家作り

【家作り】妥協しちゃダメ!工務店選びのコツ

おはようございます。
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

「家作り」と「片付け」を同時に検索する人が増えていることを実感する今日この頃。

家作りにはそれなりの準備をしてかからないと大きな損失を生む・・という意識が広まっているのはとても素敵な事です。

がっ、まだまだ、ある程度い家作りが進んでから事の重大さに気が付いて私を探し当ててくれる方がほとんどで( ;∀;)、時すでに遅く(´;ω;`)

「変更できるか、即聞いてみてください~💦」と担当者さんに電話をかけてもらっても、

担当者さんから「もう変更は無理です」と冷たい返事をもらう事も多々で・・・。

「もっと早くにオーガナイズの事を知っていれば・・・」と嘆いてくださるのはうれしいけれど、その人の人生には間に合わない。私ももっと頑張って、「家作りプラン前のオーガナイズ」を広めていかなくてはいけないな💦と反省の日々であります。

 

■「家作り」に失敗だと感じている人が多い理由

こだわって建てたはずなのに、なんだか不満が湧きおこる・・・。

家に求める事は皆さまそれぞれだから、一概に言えない・・・といいつつも、世に生み出されている住宅は結構ワンパターンな事が多く、

「家」の流行は移り変わりがゆっくりではあれ、確実にその時代の流行が反映されています。

という事は、

まあまあ、その時代の決まりきったパターンに沿って家を作ってしまう人が多いという事。自分のライフスタイルに合わせる・・・というよりは、その時代の「ふつう」に合わせられているというほうが多い。

自分の意見や「こうしたい」という願望も、世間一般の「常識」に大きく影響を受けていて、例え一瞬憧れたとしても本来あなたにピッタリかどうか、疑わしいのです。

で、ピッタリじゃないからこそ、後々のいろんな「困った」が現れて、その一つが「片付かない」に繋がるんですよね・・・。せっかく何千万も出して建てる家が、お気に入りじゃないなんて、悲しすぎるけど、「100%満足✨」と言い切る事が出来ない人が多いのは、「家は三軒建ててやっと満足できる」なーんていう言葉に表されているように、難しい事です。

三軒も建ててるかっ…!てね。じゃあ、ほとんど失敗じゃないのよ( ;∀;)泣ける。

 

「自分の人生に、どんなモノがどれくらい必要なのか。この家でどのように暮らしを実現出来たら快適なのか」

スパン!と答えられますか?実際のところ、想像もできませんよね。

ここをできるだけリアルに、そして現実的にイメージできるように思考を整理する手段が、新築プラン前の片付け、いや「ライフオーガナイズ」なのです。

 

■あなたに合った工務店と、そうじゃない工務店を見分けるコツ

工務店選びの基準は?「耐震」?「デザイン」?それとも「収納の多さ」?それ以前にチェックすべきポイントがあります。

「家を建てよう」と決断した時点で、家作りのイメージが全くできていない人と、結構研究・思考錯誤してイメージを作り上げている人と2パターンいらっしゃいます。

イメージが明確で、なんなら図面まで考えてみている人(かつての私みたいな)の場合、「この図面がそのまま建ったら理想だけど、プロの視点から見て大丈夫?さらに良い案があれば教えて」と考えます。

で、工務店なりハウスメーカーさんに行って専門家の知恵を借りるわけですが、その時によっく観察してほしい事があります。

それは

「あなたの意見を頭から否定するかしないか」

前もって言っときますが、想像以上に否定されます。

 

■あなたの「こうしたい」を汲み取ってくれる業者さんを選ぼう

私の経験も含め、こっそりとアドバイスしますが

相手は建築のプロで、こちらはシロウトなんですから、否定されても当たり前・・・なんて、ゆめゆめ思わないように。

例えあなたの図面が建築的に無理な場合であっても、あなたの図面には、あなたの「こうしたい」という意図がかくされているわけですから、「ここをこうしたい理由は何ですか?」と聞いて、あなたの気持ちを汲み取ろうとしてくれる人でないと、これから先の大変な家作りを楽しく乗り切る事は出来ません。(言い切ります。だってそうだもん。)

意見を聞かずにバッサリ「無理ですよ」「これは出来ません」「こんなん変ですよ!(←最低。でもたまにいらっしゃいます。)」と言ってしまうような業者さんは、その時点で見切るくらいでちょうどいい。

話を聞いてから、「ああ、そういう意味でこの図面を書いたんですね。」と理解した上で、「○○な理由でこれは建築的に難しいから、かわりにこのような形ではどうでしょう」とプロなりの提案をしてくれる業者さんならば、その他のいろんな場面であなたの「こうしたい」気持ちをどんどん伝える事ができるし、あなたも建築的知識が増えて、より良い家作りができるというものです。

「即ジャッジ」の癖は、コミュニケーションの大きな障害になります。コミュニケーションが一番大事な家作りではかなり重視すべきポイントです。

■業者さんも得意分野はそれぞれ。セカンドオピニオンの活用も視野に。

徳島お片付けラボのユリチャンも建築士。建築的にできる?出来ない?の判断を優しくしてくれます。

例えばこんな場合。

あなた「私、外壁はピンクにしたいんです✨」

A「ピンク(‘Д’)!奥さん、それはやめといたほうがいいわ。そんな家カッコ悪い。」

B「ピンク系がお好きなんですね(^^)。どんなピンクをイメージされていますか?」

あなたならA、Bどっちの業者さんを選びたいですか?

