の使い方」食品編

    これから経済的にどうなるかわからないから、節約しなきゃー💦と思ってない…

  2. 家庭科・エシカル消費

    「ミニマリストになり切れない夏」パート2・その解決策

    おはようございます!徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理…

  3. インテリア

    つまらない毎日とぼやきたくなるあなたに私が超おススメする一冊の本

    こんばんわ!家作り収納コンサルタント徳島お片づけラボ …

  4. 家庭科・エシカル消費

    「当たり前」は「当たり前」なんかじゃないんだけどね、本当は。

    お赤飯をいただいた。最近はお赤飯は自宅で作らなくなったよね、という話か…

  5. 「捨てられない」

    「片付け」から逃げたい!その心は「くさいモノに蓋」理論

    多くの人が「片付け」を苦手、めんどくさい、逃げたい、と思う理由。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

徳島/インテリア/収納プランニング/ライフオーガナイザー®竹内真理プロフィール

エクリュプラスの各種サービス

【復刻手描きパースオンライン講座】

最近の記事

チーム「徳島お片付けラボ」の愉快な仲間たち

エクリュプラスの各種サービス

  1. 子供のお片付け

    楽しく片付けに取り組める子供に育てるために守ってあげたい3つのルール
  2. お片付け

    「情報過多の時代」にフィットする究極片付けの奥義「真ん中を目指せ」
  3. 家庭科・エシカル消費

    【消費行動とお片付け】家政学会にてライフオーガナイズを叫ぶ
  4. 子供のお片付け

    【持論】子供の片付けは「親子関係」が9割
  5. 波動

    片付けと「波動」
PAGE TOP