子供のお片付け

「捨てられない」と悩むモノベスト5とその対策法

「捨てなくていい」とか「モノ、あってもいいよね」と言い続けている脱力系ライフオーガナイザーですが、手放したほうが楽なのになと思う事ももちろんあるにはある。

■徳島・脱力系お片付け・ライフオーガナイザー®竹内真理のブログ■
サービス詳細はこちら↑

家作り専用新ブログ まりおの「幸せの小さな家作り」

こんばんは(^^♪
徳島お片付けラボ
エクリュプラス竹内真理です。

「捨てられない」は現代の片づけの悩み№1だと思います。

「モノ」に対する執着は、他人から見たら「なんでそんなに・・」と思うような事でも、当の本人にとっては手ばなしきれない「何かの思い」がそこに詰まっているからで、突き詰めると非常に深い話になる事も。

まあでも

だいたいのパターンで、まず「捨てられない」理由は、ほかの必要なものと混ざっていて、判別つかないから…とか言う理由がほとんどで、

きちんと分けていくだけで、そんな血のにじむような苦行で「捨てる」を決行しなくても、自然と手放せたりするものなのです。

今日は、自分の「捨てられない」という感情が、どのカテゴリーに属しているか考えてみましょう。

それだけでも、対処法のヒントが見つかるかもしれません。

 

捨てられない5つカテゴリー

ばっと思い浮かぶだけで、5つのカテゴリーに分けられます。

順番に解説していきます。

 

1過去の思い出 事例「子供の作品」

金メダルとか、昔の彼からの贈り物とかね。

そんなんだったら置いといてもいいんじゃ・・と思うけど、意外と困るのは「子供の作品」。

幼稚園とか学校で、一年間分をまとめてきれいにファイルとかして渡してくれるからこそ、よけいに捨てにくい・・・。だから、写真に撮るというのはとてもいい方法だと思います。

でも正直撮って終わりっちゅうのもあるから、もう一つの手は、持って帰ってきた段階で、子供に「一番よくできたーっ!て思う作品はどれ?」と選んでもらうといいかもしれません。

どれもお気に入りでしょうが、それでもあえて「一枚」を選ぶ。

それを毎年,学年末に繰り返していたら、「全部必要」と、あいまいに答えるのではなく、「しいて言うならコレ」と「選べる」子供になるかもしれません。

 

世の中に、本当は「いらないもの」って無いんですよね。

0点ならば手放しやすいけど、中には30点のものも、55点のものも混在する。

「選ぶ」とは「失う事」でもある。

子供の作品をそのまま塊で溜め続けない事は、

モノに執着しない。大切なモノを選び取る。そんな心の訓練になるかもしれません。

 

 

なんか長くなりそうなんで、ブログ分けます~。

続きはこちら。

【捨てられない】未来への不安は当たり前!?不確定な未来に備えるための「捨てない」整理術

徳島お片付けラボ

エクリュプラス竹内真理

インスタも頑張っております。フォローよろしくお願いいたします✨

※「片付けモードに火が付いた!」というお急ぎの方はお電話でも(^^)/ ☎090-5575-9142

■お問い合わせ・アクセス

 

「片付かない」問題を解決に導く今までに無かった新しい選択肢「ライフオーガナイズ」

 

「ライフオーガナイズ」っていったい何?についてしっかりと解説してみました。

関連記事

  1. 子供のお片付け

    子供に家事の手伝いをさせる事をあきらめているお母さんへ

    子供に家事をどれくらいやらせたか・・・。実は、正直あまり自信があり…

  2. お片付け

    「公」の場と「私」の場を分ける。

    リビングは家族が一番長く過ごす場。おのおのが様々な事を、自由気…

  3. 子供のお片付け

    リビングで子供が好き勝手散らかし放題です。

    明日、ラジオ相談室で片付け相談やるみたいです。ちゃんと答えられるのか、…

  4. お片付け

    「お片付けの卒業式」とオーガナイザーの存在意義について考える。

    子供は散らかっていても平気だと、あなたは思…

  5. 子供のお片付け

    「子供が読むかもしれないから」と、本を手放せないあなたへ

    サービスのお問い合わせ時の疑問・不安を解消するページを作りました(^^…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    「家」という箱に頼るな。~素敵な暮らしの作り方~
  2. メンタル

    「自分のために心地よい空間を作る」は、ちょっと嘘。
  3. 波動

    【今できる事】まだ間に合う。違いを役割と認識して、お互いを認めよう。
  4. 子供のお片付け

    子供のやる気は「遊び感覚」で出すしかない。
  5. 子供のお片付け

    子供に家事の手伝いをさせる事をあきらめているお母さんへ
PAGE TOP