子供のお片付け

子供の創造力をアップさせる「空間」の活用法

子供のころ、ダイニングテーブルやいすを組み合わせて、
小さな「小屋」のようなものを作り、弟といつも遊んでいた私。

あげくはソファまで動員して、壮大な「小屋作り」に連日励んでいたのに、

親がキンキン怒っていた記憶がない・・・。(気に留めていなかっただけかもしれないけど)

・・ごめんね、お母さん。だって、たのしかったの。

 

こんにちは!

家作り収納コンサルタント
徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

そんな過去の遊びを思い出した、昨日のお片付けサポート現場でした。

モノで埋め尽くされていた場所を片づけて、たまたま出来た空間で

子供たちが箱や収納ボックスを組み合わせて小さな「基地」を作って遊んでいたのがとっても楽しそうで✨

 

壊すのもかわいそうだと、そのまま支障のない場所に「基地」を移動してあげたら

大喜びで、私が帰った後も、兄弟二人でずーっと遊んでいたという。

あー、かわいい♡(写真に撮らせてもらえばよかった―――💦💦)

 

しかも、「僕たちは『片付け屋さん』だよ。」どうやらその基地、「片付け屋さん」の事務所らしい…(*_*)うわわわ!

(10年後、なりたい職業に「ライフオーガナイザー」が上位にあがってきたらどうする!?)

 

■「主役級」のおもちゃと、「材料」になるおもちゃ

おもちゃは少なくていい、という持論を持つ私ですが、

こーいう「創造力遊び」に関しては、材料をたくさん用意してあげたくなる💦(大人って、自分の好きな遊びには甘くなるものデス・・・)

古いパソコン、布、箱、小さな棚、クッション、ままごとセット、照明、小さな布団。

こんな材料があったら、どれだけ楽しい遊びが出来るか!

 

おもちゃって、「主役級のおもちゃ」と「材料おもちゃ」の二種類あると思うんです。

そして、創造性をアップさせるのは、断然「材料おもちゃ」だと、私は思う訳です。

 

■意外と意識しない「子供は空間で遊ぶ」という事。

そして、大切なのは、「空間」。

子供の遊ぶ場は「リビングのテレビの前」とは、大人の勝手な思い込み。

 

子供の遊び、といえば、ついつい「モノ」だけを与える事を考えてしまいがちですが

実は子供は、ちょっと変わった空間が大好きなものです。

ドラえもんに出てくる「土管」や「押入れ」なんかも子供心をくすぐる要素です。

 

ふつうの家でも、そんな「空間」を作る事はアイデア次第で十分可能!

しかも、子供は狭いとこ大好き!(小さいからね)

上手に目立たない場所に「専用コーナー」を作ってあげたら、

(例えば壁とソファの間とか、押入れの下段とか)

ご満悦でコンパクトにまとまって遊んでくれる事、間違いなし!

そして、リビングは広々スッキリ! いい事ずくめです。(ふふふ)

 

ゲームにしか興味がないように見えても、案外こういう遊び、大きくなっても好きですよ。

どーんと遊ばせてあげて、

その後一緒に掃除すれば一石二鳥です。

 

■「自分で考える」事が楽しさの秘訣。

内側から沸き起こる「やりたい!」の気持ちが、何より大事です。

 

ちょっと話はそれますケド

お片付け教室でも、せっかくやる気になっている子供さんに、

ママが帰りながら一言。

 

「片付けのやり方わかった!? 帰ったら、全出し・四分類するからね!」

 

・・・なんて・・・💦

ちょちょ・・・💦オカアサン💦そんな風に言わんといて💦

その一言が、やる気の炎にバケツで水をバシャ―!てかけてるんだよ・・・。

 

「は・これ、私の事だ」と思ったオカアサンがいたら、ごめんなさい。

でも、言っちゃうよ。

 

「子供に任せてみて」

せめて、言いたくなってから、10秒。我慢してみてください。

 

きっと、あなたが思うより、子供のほうがずっとクリエイティブです。

 

 

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらから。

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

 

■スタジオ相談予約フォーム

https://reserva.be/ecruplus

 

■エクリュプラスHP

http://ecru-plus.wixsite.com/ecru-plus

 

■2018お片付けサービスメニュー

https://syuno-ya.com/home/page-78/

 

■Instagramもやってます。

https://www.instagram.com/ecruplus/

 

■時々こっそりと登場。自爆系「家作り」ブログ

http://simpleinc.jp/blog/シンプルブログ

 

 

関連記事

  1. メンタル

    家事も子育ても「完璧を目指したかった」私の理由

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です…

  2. 子供のお片付け

    やさしいだけじゃだめかもしれない。

    そういえば、昔は肩書が「家事手伝い」とかいう人が存在したよね・・・。独…

  3. お片付け

    バリエーションの呪い 食器編

    前回に引き続き、日本人が陥る「バリエーションの呪い」今回は食器…

  4. 子供のお片付け

    子供の片付け教育「任せる」の落とし穴

    自主性をもってもらいたい。でもまかせっきりではダメだと思う。■徳島…

  5. お片付け

    子供にノリノリで片付けしてもらうための三つの秘訣。

    子供ってお片付けが嫌いなのが当たり前って、思い込んでいませんか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. インテリア

    【インテリア】あなたはどれ?素敵なお部屋の3レベル
  2. 家作り

    夢をあきらめずに家作りのコストを抑える方法
  3. 家庭科・エシカル消費

    【ゴミ問題】私が考える「間違いなく環境に良い事」とは
  4. 家庭科・エシカル消費

    国連がおススメする「2030SDGs」ってどんなカードゲーム?まとめ
  5. 家作り

    タイニーハウス・小さな家に住む事で得られる可能性
PAGE TOP