お片付け

「散らかり」に目が慣れる。

おばあちゃんと日和佐にお花見に行ってきました✨

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です🌸

 

■桜が美しく感じるのは、きれいだから・・・もあるけど、「目が慣れていないから」ってのもある。

最高のお花見日和🌸

徳島の南にある海沿いの街・日和佐町のちょっとレトロで、ちょっと雰囲気のいい、のーんびりした時間感覚と、春のまったりした気配が最高に心地よく、スーパーで買ったお寿司パックを車の中で、おばあちゃんと母と三人で食べました。

徳島・日和佐城。

日和佐城には、たくさんの花見客がいて大賑わい。

さくらがこんなにも素敵に見えるのは、

さくらが美しいってのは当然だけども、

 

咲く時期が一年のうちでもほんの僅かの期間限定だから、「花の咲いている状況が新鮮」・・・ってのもあるよね。

いつもいつも、このピンクの花が咲いていたら目が慣れてしまって、別にどおって思わなくなるだろう。

ずっと存在するものには、ありがたみを感じにくい。ありがたく美しいのは、なにも桜の花ばかりじゃないはずなのに。

 

■美しいモノも、美しくないモノも、それが常だと「目が慣れる」

 

「美人は三日で飽きる」とかいう、なんか美人にとってはとても失礼な言葉もあるけれど

それは別に、美しいモノだけに目が慣れるのではなくて、美しくないモノでも、正直それが常だと目が慣れる💨

 

よく、人の家のお風呂って、なんか隅っこの汚れとかが気になって、キタナク見えちゃったりしません?

でも、実は自分ちのお風呂だって、結構汚れていたりするものです。

自分の汚した風呂なら平気だけど、他人の風呂は無理・・・とか、よく考えたらおかしいけどね。

自分ちのお風呂の汚れを何とも思わないのは、

「目が慣れているから。」

じわじわと汚れがすこしづつついていくから、気が付かないんですよね💦

 

それは、部屋のお片付けでも言える事。

すこーしずつ積み重なった「散らかり」に、意外と無頓着だった・・・という事は、よくある事です。

 

片付けにとくに悩んでいない人は、きれいに片付いているから悩んでいないんだろうけど、

実はそんなに片付いていないのに「目が慣れて、気が付いていない」人も実はいる(‘ω’)。

イケてるつもりで友達を呼んで、

陰でとやかく言われても、そりゃ言うほうが悪いからほっとけばいいが、

自分や、自分の部屋の状態を、「客観的な視点で見る」という事は、それとは別で、結構大事な事です。

 

■目が慣れている自分の部屋を、客観的に見るカンタンな方法

目が慣れてしまっている目に客観的な視点を取り戻す方法として、

「写真を撮ってみる」てのが有名ですが、

もう一つ、もっとお手軽で、結構効果的なのが

「鏡に映して部屋を見てみる」という方法。

鏡に映すと、まるで他人の家のように感じる事も。おもしろいからぜひやってみて(^^♪

これ、漫画を描いたりする趣味の人ならよくわかると思うんだけど、

デッサンの狂いをチェックする方法なんです。

 

鏡にうつして反転した自分の絵をみたら、絵の欠点や狂いがよくわかるんです。(イラストならば、光に透かして裏から見る。)

部屋を鏡を通してみると、まるでイメージが変わって見えます。

そして、どこが「アカンポイント」なのかも、よく見えてきます💨

 

■「気付き」こそ進化への扉

 

なんでも「自分はこれでOK」と思う事は、自己肯定感とも言えるし、必要な感情だけど、

「これでOK」には成長がない・・・という一面もあります。

それが客観的視野によるものなら、等身大の自分をありのままに評価して、いいも悪いも受け入れている事になるからそこからまた、スタートを切れるけど、

ただ、自分の現状をわかっていないまま、

「私の家は散らかってなんかない」と思っていたとしたら、

別に困る事はないけど、そこから素敵にもならないよね。

 

あなたなりの[クオリティ オブ ライフ」を手に入れて、充実した人生の一瞬一瞬を積み重ねるためには

自分の感覚で判断した「もっと良くなるポイント」を見つけられる「目」がとても役に立つ、と思います。

 

鏡を使った「客観視」の技術、ぜひ遊び感覚で取り入れてみてください✨

 

 

 

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム

 https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

・サービス申込みがよくわかるページ

https://syuno-ya.com/home/ecru-plus/

・ライフオーガナイズって何?

https://syuno-ya.com/home/lifeorganize/

 

 

 

 

関連記事

  1. お片付け

    小さなモノにこそ定位置を

    「なんちゃってきれい好き」の昔の私と、今の私の決定的な違いとは。■…

  2. お片付け

    「五分で片付く家にしたい!」お片付けスイッチ入りました。

    子育てをしながらお仕事をしているママは時間がない。でも、時々は子供…

  3. お片付け

    【モノが表にたくさん出ちゃっている場合】の「片付け方」のコツ教えます。

    ぱっと見で「散乱してる」系のお客様のご自宅を片づける場合の、私の「片付…

  4. お片付け

    「きれい好き」イケるかアカンか、境界線はココ。

    お部屋をきれいにしておきたい気持ちは素敵な事だけど、その気持ちには「ハ…

  5. お片付け

    大切なのは「モノ」じゃない?抱え込んだ「べき」に気が付く魔法の質問

    こんばんは(^^♪「ゆるーく楽しくお片付け」がモットー!…

  6. お片付け

    一つだけじゃだめだった?片付くための「3つの要素」

    片付けはいろんな要素が絡み合っている。そこをぐっとまとめて3つにしてみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    システムキッチン「引き出し収納テクニック」まとめ
  2. お片付け

    利き脳・きっちり左左脳の苦悩と解決策
  3. メンタル

    「言ってもどうせ聞いてくれない」と思うから他人に気持ちが言えないあなたへ
  4. 家庭科・エシカル消費

    買いすぎと「不安の心」
  5. 家庭科・エシカル消費

    続「2030SDGs」瀕死のバーチャル地球号を救え!
PAGE TOP