メンタル

「よい子ちゃん願望」を手放さないと良い家は建たない!?

「よい子ちゃん願望」を手放さないと、良い家は建たない!?

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  YouTube動画も頑張ってます!チャンネル登録お願いいたします。✨///

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

本当の意味で『後悔しない家作り』に、ママの笑顔は必須条件!家作りに織り込むのが難しい「女性の気持ち」もしっかり考えてコストダウンも目指す家作りスキルアップコミュニティです。まずは無料Facebookグループにご参加ください✨

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

先日の「うちカタ塾③」は、家作りのセミナーなのに「べき」を外す・・という「うちカタ塾」ならではのテーマでした。

その中で、受講生の皆さんの中の数人に

「よい人であらねばならぬ」というべきが強くある事がわかりました。

 

良い人であることはステキな事・・・ではありますが、

それが「べき」という縛りだと、ちょっとしんだいですわな💨(←疲れる、の意味の阿波弁)

 

 

■「よい人」でいる事に疲れるという悩み

もーやだー、いい顔すんのーーー!

 

要約すると、良い人でいようとすることは

ちょっと無理をする事であったり、

本心を言えない事でモヤモヤする事だったり、

自分だけが良い人でいようとして、他の人がそうじゃないとむかついたり、

して心に負荷をかけているという事でした。

 

それが自分が自分にかけた「べき」という呪縛であって、

まわりはそこまで望んでいないかもしれない・・・

とわかっていたとしても、

なかなかそれが手放せない、とも。

 

それぞれの深い思いは違うだろうけど、だいたいはこんな感じのご意見が上がったのです。

 

 

 

うちカタ的には、

こんな思いを抱えたまま家作りが進めば、

・自分の希望が反対されたらあっさり諦めてしまい、後々後悔の種になる。

という、最悪のパターンが生じるから、

ここはどうしても解消して、きちんと自分の意見を言えるようになっておいて欲しい・・と思うんだけど。

 

 

■「よい子」であろうとすると、良い家は建たない?

べつに?怒ってないけど?

 

 

自分の意見をきちんと言える事と、

自分の意見をごり押しする事とは別です。

自分軸である、と言う事は、わがままを言え、というのではなくて、

ちゃんと意見を出したうえで家族と話合い、

総合的に自分が納得する結論を出したほうがいい

 

だから、相手の反応を気にして、

意見を言う事を怖がっていたら

満足のいく家は建たないって事です。

 

 

 

ま、それはわかるとしても、

「よい子じゃない自分になる事に抵抗がある」というような気持ちは、

私もなんとなく理解できる気がして。

 

なんだろね、これは。

 

■相手から責められたくない「防御」

むかついても、すぐには表に出さず、腹に溜める。

 

皆さんの深い気持ちはちょっとわからないけど、

私の場合、よい子、よい人であろうとした理由は、他人からとやかく責められたくないから…だった。

(今は、あんまりそんな気持ちが無いみたいで逆にこわい)

 

責められると嫌だからって自分の意見を変える・・なんて、

今から考えたらとんでもない話なんだが、

当時はそれが私のベーシックスタイルでした。

 

 

 

それに、頑張れば出来る事ならば、

無理してでもやったほうが気が楽・・

というのは、

「怠けるのは罪」みたいな思い込みかもしれなくて、

 

そういう小さなことの積み重ねから、

自分の本当の声に鈍感になっていくのかもね。

 

 

■「責められる事を恐れすぎない」厚かましさを味方につける

副チャプター長の業務も超手抜きして楽を追求し、引渡しの時には満面の笑みだったわかりやすい私を受け入れてくれるライフオーガナイザーの仲間たち。

 

私が「よい子信仰」を手放せたのは、ライフオーガナイザーになってからかもしれない。

徳島お片付けラボの三人で、人間関係のごたごたを「鈍いふり」して乗り越えたり(実際鈍いんだが)

「大雑把でちょっとアカン自分」がお客様から「ほっとする」と言われたりしているうちに、

 

「完璧を目指さないほうが生きやすい」

と、体感出来たからというのもあるし、

 

ライフオーガナイズの

「完璧じゃなくて別によくない?」みたいな考え方が、

じわじわと効いてきたという事でもあるかもしれない。

疲れた時は寝る。

「出来ない」

「わからない」

「疲れた」

「めんどくしゃい」

「やりたない」

「助けて」

 

いつのころからか、私は、

そんな事を口走ってしまう自分を許してあげる事にしたんです。

 

そうしているうちに、

ちょっとくらい「えー」って思われても、

「ごめーん💦」と言って許してもらう事に、少しずつ慣れていった。

と同時に、他人のわがままも、「まあしゃーないか」と思いやすくなったかもしれない。

 

私をけなす人は、どんな事をしても、なんか欠けをみつけてけなしてくるし、

私を大切に思う人は、私が少しくらいダメでも、サボりたいと言っても、

ちょっとお間抜けでも、

かわらず「大切だ」と思ってくれるはず。

 

その大切な人のために、

私が幸せそうに人生を楽しみ、まわりに「にこにこを振り撒く」事こそが、

どんな「べき」より最優先なんじゃないかと

思う事にしました(^^♪

 

さあ、皆さんは、自分をどうデザインしますか?

 

どんな未来もあなた次第✨ですよぅ。

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

サービスメニュー

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. お片付け

    「その言葉は自分にかける呪文」

    こんばんは。徳島お片付けラボエクリュプラス…

  2. メンタル

    不安な気持ちの解消法「家庭フラクタル説」と掃除の効能

    昨日見た映画のせいか。それともさっき読んだ本のせいか。不安が止まらない…

  3. メンタル

    「マルチタスクやんなきゃ」という気持ちを手放してみるとイイ事あるかもよ~剣山登山レポート~

    どうせ行くならいろんな付加価値を得たいとおもっちゃう。これって貧乏性?…

  4. メンタル

    どうにもこうにも気分が上がらない時は

    じめじめの毎日がつづきますねー💦雨の日は嫌いじゃないケド、今日…

  5. お片付け

    「私ばっかりが大変!」でも「手伝って」と言えないあなたへの処方箋。

    世の中のお悩みに勝手に答えるコーナー①「私ばっかりが大変!」&…

  6. メンタル

    「当たり前」は本当に「当たり前」?感謝を見逃がす無意識の怖さ。

    お母さんがご飯を作るのは当たり前。片付けするのも当たり前。そう思われて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お片付け

    食品・買い過ぎてしまう五つの理由とその対処法
  2. 家庭科・エシカル消費

    「当たり前」は「当たり前」なんかじゃないんだけどね、本当は。
  3. 未分類

    教育によって人は変わる。視野は多角的知識を得る事からしか広がらない。
  4. お片付け

    「どこから手を付けたらわからない」は、やらない言い訳の可能性80%
  5. 家作り

    【自分軸を作る意味】「どうしたいか」で正解が変わるから。
PAGE TOP