お片付け

お片付け問題「慣れ」と「あきらめ」

「慣れ」や「あきらめ」はこわい。

自分の可能性を見誤るから。

「自分はこれくらい。」生ぬるい自己評価とともに、本当の「現状」から目を背ける。

 

一番細く見える角度でしか、自分を鏡で見なかった過去の私。現状と向き合わない事に慣れていたからこそ、
平気で菓子パンを食べていたのだろう・・・と思いいたる

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理です。

 

お部屋が散らかっている状態にも、「慣れ」は生じるし、「あきらめ」も簡単に忍び寄ります。

そんな時は、思考が巧妙に「言い訳」を繰り出してくる。

「でも・だって~だから無理。」

言い訳で語尾が終わるなら、それはまだお片付けスイッチが入っていない証拠なのだから、

私たちの出番ではないのだけれど、

 

「慣れ」や「あきらめ」状態にある方たちに、本当に私は何も出来る事は無いのかな。

と、最近とくに思うのです。

■「傷つくのが嫌。」

誤解を承知で私の推測を書きますが、

多くの「オーガナイズサービスに興味はあるものの、実際に呼ぶとなると二の足を踏むというお客様の底の心」

単純に言って、これに尽きるのではないかと、思うのです。

それは、

「傷つくのが嫌」

という事。

 

本来のオーガナイズサービスのもたらすメリットをトータルで考えたら、

金額はさしたる問題とは思えない。

 

どちらかというと、「傷つく」という底の恐怖が、「壁」の正体だと私は思う。

傷つく事を選ぶくらいなら、どんな状況でもあきらめて現状を見てみぬふりして、慣れていく事の方が楽・・・。

 

そんな気持ちが伝わってくる。

 

■ライフオーガナイザーは、お客様を傷つけない教育を受けている。

だからこそ、ライフオーガナイザーは、「お客様を傷つけない」という事をしっかりと伝えなくてはいけない。

それが「あきらめ」という形で、現状を選び続けるしかない潜在するお客様に、できる事の一つだと思う。

 

オーガナイズサービスの中には、

「お片付けが苦手」なお客様と、「お片付けが得意」なプロとの「格差」は存在しません。

オーガナイザーは、山登りのための案内人のようなものなのです

 

あなたを傷つけるために、お宅に伺うのではない。

私の持つ知識を、あなたにひけらかし、お片付け能力の高さを見せつけるためにお宅に伺うのではない。

私たちは、あなたの中にしかない答えを引き出すために、あなたの話を聞くために、お伺いするのです。

 

 

徳島お片付けラボ エクリュプラス竹内真理

 

 

 

 

関連記事

  1. お片付け

    バリエーションの呪い 食器編

    前回に引き続き、日本人が陥る「バリエーションの呪い」今回は食器…

  2. お片付け

    「私ばっかりが大変!」でも「手伝って」と言えないあなたへの処方箋。

    世の中のお悩みに勝手に答えるコーナー①「私ばっかりが大変!」&…

  3. お片付け

    成功のカギはこの二つ。「覚悟」と、「自分に合った方法」。

    お部屋がなかなか片付かない人の気持ちをイメージする時に、自らのダイ…

  4. お片付け

    【片づけ現場はこんな感じ】お客様からのご感想とオーガナイザーの頭の中の声

    ライフオーガナイズサービスって、片づけ方を教えてくれないの?自分で考え…

  5. お片付け

    「別に不便を感じていない部屋」ではなくて「気分が良くなる部屋」を目指す。

    先日近所のオバ様(お姉さま!)とお話しをしたときに「片付いては…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 家作り

    家作りの失敗ってぶっちゃけ、何?「片づけのプロが語る家作り講座」の意外な内容を大…
  2. お片付け

    一つだけじゃだめだった?片付くための「3つの要素」
  3. お片付け

    片づけを終わらせる「漏れを見逃さない目」と、キレイを維持する意外な技
  4. 未分類

    ファッション・ストレスを減らすセミナー開催します。
  5. 未分類

    まりおの2019年ふりかえり・前半編
PAGE TOP