家庭科・エシカル消費

「エシカルファッションに対する消費者の意識向上」研究・追調査レポート

エシカルな感覚を取り戻せ。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら

\\\✨  家作りスキルアップコミュニティ「おうちのカタチ研究室」ぜひご参加ください♡  ✨///

「愛ある」家作りのためのセカンドオピニオン「うちカタ塾」。片づけのプロの視点でこれからの家作りを考えます。

 

こんばんは

脱力系ライフオーガナイザー
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

 

今日は、

鳴門教育大学との共同研究、「エシカルファッション調査」の追調査

鳴門教育大学S本教授と、徳島お片付けラボのユリチャンと3人で行ってきました。

S本教授とゆかいな仲間たち。

今年の夏にクローゼットオーガナイズをして、衣類の見直しを行ったモニター様3件のご自宅に再びお伺いをし、

その後の暮らしや買い物行動がどのように変化したのか・・を調べるためです。

 

 

■効果1 選りすぐり一軍だけのクローゼットはとても快適✨

ご主人様の引き出しは外に出して使いやすく。奥様の服は平積み方式を採用。ずっとキレイに維持できて、選びやすく快適だそう✨

まず、わかりやすい効果としては、

クローゼットを片づけて、一軍のみを表に出す事で

毎日の暮らしがとても快適になって、探し物も減り、

クローゼットを整える作業も苦にならなくなったというお声をたくさんいただきました。

 

3か月以上たつのに、

全てのモニター様のクローゼットは

快適を維持しつつ

衣替えも無事に完了していました。

 

さらにはご主人様のクローゼットも見直ししたり、

その後自分で見直して、

私達の作業の時よりも衣類が減っていたモニター様もいらっしゃいました。

 

 

■効果2 少数の一軍の服だけでも暮らせるという自信がつく

こちらも「平積み」方式💦私が好きだから、ついついおススメしてしまうショップ畳みと平積み方式は、案外みんな楽々クリアして「しまいやすく全体を把握しやすい」と好評。

また、

 

二軍の服から数枚取り出して戻したモニター様は一名。

その他のモニター様は、二軍に全く手を出さず一軍のみで暮らす事が出来たと言います。

 

「自分にはそんなにたくさんの衣類は必要ない」と言う自信がついたそう。

 

無理に衣類を捨てなくても、

ただ一軍と二軍を「ホンネで分けて」

それらをミックスせずに、収納場所を違えて置くだけだけ。

 

しかし

本音で選んだ一軍の衣類は、

毎日の暮らしの最強のサポーターとなります。

 

そして

「好きじゃないけど使わなきゃ」という

圧をかけてくる二軍選手たちに

無駄なエネルギーを吸われることが無い

ので楽になるみたい。

 

 

100人の雑魚兵よりも、1人の関羽雲長ですよ。(なんのこっちゃ)

 

 

 

■効果3 無駄に服を買わなくなった

これでも密度は減ったのよ💦服がとても選びやすくなった、快適だと大絶賛!「一人では到底出来ない作業💦」とのご感想をいただきました。

 

最後の効果は、『無駄に服を買わなくなった』でした。

自分がいかにたくさんの服を持っているか、

どんな服を持っているか、がわかれば、

 

「ほしいものはある程度持っている。」と思えるようです。

 

もちろん、服を買う事は、楽しみでもあるし、

季節がわりに新しい服は買いたくなりますが、

それでも以前のように即買うのではなくて、いったんじっくり考えるようになった、とか

買わずにairクローゼット等のサービスを利用する事になった

それぞれの「エシカル」対策をしてくれたモニター様もいらっしゃいました。

 

 

■服が作られる「裏側の世界」を知る

コットン栽培や衣類生産の過程で起きる

環境負荷や過剰労働、低賃金などの社会的問題に関して

私達が行っているような「あえての啓発活動」に触れない限り

やはり一般の人には掴みにくい情報のようです。

 

今の子供たちはそんな勉強を学校でするようですが、

それ以上の年代の、私達世代は、アパレル業界の闇について触れる機会が無いのです。

 

 

「安ければお気に入りでなくてもとりあえず買う」という買い物の仕方をしていたモニター様も

少しそんな情報に触れるだけで

「そういう事は知っていかなければいけない」と意識が変わったようでした。

 

 

 

モノを買わないと経済は回らなくなり、景気が悪くなる。

そんな言い分ももっともでしょう。

 

でも、今のこの

「モノが安すぎる」事の代償は

後々必ず自分の身に降りかかってくる。

 

いや、もしかしたら

今、まさに降りかかっている最中なのかもしれないのです。

 

 

 

それに、仮に

自分には全く関係なく、このままの世界が続いていくとして、

 

誰かの犠牲の上に成り立っている今の「幸せ」が

本当の意味で心から「幸せ」と言い切れるのか、

 

今すぐプチプラファッションを買わずに

国産の衣類100%にする事は出来なくても

自分達に出来る事は何か、考え始める事くらいは出来るはずなのです。

 

 

 

社会的問題に取り組み始めている企業からモノを買う事。

今あるものを大切にする気持ちを持つ事。

安易に捨てず、リサイクルに回す事。

そもそも買いすぎない事。

安いモノに振り回されず、「自分の好き」という気持ちに忠実になる事。

 

例えば、私の考える取り組みは

こんな感じかな(^^♪。

 

 

 

以上、現場からのリポートでした!

 

 

 

来週からは消費者庁主導「買い占め騒動を起こさないための取り組み」研究が始まります。

むーん、こちらもまた・・・なんとも難しい。

 

 

 

徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理

■お問い合わせ・アクセス

★脱力系ライフオーガナイザー 竹内真理の素顔★
インテリア業界に関わり続けて約四半世紀。独立して片付け(ライフオーガナイザー)の道に進む。ニックネームは「まりお」。
子供は2人すでに独立し、今は猫の「まめち」と気ままな2人(?)暮らしを満喫中のアラフィフ戌年生まれ。特技は空手、弱いけど酒好き。人生の一大イベントである「家作り」を通し、暮らしや家族、モノとの関わりにおいて、主体的に「幸せに生きる事」を選択する人を増やす事が私の使命です。

 

関連記事

  1. 家庭科・エシカル消費

    【食品ロス削減】私たちの持つ「大きな力」とは。

    こんばんは(^^♪だいたい毎日22時更新、徳島お片づけラボ…

  2. 家庭科・エシカル消費

    【じわり再スタート】今の気持ち忘備録と「試される」これからの私たちの在り方

    なんか、じわっと再び社会が動き出しましたね。■徳島・脱力系お片付け…

  3. お片付け

    「モノを持たない暮らし」への転換期

    特にミニマリズムを推奨しているわけではないし、実際に我が家はど…

  4. 家庭科・エシカル消費

    【アフターコロナファッション】これから私たちは何を着て、どう生きる?

    こんばんは!徳島お片付けラボエクリュプラス竹内真理です。おかた…

  5. 家庭科・エシカル消費

    私が「捨てない」ライフスタイルを目指す理由・その2

    売る側の素敵な販売戦略で、束の間の夢を見る私たち消費者。夢を見るのは楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    奥行き900の可能性と秘密の小部屋
  2. お片付け

    「きれい好き」イケるかアカンか、境界線はココ。
  3. お片付け

    「その言葉は自分にかける呪文」
  4. インテリア

    【自分軸インテリア】インテリアを気楽に楽しむためにクリアする3つのポイント
  5. インテリア

    「ホントにずっと好きなモノ」を見つけるための方法
PAGE TOP