 

ピンクって言っても、たくさんあります。プロバンス風の外壁によくある赤系のベージュをイメージしているかもしれないわけです。白い窓枠に似合う、うすーーいピンク寄りのグレーをイメージしているかもしれない。

でも、そんなイメージストックが業者のおじ様の頭の中になかったら、ピンクって言えば林屋ペーパーさんみたいなピンクしか思い浮かばなくて、「そりゃ変だよ!」となっているのかもしれない。

でもイメージできなくても、お客様の気持ちに寄り添う心さえあれば、Aのような返事にはならないもんです。

家を建てるプロが、デザインのプロとは限らないのです。得意分野は人によって違う。

そこんところをよーく頭に入れといて、一人の人の意見をうのみにせず、「建築の腕はあるけどデザイン的に話が通じないな」と思ったら、別のアドバイザーを立てる事をお勧めします。セカンドオピニオンは家作りに置いてもとても重要です。

 

■まとめ「プロのいう事だから・・・」とすぐにあきらめない事が満足いく家作りの秘訣

予算や土地の条件で叶わない夢も当然ある。でもちょっとした準備や工夫で同じ価格でも作れる家の住みやすさは格段に変わるものです。せっかくなんですから、ずっと愛せる家を作りたいですよね(^^)。

相談に乗ってくれる担当の方は本当にさまざまなスキルのバラツキがあるのだなあと、私もこの仕事をしながらいろんな工務店さんとお付き合いする中で学んできました。

でも、ふつうのお客様はそんなことは知らない。

建築業者さんは一様に「プロ」だと思って、言う事をうのみにしてしまい、「本当はこうしたい・・・」という些細な希望まで飲み込んでしまったり、言う時期が遅れて間に合わなかったり(そもそも聞き出してくれてない)、選択肢が極端に狭められたりした結果、満足いく家作りが出来ていない、という状況は本当に多いのです。

 

家作りセカンドオピニオンを提唱する私も、もちろん全てのプロなんかじゃもちろんありません。
得意分野も限られています。でも、「工務店によって言っている事は違う」という事はわかるし、私でわからなければ、アドバイスをもらえる専門家はたくさんいるので、ぜひ家づくりに悩んだら、お気軽にご相談ください。

家作りに研究・検証の手間を惜しむのはもったいない。

悔いのない家作りを応援します。家は家族同然の存在なんですから。

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お片付けサービス、その他のお問い合わせはこちらからどうぞ(^^。

・メールフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S12155810/

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

 

・サービス申込みがよくわかるページ

https://syuno-ya.com/home/ecru-plus/

・ライフオーガナイズって何?

https://syuno-ya.com/home/lifeorganize/

 

・徳島のママのための情報サイト「ツナガルLIFE」にエクリュプラスも参加しています。 「ツナガルLIFE」https://tunagarulife.com/

関連記事

  1. 家作り

    「家」という箱に頼るな。~素敵な暮らしの作り方~

    ■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■【…

  2. 家作り

    【リアルレポート】アカン引っ越しとそこから学んだ引っ越しポイント

    実家の引っ越しを二日間手伝って、もう筋肉痛でくたくただけど、ちょっと忘…

  3. 家作り

    良い家を建てるための答えはネット上ではなく「今」の家にある!

    家を建てる・・と決めた時、どんな家にするか、収納の細かいところまでイメ…

  4. インテリア

    【窓】選択肢はカーテンのみ!?外からの視線対策を考える。

    イラストエッセイ「私の大好きだったものシリーズ」。地道に更新中…

  5. 家作り

    憧れの「ウォークイン玄関収納」失敗しないポイント

    昔は無くて、今はあるもの。それは「対面式キッチン」と「ウォークイン大容…

  6. 家作り

    南側の窓カーテン閉めっぱなし問題について

    家のプランのほとんどは「南側リビングに大開口大窓」です。明るい家はみん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 子育て

    子育ては「お母さん一人では無理」だ。その上で今、やれること。
  2. 家作り

    オンライン時代到来!自宅オフィスに必要な事と、次に来るか「ラブリーインテリア時代…
  3. 未分類

    【終戦記念日】人の目が気になる日本人だからこその強み
  4. メンタル

    見たくないモノは無意識で見ないようにしているものだ。
  5. 家作り

    【無限の可能性という幻想】プラン迷子になってしまう理由と家作りの「本質」
PAGE TOP